カテゴリー:清水寺

  • 子安塔

    泰産寺

    泰産寺が守護している高さ約15メートルの三重塔である子安塔(重要文化財)はかつては清水寺・仁王門(重要文化財)の左手前に建立されていたが、明治時代に崖・錦雲渓(きんうんけい)を隔てた現在の場所に移されました。なお子安塔は1500年(明応9年)に再建されました。
  • 清水寺

    清水寺ライトアップ

    清水寺ライトアップ・夜間拝観情報を紹介します。清水寺ライトアップ・夜間拝観は毎年春・夏・秋の3回行われています。春は3月の東山花灯路(ひがしやまはなとうろう)と桜が見ごろを迎える時期の2回、夏は8月の千日詣り(せんにちまいり)、秋は10月のピンクライトアップと紅葉が見ごろを迎える時期の2回です。
  • 音羽の滝

    音羽の滝・清水寺

    音羽の滝(清水寺見どころ)を詳しく紹介します。音羽の滝には学問成就・恋愛成就・延命長寿のご利益があると言われています。約4メートルの高さにある3本の筧から流れ落ちる三条の水は滝に向かって左の筧の水には学問成就、中央の筧の水には恋愛成就、右の筧の水には延命長寿のご利益があると言われています。
  • 清水寺

    清水の舞台・清水寺

    清水の舞台(清水寺見どころ)を詳しく紹介します。清水の舞台は元々清水寺の本尊である千手観音立像(秘仏)に雅楽・能・狂言・歌舞伎などの芸能を奉納する場所でした。清水の舞台の両脇にある翼廊(よくろう)は音楽を奏でる楽舎に使われていました。現在も重要な法会などでは芸能が奉納されています。
  • 清水寺

    清水寺歴史

    清水寺歴史(清水寺の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)清水寺は奈良時代末期に奈良・興福寺の僧で、子島寺で修行していた延鎮上人・賢心が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山(おとわやま)に草庵を結んだのが起源と言われています。
  • 成就院

    成就院

    成就院の庭園「月の庭」は妙満寺・成就院の「雪の庭」と廃寺になった成就院の「花の庭」と合わせて、成就院の「雪月花の洛中三名園」と言われていました。なお「月の庭」は北向きの為、池に映る月を観賞していたそうです。
  • 清水寺

    清水寺ご利益

    清水寺のパワースポット・ご利益(御利益)には次のようなものがあります。なお清水寺は778年(宝亀9年)延鎮上人(えんちんしょうにん)・賢心(けんしん)が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山に庵を結んだのが起源と言われています。
  • 清水寺

    清水寺七不思議

    清水寺七不思議には次のようなものがあります。なお清水寺は778年(宝亀9年)延鎮上人(えんちんしょうにん)・賢心(けんしん)が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山に庵を結んだのが起源と言われています。
  • 清水寺

    清水寺見どころ

    清水寺見どころを分かりやすく簡単にまとめて紹介。(修学旅行から一人旅まで)清水寺見どころ・清水の舞台(国宝)は高さ約12メートルで、最長約12メートルの柱など139本のケヤキの木を釘を1本も使わない地獄止めにより、崖・錦雲渓の斜面にせり出すように組み上げられた懸造・舞台造です。清水の舞台が最大の清水寺見どころです。
  • 善光寺堂

    善光寺堂のパワースポット・首ふり地蔵さんは首を360度回転させることができ、首を願いのある方向に向け、恋愛成就・金運・商売繁盛などを願うと願いが叶うと言われています。なお善光寺堂は洛陽三十三所観音霊場の第10番札所です。
  • 地主神社

    地主神社

    地主神社のパワースポット・恋占いの石2つのは10メートルほど離れ、目を瞑って恋占いの石の間を歩き、石から石に辿り着くと恋が叶うと言われています。なお恋占いの石は縄文時代の遺物であることが確認されました。
  • 清水寺

    清水寺

    京都駅からの清水寺アクセスではバス・タクシーがおすすめです。清水寺に最も近い駅は京阪電鉄本線・清水五条駅だが、清水寺までは少し距離があり、また京都駅からは直結していません。その為お急ぎの場合にはタクシー、時間に余裕がある場合にはバスがおすすめです。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る