京の冬の旅2020/1/10~3/18(日程・・・)

東寺

京の冬の旅

京の冬の旅2020は「京の御大礼 雅の御所文化」と「明智光秀と戦国の英傑たち」をテーマに行われます。霊鑑寺・知恩院・高台寺・泉涌寺・雲龍院(泉涌寺別院)・新善光寺(泉涌寺塔頭)・大徳寺・総見院(大徳寺塔頭)・大聖寺・三時知恩寺・光照院・宝鏡寺・妙心寺・玉鳳院(妙心寺塔頭)・東寺が対象です。

●イベント・行事は新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、必ず実施の有無を確認して下さい。
参考・・・【京都市公式】京都観光Navi

【京の冬の旅2020 日程時間(要確認)】
京の冬の旅2020は2020年1月10日(金曜日)~3月18日(水曜日)10:00~16:30まで行われます。(受付16:00終了)ただ期間・時間・休止日・料金などは寺院によって異なる場合があります。
●1ヶ所につき大人600円(原則)
京の冬の旅2020

【京の冬の旅2020 マップ・地図】

【京の冬の旅 歴史・簡単概要】
京の冬の旅・非公開文化財特別公開は1967年(昭和42年)に始まり、冬の京都の魅力を発信しています。なお2019年は「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに行われました。

スポンサーリンク

【霊鑑寺(谷の御所)】
霊鑑寺(れいかんじ)は江戸時代前期の1654年(承応3年)に第108代・後水尾天皇が第12皇女・宗澄女王(そうちょうじょおう・月江宗澄(げっこうそうちょう))を開基として創建しました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月8日 10:00~16:30(受付16:00終了)
公開(要確認)・・・奥書院「紅霞亭」・御絵がるたや双六などの寺宝など
霊鑑寺・京の冬の旅

【知恩院】
知恩院(ちおんいん)は平安時代後期の1175年(承安5年)に浄土宗の開祖・法然上人が東山・吉水に草庵を結び、専修念仏を布教したのが起源です。知恩院は当初吉水御坊・大谷禅坊などと称されていました。
日程(要確認)・・・2020年1月20日~3月18日 10:00~16:20(受付15:40終了)なお1月29日~31日・2月27日・2月28日は拝観休止
公開(要確認)・・・大方丈(重文)・小方丈(重文)・方丈庭園
知恩院・京の冬の旅知恩院見どころ知恩院見所ランキング

【高台寺】
高台寺(こうだいじ)は江戸時代初期の1606年(慶長11年)に関白・豊臣秀吉の正室・北政所が1598年(慶長3年)に亡くなった秀吉の菩提を弔う為、曹洞宗の僧・弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建しました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月1日 9:00~17:30(受付17:00終了)
公開(要確認)・・・霊屋(重文)・方丈・秀吉愛用の唐杖など
高台寺・京の冬の旅高台寺見どころ高台寺見所ランキング

【泉涌寺】
泉涌寺(せんにゅうじ)は天長年間(824年~834年)に弘法大師・空海が草庵を結んで、法輪寺と名付けたのが起源とも、856年(斉衡3年)に藤原緒嗣が神修上人に山荘を与えて寺院に改め、仙遊寺と称したのが起源とも言われています。
日程(要確認)・・・2020年1月18日~3月18日 9:00~17:00(受付16:00終了)なお1月29日・1月30は拝観休止
公開(要確認)・・・霊明殿(明治天皇再建の尊牌殿)・御座所
泉涌寺・京の冬の旅泉涌寺見どころ

【雲龍院(泉涌寺別院)】
雲龍院(うんりゅういん)は南北朝時代の1372年(応安5年)に北朝第4代・後光厳天皇の勅願により、泉涌寺第21世・長老竹巌聖皐律師(ちくがんしょうこうりっし)を開山として創建されました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~17:00(受付16:30終了)なお1月12日・1月13日・2月18日は拝観休止
料金(要確認)・・・書院・双龍風雷図・走り大黒天像・後小松天皇肖像画などの寺宝など
雲龍院・・京の冬の旅

【新善光寺(泉涌寺塔頭)】
新善光寺(しんぜんこうじ)は鎌倉時代の1243年(寛元元年)8月に僧・値願念西が勧進し、第88代・後嵯峨天皇の御願寺として一条大宮に創建されたのが起源です。大工・藤井為行らが信濃・善光寺の本尊と同体の阿弥陀如来立像を鋳造しました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)なお1月12日は12:00までで受付終了、1月13日は拝観休止
公開(要確認)・・・大方丈(客殿)・瀟湘八景図・唐桑御机・箪笥形煙草盆などの寺宝など
新善光寺・京の冬の旅

【大徳寺】
大徳寺(だいとくじ)は1315年(正和4年)に大燈国師・宗峰妙超が赤松円心の帰依を受け、小堂・大徳庵を建立したのが起源とも言われています。1453年(享徳2年)の火災や応仁の乱の兵火によって焼失し、1474年(文明6年)に一休宗純が再興しました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)なお1月16日~1月18日・1月21日・2月21日・3月15日は拝観休止
公開(要確認)・・・方丈(国宝)・法堂(重文)・唐門(国宝)
大徳寺・京の冬の旅大徳寺見どころ

【総見院(大徳寺塔頭)】
総見院(そうけんいん)は安土桃山時代の1583年(天正11年)に関白・豊臣秀吉が1582年(天正10年)の本能寺の変で自刃した織田信長の一周忌追善法要の為に大徳寺117世・古渓宗陳(こけいそうちん)を開山に菩提寺として創建しました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)なお1月12日・1月15日は13:00から公開、1月16日は12:00までで受付終了、1月17日~1月19日は拝観休止、2月2日・3月8日は12:00から公開
公開(要確認)・・・本堂・織田信長坐像(重文)など
総見院・京の冬の旅

【大聖寺(御寺御所)】
大聖寺(だいしょうじ)は1368年(正平23年)に室町幕府3代将軍・足利義満が北朝初代・光厳天皇の法事を天龍寺で行った後に出家した天皇妃・無相定円禅尼(むそうていえんぜんに)を室町御所・岡松殿に迎えて安禅所にしたのが起源です。
日程(要確認)・・・2020年3月1日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)
公開(要確認)・・・本堂・書院「宮御殿」・源氏物語図屏風など寺宝など
大聖寺・京の冬の旅

【三時知恩寺(入江御所)】
三時知恩寺(さんじちおんじ)は室町時代の応永年間(1394年~1428年)に北朝4代・後光厳天皇の皇女・見子内親王が室町幕府第3代将軍・足利義満の娘・覚窓性仙尼を開山として、北朝3代・崇光天皇の御所・入江殿を寺院に改めたのが起源です。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)
公開(要確認)・・・書院・花鳥図屏風・歴代天皇から賜った調度品などの寺宝など
三時知恩寺・京の冬の旅

【光照院(常磐御所)】
光照院(こうしょういん)は南北朝時代の1356年(延文元年)に第93代・後伏見天皇の皇女・進子内親王(自本覚公)が室町通一条北に一宇を建立し、寺号を光照院と定めたのが起源です。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)
公開(要確認)・・・本堂・書院・庭園・歴代天皇から賜った調度品など
光照院・京の冬の旅

【宝鏡寺(百々御所)】
宝鏡寺(ほうきょうじ)は応安年間(1368年~1374年)に北朝初代・光厳天皇の皇女で、景愛寺第6世・華林宮惠厳が聖観世音菩薩を景愛寺の支院・建福尼寺に安置し、北朝第4代・後光厳天皇から宝鏡寺の名称を賜ったのが起源と言われています。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~2月29日 10:00~16:30(受付16:00終了)なお3月1日から春の人形展を開催
公開(要確認)・・・本堂・書院・鶴亀の庭・孝明天皇遺愛の御所人形・宮中から贈られた雛人形など
宝鏡寺・京の冬の旅

【妙心寺】
妙心寺(みょうしんじ)は花園上皇(第95代・花園天皇)の花園御所があった場所です。妙心寺は南北朝時代の1335年(建武2年)に花園上皇が落飾して法皇になり、花園御所を禅寺に改めることを発願したのが起源です。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)
公開(要確認)・・・仏殿・浴室「明智風呂」
妙心寺(アクセス・見どころ・・・)情報妙心寺見どころ

【玉鳳院(妙心寺塔頭)】
玉鳳院(ぎょくほういん)は花園上皇の花園御所があった場所です。1337年(建武4年)に花園上皇が落飾して法皇になり、関山慧玄を開山として妙心寺が創建され、1342年(興国3年)に花園法皇の起居する禅宮御殿として玉鳳院が造営されました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 10:00~16:30(受付16:00終了)なお1月11日・2月11日・3月11日は14:00までで受付終了、2月7日は12:00から公開
公開(要確認)・・・方丈・開山堂「微笑庵(重文)」・庭園(史跡・名勝)など
玉鳳院・京の冬の旅

【東寺】
東寺(とうじ)は平安時代初期の796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺(左大寺)として、都の入口である羅城門の東に創建されました。
日程(要確認)・・・2020年1月10日~3月18日 8:30~17:00(受付16:30終了)
公開(要確認)・・・五重塔(国宝)
東寺・京の冬の旅東寺見どころ東寺見所ランキング

【京の冬の旅 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2020一覧

  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2020一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 東福寺
  2. 永観堂
  3. 嵐山紅葉
  4. 清水寺紅葉
  5. 瑠璃光院

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る