祇園甲部都をどり2015/4/1~

祇園甲部都をどり

都をどりは京都の春の風物詩です。都をどりは京都の五花街(上七軒・先斗町・祇園東・宮川町)のひとつである祇園甲部(祇園甲部歌舞会)が毎年4月1日から4月30日まで祇園甲部歌舞練場で行っています。なお都をどりは鴨川をどりと共に五花街の中で最も歴史があります。2015年の都をどりは2015年4月1日から4月30日に行われます。

都をどり2017(都おどり2017)

【都をどり アクセス・マップ地図】
住所・・・京都府京都市東山区祇園町南側570-2 
電話番号・・・+81-75-561-1115
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは202系統
*四条大宮・四条烏丸・四条河原町・四条京阪からは46系統、201系統、203系統、207系統
*千本丸太町・堀川丸太町・河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【都をどり第143回 内容・料金】
都をどり(2015年4月1日~4月30日)は12:30・14:00・15:30・16:50開演の1日4回公演です。1回の公演時間は約1時間です。
演目は花都琳派染模様 第一景・置歌、第二景・上賀茂社梅折枝、第三景・西王母三千歳桃、第四景・三河八橋燕子花、第五景・源頼光土蜘蛛討、第六景・光悦寺紅葉尽、第七景・新口村雪道行、第八景・平野社桜花絵巻です。
料金(税込)は茶券付特等観覧券(指定席)4,800円、一等観覧券(指定席)4,200円、二等観覧券(自由席)2,500円です。(特等観覧券は1階・椅子席、2階・椅子席と左右桟敷席です。一等観覧券は2階・椅子席と左右桟敷席です。二等観覧券は3階正面長椅子席です。なお特等観覧券・一等観覧券は座席の指定はできません。)
祇園甲部歌舞会・・・075-541-3391
*参考・・・都をどり(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【都をどり 歴史・簡単概要】
都をどり(みやこをどり)は1872年(明治5年)京都で初めて開催された博覧会の余興として、鴨川をどり(先斗町)と共に上演されたのが始まりです。京都府知事・槙村正直が作詞、当時新進であった井上流家元・井上八千代が伊勢古市の亀の子踊り(伊勢音頭の総踊り)を参考に振付を担当しました。

【都をどり 祇園甲部】
祇園甲部(ぎおんこうぶ)は江戸時代初期に八坂神社の門前で営業していた水茶屋とそこで働く茶点て女が起源と言われています。京都所司代・板倉重宗により、茶点て女を置くことが許可され、八坂神社(祇園社)門前の茶屋町を「祇園町」と言うようになりました。なお現在祇園甲部は京都にある五花街の中で最大の花街です。

【都をどり 備考】
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約3分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約5分)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 伏見稲荷大社初詣

    京都初詣ランキング

    京都初詣ランキングは初詣の人出・イベントなどからランキングしたものです。初詣ランキングの中には日本人…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 知恩院試し撞き
    試し撞き2018は京都の冬の風物詩です。試し撞きは毎年12月下旬に行われています。試し撞きは大晦日の…
  3. かぼちゃ供養
    かぼちゃ供養2018は京都の冬の風物詩です。かぼちゃ供養は毎年12月23日に行われています。かぼちゃ…
  4. 南瓜大師供養
    南瓜大師供養は京都の冬の風物詩です。南瓜大師供養は毎年12月の冬至の日に行われています。南瓜大師供養…
  5. 弘法市
    終い弘法は京都の師走の風物詩です。終い弘法は毎年12月21日に行われています。終い弘法では新巻鮭・数…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る