涌泉寺松ヶ崎題目踊り2018/8/15・16

涌泉寺松ヶ崎題目踊りは京都の夏の風物詩です。松ヶ崎題目踊りは毎年8月15日・16日に行われます。松ヶ崎題目踊りは男女が輪になり、題目「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」を独特の節回しで唱えながら団扇を上下に回転され、体を前後に屈伸しながら踊る素朴な踊りです。なお松ヶ崎題目踊りの後にはさし踊りが行われます。(詳細下記参照)

【涌泉寺松ヶ崎題目踊り2018 日程時間(要確認)】
涌泉寺松ヶ崎題目踊り2018は2018年(平成30年)8月15日(水曜日)・16日(木曜日)に行われます。なお15日は20:00頃~22:00頃、16日は21:00頃~22:00頃です。

【涌泉寺松ヶ崎題目踊り アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区松ヶ崎堀町53
最寄り駅・バス停・・・松ヶ崎大黒天(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*河原町丸太町からは65系統
*北大路バスターミナルからは北8系統
*国際会館駅からは65系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【涌泉寺松ヶ崎題目踊り 歴史・簡単概要】
涌泉寺松ヶ崎題目踊り(まつがさきだいもくおどり)は1306年(徳治元年)7月16日、日像(にちぞう)が松ヶ崎全村を日蓮宗に改宗させた際、日像の弟子・実眼が喜びのあまりに踊りながら太鼓を打ち、題目「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」と唱えると村人も「南無妙法蓮華経」と唱えて踊ったのが起源と言われています。その後毎年旧暦の7月16日の夜に松ヶ崎題目踊りが踊られるようになったそうです。江戸時代には後水尾天皇と妻・東福門院が天覧されたとも言われています。松ヶ崎題目踊りは日本最古の盆踊りと言われ、京都市の登録無形民俗文化財に指定されています。なおさし踊りは起源が明確ではないが、洛北に古くから伝わる踊りと言われています。
8月15日は檀家だけで松ヶ崎題目踊りが踊られ、その後さし踊りが踊られます。なおさし踊りは檀家だけでなく、誰もが踊ることができるそうです。
8月16日は僧侶が五山送り火・「妙」(西山)の麓まで唱題行脚しで読経し、法華経への感謝や檀家の先祖に回向します。なお五山送り火終了後、15日と同じように松ヶ崎題目踊り・さし踊りが行われます。
松ヶ崎題目踊りは男女が輪になって中央に太鼓が置かれ、題目「南無妙法蓮華経」を独特の節回しで唱えながら団扇を上下に回転され、体を前後に屈伸しながら踊る素朴な踊りです。松ヶ崎題目踊りは見る踊りではなく、聞く踊りだとも言われています。
さし踊りは櫓が設置され、拍子木が打たれる中で踊ります。
五山送り火・妙法(松ヶ崎妙法)の「妙」は鎌倉時代末期に日像が始め、「法」は江戸時代初期に大妙寺の僧・日良(にちりょう)が始めたと言われています。「妙」は日像が西山に向かい、題目「南無妙法蓮華経」から「妙」の字を書き、山に点火するようになったと言われています。

【涌泉寺 歴史・簡単概要】
涌泉寺(ゆうせんじ)は1918年(大正7年)に妙泉寺と本涌寺が合寺し、名称を涌泉寺に改めました。妙泉寺は805年(延暦24年)に黄門侍郎牒利(こうもんじろうのりとし)が天台宗・松崎寺を創建したのが起源とも言われています。(諸説あり)その後名称を歓喜寺に改めました。鎌倉時代に住職・実眼が夢告により、日像(にちぞう)の弟子になり、天台宗から日蓮宗に改め、名称も妙泉寺に改めました。その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))や1536年(天文5年)の天文法華の乱によって荒廃し、1575年(天正3年)に関白・豊臣秀吉が再興しました。なお本涌寺は当初草庵だったが、1574年(天正2年)に妙泉寺12世・教蔵院日生が堂を創建し、立本寺に属しました。本涌寺には法華宗の僧侶養成・学問所である松ヶ崎檀林が開かれていたが、明治維新後に檀林は廃止されました。
涌泉寺は日蓮宗の寺院です。
*参考・・・涌泉寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ涌泉寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【涌泉寺松ヶ崎題目踊り 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
松ヶ崎題目踊りでは灯篭を奉納することができます。(要確認)
涌泉寺(アクセス・見どころ・・・)情報
五山送り火2019(スポット・穴場・日程・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 三十三間堂通し矢

    2019年1月のイベント

    京都市内などで2019年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 八坂神社節分祭
    京都節分祭・豆まき情報を紹介しています。節分祭・豆まきは毎年節分(立春の前日)(節分の日)を中心に行…
  2. 天神市
    天神市(初天神・終い天神)は京都の風物詩です。天神市は北野天満宮の祭神・菅原道真の誕生日が845年(…
  3. 廬山寺追儺式鬼法楽
    廬山寺節分会は京都の初春の風物詩です。節分会は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分会では鬼法…
  4. 吉田神社節分祭
    吉田神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日・後日に行わ…
  5. 八坂神社節分祭
    八坂神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日に行われてい…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る