都七福神めぐり1/1~31

恵美須神社

都七福神めぐりは京都の新春の風物詩です。都七福神めぐりは毎年1月1日から31日まで行われています。都七福神めぐりは古くから福をもたらすと言われている七福神をめぐり、七難即滅・七福即生を祈願します。なお都七福神めぐりでは恵美須神社・妙円寺(松ヶ崎大黒天)・東寺・六波羅蜜寺・赤山禅院・行願寺(革堂)・萬福寺をめぐります。(詳細下記参照)

【都七福神めぐり 日程時間(要確認)】
都七福神めぐりは毎年1月1日~31日まで行われます。

【都七福神めぐり マップ・地図】

スポンサーリンク


【都七福神めぐり 歴史・簡単概要】
都七福神めぐり(みやこしちふくじんめぐり)では新春に古くから福をもたらすと言われている七福神をめぐり、七難即滅・七福即生を祈願します。なおゑびす神(商売繁盛)は恵美須神社(ゑびす神社)、大黒天(開運招福)は妙円寺(松ヶ崎大黒天)、毘沙門天(七福即生)は東寺、弁財天(福徳自在)は六波羅蜜寺、福禄寿神(延寿福楽)は赤山禅院、寿老神(不老長寿)は行願寺(革堂)、布袋尊(諸縁吉祥)は萬福寺をめぐります。
七福神めぐりは京都が発祥の地とされているそうです。

【都七福神めぐり 恵美須神社】
恵美須神社(ゑびすじんじゃ)・ゑびす神社は1202年(建仁2年)臨済宗の宗祖・明庵栄西禅師(みんなんえいさいぜんじ・みんなんようさいぜんじ)が建立した建仁寺(けんにんじ)の鎮守として、造営されたと言われています。ゑびす信仰の象徴である笹は恵美須神社独自の「御札」の形態が広く広まったものです。
恵美須神社・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 妙円寺】
妙円寺(みょうえんじ)・松ヶ崎大黒天は1616年(元和2年)本涌寺(涌泉寺)に建てられた日英上人(にちえいしょうにん)の隠居所が起源と言われています。隠居所を建てた際、法華経の守護神として、七福神のひとつである大黒さまを祀ったことから「松ヶ崎の大黒さん」と言われるようになりました。
妙円寺・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 東寺】
東寺(とうじ)・教王護国寺(きょうおうごこくじ)は796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門の東に創建されました。その後823年(弘仁14年)弘法大師・空海が嵯峨天皇から賜り、真言密教の根本道場になりました。
東寺・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 六波羅蜜寺】
六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は951年(天暦5年)醍醐天皇の第2皇子とも言われる空也上人(くうやしょうにん)が自ら刻んだ十一面観音像を道場に安置したのが起源とも、963年(応和3年)鴨川東岸に本尊・観世音菩薩を安置する仮仏殿を建立し、大般若経供養会を行ったのが起源とも言われています。
六波羅蜜寺・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 赤山禅院】
赤山禅院(せきざんぜんいん)は888年(仁和4年)第4世天台座主・安慧(あんね)が第3世天台座主の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)の遺命により、赤山大明神(泰山府君)を勧請して建立したのが起源です。その後後水尾天皇が修学院離宮に行幸された際、社殿の修築と「赤山大明神」の勅額を賜りました。
赤山禅院・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 行願寺】
行願寺(ぎょうがんじ)・革堂は1004年(寛弘元年)行円上人(ぎょうえんしょうにん) が一条小川の一条北辺堂(いちじょうほくへんどう)跡に創建しました。その後1590年(天正18年)関白・豊臣秀吉の命により、寺町荒神口に移され、1708年(宝永5年)の大火の後に現在の場所に移りました。
行願寺・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 萬福寺】
萬福寺(まんぷくじ)・万福寺は1661年(寛文元年)中国僧・隠元隆琦禅師(いんげんりゅうきぜんじ)が創建しました。1658年(万治元年)隠元が江戸幕府第4代将軍・徳川家綱に拝謁し、家綱が隠元に帰依したことから1660年(万治3年)に山城国宇治に土地が与えられ、萬福寺が建てられることになりました。
萬福寺・都七福神めぐり

【都七福神めぐり 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
都七福神めぐりでは寺社に軸(500円)・大護符(300円)・宝印帖(300円)が用意されています。(要確認)
都七福神めぐりでは期間中に京都定期観光バスが毎日運行されています。(要確認)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2019年2月のイベント

    京都市内などで2019年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅花祭野点大茶湯
    北野天満宮梅花祭野点大茶湯2019は京都の春の風物詩です。梅花祭野点大茶湯は梅花祭と同じ毎年2月25…
  2. 積善院五大力尊法要
    積善院五大力尊法要は京都の春の風物詩です。五大力尊法要は毎年2月23日に行われています。五大力尊法要…
  3. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  4. 粟田神社祈年祭
    粟田神社祈年祭は京都の新春の風物詩です。祈年祭は毎年2月17日に行われています。祈年祭は新春に今秋の…
  5. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る