カテゴリー:葵祭5月

  • 葵祭

    葵祭二葉葵(双葉葵)

    二葉葵(双葉葵)は葵祭の名称の由来になっています。葵祭はかつて賀茂社と言われた上賀茂神社と下鴨神社の祭礼で、正式には賀茂祭と言います。ただ賀茂祭では祭儀に関わる全ての人や社殿の御簾(みす)・牛車に至るまで二葉葵を桂の小枝に挿し飾ることから葵祭と言われるようになりました。
  • 斎王代

    葵祭斎王代

    葵祭斎王代は葵祭のヒロインとも言われています。葵祭の本来の主役は行列の中で、一番位が高い勅使だが、十二単などの煌びやかな衣装を身に付ける斎王代はいつしか葵祭のヒロインとも言われるようになりました。ただ斎王代は1956年(昭和31年)に創設され、千年以上の歴史がある葵祭に比べると歴史は長くはありません。(葵祭斎王代の費用・選考基準などは掲載しておりません。)
  • 葵祭

    葵祭歴史

    葵祭歴史(葵祭の歴史)を紹介しています。ちなみに葵祭とは俗称で、正式には賀茂祭(かもまつり)と言います。葵祭の歴史は祇園祭とともに千年以上あると言われています。なお葵祭は7月の祇園祭・10月の時代祭と合わせて、京都三大祭りに数えられ、8月の五山送り火を含めて、京都四大行事とも言われています。
  • 葵祭

    葵祭2019日程

    葵祭2019日程を紹介しています。葵祭ではハイライトである葵祭・路頭の儀(行列)が5月15日に行われます。路頭の儀(行列)では平安時代の装束に身を包んだ勅使・斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁が京都御所から下鴨神社、下鴨神社から上賀茂神社までを巡行します。
  • 葵祭

    葵祭見どころ

    葵祭見どころ2019を紹介しています。葵祭見どころは5月15日の路頭の儀(行列)です。路頭の儀では平安装束を身に着けた人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁などが京都御所・下鴨神社・上賀茂神社の全長約8キロを巡行します。なお前儀である流鏑馬神事・賀茂競馬も葵祭見どころです。
  • 下鴨神社

    下鴨神社

    下鴨神社と上賀茂神社の祭事である葵祭(賀茂祭)は毎年5月に行われ、祇園祭・時代祭と合わせて京都三大祭りに数えられています。なお下鴨神社の正式名称は賀茂御祖神社と言いますが、一般的に下鴨神社と呼ばれています。Shimogamo-jinja Shrine
  • 上賀茂神社

    上賀茂神社

    上賀茂神社と下鴨神社の祭事である葵祭(賀茂祭)は毎年5月に行われ、祇園祭・時代祭と合わせて京都三大祭りに数えられています。なお上賀茂神社の正式名称は賀茂別雷神社と言いますが、一般的に上賀茂神社と呼ばれています。Kamigamo-jinja Shrine
  • 葵祭

    葵祭2019/5/15

    葵祭2019は京都の春の風物詩です。葵祭・路頭の儀(行列)は5月15日に行われます。路頭の儀では十二単などの煌びやかな平安衣装を身に着け、腰輿(およよ)に乗った斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁が京都御所から下鴨神社を経由し、上賀茂神社に向かいます。
  • 堅田供御人行列鮒奉献奉告祭

    下鴨神社堅田供御人行列鮒奉献奉告祭2019/5/14

    下鴨神社堅田供御人行列鮒奉献奉告祭2019(葵祭)は京都の春の風物詩です。堅田供御人行列鮒奉献奉告祭は毎年5月14日に行われています。堅田供御人行列鮒奉献奉告祭では先ず供御人行列が滋賀堅田地域を巡行します。その後下鴨神社の糺の森から本殿まで巡行し、唐櫃(からびつ)で運んだ鮒・鮒寿司などを奉献します。
  • 御蔭祭

    下鴨神社御蔭祭2019/5/12

    下鴨神社御蔭祭2019(葵祭)は京都の春の風物詩です。御蔭祭は毎年5月12日に行われています。御蔭祭では葵祭に先立って、下鴨神社の祭神の荒御魂(あらみたま)を比叡山西麓にある御蔭神社から下鴨神社に迎える神事です。荒御魂を迎えた喜びを表す切芝神事では荒御魂を讃える舞楽・東游(あずまあそび)などが奉納されます。
  • 賀茂競馬

    上賀茂神社賀茂競馬2019/5/5

    上賀茂神社賀茂競馬2019(葵祭)は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の馬が2頭ずつ左方の赤・右方の黒に分かれ、1馬身ほどの差をつけてスタートし、差が広がれば前の馬の勝ち、縮まれば後ろの馬の勝ちになります。ちなみに賀茂競馬で左方が勝つと豊作になるとも言われているそうです。
  • 歩射神事

    下鴨神社歩射神事2019/5/5

    下鴨神社歩射神事2019(葵祭)は京都の春の風物詩です。歩射神事は毎年5月5日に行われています。歩射神事は5月15日に行われる葵祭に先立って、葵祭の沿道を弓矢を使って祓い清める魔よけの神事です。楼門の屋根を越えるように音の鳴る蟇目鏑(ひきめかぶら)が付けられた鏑矢を放ち、葵祭で勅使が通る楼門の邪気を祓います。

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る