高良神社(アクセス・見どころ・歴史・・・)

高良神社

高良神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)高良神社は随筆家・吉田兼好(よしだけんこう)が著し、日本三大随筆に数えられる「徒然草(つれづれぐさ)・第52段(鎌倉時代後期)」に仁和寺(にんなじ)の法師が山麓の高良神社・極楽寺を本宮・石清水八幡宮と勘違いし、山上のまで上がらずに帰ったという話に記されています。

【高良神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府八幡市八幡高坊30
最寄り駅・バス停・・・八幡市駅(徒歩約6分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*祇園四条駅から高良神社は京阪電鉄本線

【高良神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【高良神社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【高良神社 歴史・簡単概要】
高良神社(こうらじんじゃ)・高良社は行教(ぎょうきょう)が造営した神殿の跡とも言われています。高良神社は860年(貞観2年)または869年(貞観11年)に創建されたとも言われています。高良神社はかつて放生川(ほうじょうがわ・大谷川(おおたにがわ))近くに創建され、河原社と称したとも言われています。戊辰戦争(ぼしんせんそう)の緒戦となった1868年(慶応4年)の鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい)の兵火によって焼失し、その後再建されたり、移築されたりしたが、1906年(明治39年)に元の場所に現在の社殿が再建されました。なお高良神社は高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)を祀り、八幡地区の氏神です。
高良神社は石清水八幡宮の摂社です。
*参考・・・高良神社・石清水八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【石清水八幡宮 歴史・簡単概要】
石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は859年(貞観元年)に南都(奈良)大安寺(だいあんじ)の僧・行教(ぎょうきょう)が豊前(大分)・宇佐八幡宮(うさはちまんぐう・宇佐神宮)の祭神・八幡大神から「吾れ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」という神託を受け、男山の峯に神霊を奉安したのが起源と言われています。翌860年(貞観2年)に第52代・清和天皇が八幡造りの社殿(六宇の宝殿(ろくうのほうでん))を造営しました。石清水八幡宮の名称は男山に既にあった石清水山寺(摂社・石清水社)に由来しています。その後939年(天慶2年)の承平天慶の乱(平将門の乱・藤原純友の乱)の平定以来、国家鎮護の社として皇室に篤く崇敬され、第64代・円融天皇の行幸から天皇の行幸や上皇の御幸は240余度にもなりました。また清和天皇を祖とする源氏諸氏族の氏神としても崇敬されました。なお明治維新後の神仏分離により、神号を「八幡大菩薩」から「八幡大神」に改め、1871年(明治4年)に社号を「男山八幡宮」に改めたが、1918年(大正7年)には「石清水八幡宮」に改めました。
*参考・・・石清水八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ石清水八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【高良神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
高良神社の見どころは毎年7月に行われる太鼓まつり(高良神社例祭・高良社祭)です。太鼓まつりは江戸時代中期の1783年(天明3年)~1784年(天明4年)頃に始まり、宮入りでは太鼓を載せた屋形神輿が高良神社に集結します。

【高良神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-981-3001(石清水八幡宮)
石清水八幡宮(アクセス・見どころ・・・)
石清水八幡宮見どころ

【高良神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【高良神社 おすすめ散策ルート】
高良神社からのおすすめ散策ルートは男山ケーブルを使わすに石清水八幡宮に向かうルートです。20分ほど散策すると石清水八幡宮に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお石清水八幡宮周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る