カテゴリー:北野天満宮

  • 北野天満宮

    北野天満宮見所ランキング

    北野天満宮見所ランキングを紹介します。北野天満宮見所ランキングは1位が複雑な建築様式になっている総面積約500坪の本殿・拝殿・石の間・楽の間(国宝)、2位が星欠けの三光門と言われ、北野天満宮の七不思議に数えられている三光門(重要文化財)、3位がいずれも祭神・菅原道真にゆかりがある牛と梅です。
  • 東福寺

    東福寺七不思議

    東福寺七不思議(塔頭含む)には次のようなものがあります。なお東福寺は平安時代に公卿・藤原忠平が創建した藤原氏の氏寺・法性寺があった場所です。東福寺は1236年(嘉禎2年)に摂政・九条道家が高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する寺院を創建することを発願し、仏殿を建立したのが起源です。
  • 北野天満宮

    北野天満宮新嘗祭11/23

    新嘗祭は京都の春の風物詩です。新嘗祭は毎年11月23日に行われます。新嘗祭ではその年に収穫された新穀を神前に供え、神の御恵に感謝します。ちなみに「新」は新穀、「嘗」はご馳走を奉ることを表すそうです。なお新嘗祭は飛鳥時代、皇極天皇(642年~645年)の時代から行われているそうです。
  • 北野天満宮

    北野天満宮明祭4/20

    明祭は京都の春の風物詩です。明祭は毎年4月20日に行われます。明祭では祭神・菅原道真の冤罪(えんざい)が晴れた日・4月20日にその喜びを神前に報告します。なお道真は醍醐天皇を廃し、娘婿・斉世親王を天皇に就けようと画策したとする左大臣・藤原時平の讒言により、大宰府に左遷されました。
  • 北野天満宮絵馬

    北野天満宮歳旦祭1/1

    歳旦祭は京都の新春の風物詩です。歳旦祭は毎年1月1日に行われます。歳旦祭では皇室の繁栄・国家の隆盛・国民の安寧・世界平和などを祈願します。ちなみに歳旦祭が行われる1月1日からは初詣も行われます。なお歳旦は1月1日の朝、元旦を意味するそうです。
  • 梅苑

    梅・北野天満宮

    梅(北野天満宮見どころ)を詳しく紹介します。梅は祭神・菅原道真がこよなく愛し、大宰府に左遷される際、「東風(こち)吹かば 匂ひやこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな(勅撰和歌集・拾遺和歌集)」と詠んだと言われています。北野天満宮では梅苑などに白梅・紅梅など50種・約1,500本の梅が植えられています。
  • なで牛

    なで牛・北野天満宮

    なで牛(北野天満宮見どころ)を詳しく紹介します。なで牛は牛が横たわった臥牛像で、境内に十数体奉納されています。牛は「「菅原道真が生まれたのが845年(承和12年)の丑(うし)年」・「菅原道真が亡くなったのが903年(延喜3年)2月25日で、丑の月の丑の日」などの理由から天神さん(菅原道真)のお使いとされています。
  • 天神市

    北野天満宮天神市(毎月25日)

    天神市(初天神・終い天神)は京都の風物詩です。天神市は北野天満宮の祭神・菅原道真の誕生日が845年(承和12年)6月25日と命日が903年(延喜3年)2月25日であるから毎月25日(ご縁日)に行われています。天神市では骨董品・古道具・食べ物など約1,000店が出店されます。
  • 北野天満宮

    北野天満宮歴史

    北野天満宮歴史(北野天満宮の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)北野天満宮は古くから雷神が祀られていた場所とも言われています。その後947年(天暦元年)多治比文子・近江比良宮の神主である神良種・朝日寺の僧である最珍らが神殿を建てて菅原道真を祀ったのが起源です。
  • 北野天満宮

    北野天満宮七不思議

    北野天満宮七不思議には次のようなものがあります。なお北野天満宮は947年(天暦元年)多治比文子(たじひのあやこ)・近江比良宮の神主である神良種(みわのよしたね)・北野朝日寺の僧である最珍(さいちん)らが神殿を建てたのが起源です。
  • 北野天満宮

    北野天満宮見どころ

    北野天満宮見どころを分かりやすく簡単にまとめて紹介。(修学旅行から一人旅まで)北野天満宮見どころ・本殿・拝殿・石の間・楽の間(国宝)は1607年(慶長12年)に豊臣秀頼が造営しました。境内には菅原道真のお使いとされる牛が座った座像(なで牛)が奉納されているが、本殿には唯一立った牛が隠され、七不思議に数えられています。
  • 北野天満宮

    北野天満宮

    北野天満宮の祭神・菅原道真が生まれた誕生日(845年(承和12年)6月25日)と亡くなった命日(903年(延喜3年)2月25日)から毎月25日(ご縁日)に北野天満宮では天神市(天神・天神さん)が早朝から16:00頃まで行われています。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る