光照院(アクセス・見どころ・歴史・・・)

光照院

光照院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)光照院がある場所は南北朝時代には北朝の拠点・持明院殿があった場所で、「持明院仙洞御所跡」の石標が立てられています。なお光照院では華道・常盤未生流を設立され、毎年10月には開山忌にちなみ「秋の献花展」が催されています。

【光照院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町425
最寄り駅・バス停・・・今出川駅(徒歩約8分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【光照院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開
特別公開・・・10:00~16:30

【光照院 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
通常非公開
特別公開・・・有料

スポンサーリンク


【光照院 歴史・簡単概要】
光照院門跡(こうしょういんもんぜき)・常磐御所(ときわごしょ)は南北朝時代の1356年(延文元年)に第93代・後伏見天皇の皇女・進子内親王(しんしないしんのう・自本覚公)が室町通一条北に一宇を建立し、寺号を光照院と定めたのが起源です。進子内親王は22歳で泉涌寺(せんにゅうじ)の無人如導(むにんにょどう)によって落飾し、33歳で律宗を基本に天台宗・真言宗・禅宗・浄土宗の奥義を究め、光照院は四宗兼学の寺院になりました。その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、第103代・後土御門天皇から持明院殿(じみょういんどの)跡を賜って現在の場所に移ります。ちなみに持明院殿は第93代・後伏見天皇が崩御し、進子内親王が誕生した仙洞御所(せんとうごしょ)でした。ただその後も度々焼失し、1752年(宝暦2年)に第115代・桜町天皇の寄進によって再興され、常盤御所の称号を賜りました。なお光照院門跡は代々皇女が入寺して尼門跡寺院になり、江戸時代に皇女・女王や摂関家の女子などが住持する比丘尼御所(びくにごしょ)に数えられました。
光照院は浄土宗の単立寺院です。
*参考・・・光照院

【光照院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
光照院の見どころは五葉松と書院です。五葉松は歴代門跡手植えで、樹齢500年と言われています。書院は1919年(大正8年)に京都御所の旧桂宮御殿の一部を移築したものです。

【光照院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-2254

【光照院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
市バスの場合、四条河原町・三条京阪からは59系統、最寄りのバス停は烏丸今出川(徒歩約10分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【光照院 おすすめ散策ルート】
光照院からのおすすめ散策ルートは東側にある加茂川(鴨川)渡って、下鴨神社(賀茂御祖神社)に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である下鴨神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお光照院の南東には京都御苑(京都御所・仙洞御所)があり、それらを散策してもいいかもしれません。ただ京都御所・仙洞御所の拝観には事前の申込みが必要です。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る