カテゴリー:伏見稲荷大社

  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社大祓式12/31

    大祓式は京都の冬の風物詩です。大祓式は毎年12月31日に行われています。大祓式では形代(かたしろ)を河海に流し、知らず知らずの内に犯している罪や穢れを祓い清めます。大祓式後には稲荷大神の守護によって一年間無事に過ごせたことを感謝する除夜祭が行われます。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社新嘗祭11/23

    新嘗祭は京都の秋の風物詩です。新嘗祭は毎年11月23日に行われています。新嘗祭では抜穂祭で刈取られた米を稲荷大神に供え、豊作を感謝するとともに国の平安を祈念します。なお新嘗祭は4月の水口播種祭・6月の田植祭・10月の抜穂祭・11月の火焚祭と続く農耕神事の最後の神事です。
  • 伏見稲荷大社献茶祭10/24

    献茶祭は京都の秋の風物詩です。献茶祭は毎年10月24日に行われています。献茶祭は茶道・裏千家家元による奉仕で行われます。献茶祭では濃茶(おこい)・薄茶(おうす)が神前に献じられます。なお献茶祭では御茶屋(重要文化財)などに茶席が設けられます。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社水口播種祭4/12

    水口播種祭は京都の春の風物詩です。水口播種祭は毎年4月12日に行われています。水口播種祭では稲種を苗代田におろす前に稲荷大神に生育を祈願します。水口播種祭では神田で籾種を撒く神事も行われます。なお水口播種祭は田植祭・抜穂祭・火焚祭・新嘗祭と続く農耕神事の最初に行われます。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社産業祭4/

    産業祭は京都の春の風物詩です。産業祭は毎年4月8日に近い日曜日に行われています。産業祭ではあらゆる産業の守護神・稲荷大神の神恩に感謝し、産業の発展・興隆を祈願します。産業祭では神楽女による桜花舞が奉納されたり、茶道・薮内流による献茶祭が行われたりします。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社歳旦祭1/1

    歳旦祭は京都の新春の風物詩です。歳旦祭は毎年1月1日に行われています。歳旦祭では新年の年頭に国家の安泰と新年の無事平穏を祈願します。歳旦祭では神職が摂末社を巡拝し、社務所・正庁の間で新年拝賀式が行われます。なお歳旦は1月1日の朝、元旦を意味するそうです。
  • きつね

    きつね・伏見稲荷大社

    きつね(伏見稲荷大社見どころ)を詳しく紹介します。きつね(白狐)は伏見稲荷大社の祭神・稲荷大神のお使いとされ、狛狐(こまぎつね)が狛犬の代わりに境内にたくさん置かれています。その狛狐は稲穂・巻物・玉(宝珠)・鍵を咥えています。稲穂は稲荷大神が農業の神であることに由来すると言われています。
  • お山めぐり

    お山めぐり・伏見稲荷大社

    お山めぐり(伏見稲荷大社見どころ)を詳しく紹介します。お山めぐりは伏見稲荷大社の祭神・稲荷大神が鎮座したと言われる稲荷山(伊奈利山)の一ノ峰から三ノ峰などの峰々を巡拝するものです。ちなみに稲荷山には18の峰と20余りの谷があり、鳥居・伏見稲荷大社の末社・お塚などが各所に点在しています。
  • 伏見稲荷大社

    千本鳥居・伏見稲荷大社

    千本鳥居(伏見稲荷大社見どころ)を詳しく紹介します。千本鳥居の鳥居の数は千本よりも少ない、約900基弱(約860基)とも言われています。千本鳥居などの鳥居の奉納は願い事が「通る」、または「通った」お礼の意味から江戸時代末期の文化・文政年間(1804年~1830年)以降に始まったと言われています。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社歴史

    伏見稲荷大社歴史(伏見稲荷大社の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)伏見稲荷大社は古墳時代に3基の円墳が造営されたとも、古くから神奈備山と信仰されていたとも言われる場所でした。その後711年(和銅4年)伊侶巨秦公が勅命を受け、稲荷山に稲荷大神を祀ったと言われています。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社七不思議

    伏見稲荷大社七不思議には次のようなものがあります。なお伏見稲荷大社は社伝によると711年(和銅4年)伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受け、稲荷山(伊奈利山)の三つの峯の平らな場所に稲荷神を祀ったことが起源と言われています。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社見どころ

    伏見稲荷大社見どころを分かりやすく簡単にまとめて紹介。(修学旅行から一人旅まで)伏見稲荷大社見どころ・千本鳥居は長さ約70メートルあり、左右に分かれています。鳥居の数が千本よりも少ない、約900基弱(約860基)とも言われています。ちなみに伏見稲荷大社には千本鳥居を含め、約1万基の鳥居が境内などにあると言われています。

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る