妙法院見どころのマトメ-修学旅行・観光の解説

妙法院(Myoho-in Temple)

妙法院見どころのマトメ・解説

妙法院見どころを簡単にまとめてポイント解説します。見どころには関白・豊臣秀吉ゆかりで、最大のハイライトである大庫裏(国宝)・貴重な大書院(重文)・美しい玄関(重文)・本堂(普賢堂)・宸殿・唐門などがあります。また護摩堂・白書院・龍華蔵・三十三間堂などの見どころもあります。なお国宝・重要文化財・名勝・史跡などの文化財を中心に解説しています。

【注目の大庫裏(国宝)・豊臣秀吉の解説】

★概要:大庫裏は豊臣秀吉にゆかりがあり、庫裏として日本最大級とも言われています。大庫裏は修学旅行や観光で絶対に見る価値があるスポットです。大庫裏は本来台所で、屋根に煙出があります。大庫裏は土間・板間・座敷に分かれています。土間・板間は天井板を張らず、梁(はり)などの構造が見えています。
★歴史:大庫裏は1595年(文禄4年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が先祖の菩提(ぼだい)を弔う為に千僧供養(せんそうくよう)を方広寺(ほうこうじ)で行った際に建立したと言われています。千僧供養は1595年(文禄4年)に方広寺の大仏殿が完成し、この年以降豊臣秀吉が日本仏教の八宗(天台宗(てんだいしゅう)・真言宗(しんごんしゅう)・律宗(りっしゅう)・禅宗(ぜんしゅう)・浄土宗(じょうどしゅう)・日蓮宗(にちれんしゅう)・時宗(じしゅう)・一向宗(いっこうしゅう))の僧を集めて行われるようになりました。
★様式:大庫裏は屋根が入母屋造(いりもやづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。大庫裏は桁行約21.8メートル・梁間約23.7メートル・高さ約18メートルです。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【重要な大書院(重要文化財)・東福門院の旧殿の解説】

★概要:大書院は東福門院の旧殿を前身とし、桃山時代の豪華な特色があります。大書院は修学旅行や観光で見る価値があるスポットです。大書院には狩野派によって描かれた襖絵などがあります。
★歴史:大書院は1619年(元和5年)に第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の中宮・東福門院(とうふくもんいん・徳川和子(とくがわまさこ))の旧殿を賜り、妙法院に移築して建立されました。
★様式:大書院は屋根が入母屋造のこけら葺(こけらぶき)です。大書院は桁行五間・梁間六間です。

【貴重な玄関(重要文化財)・東福門院の旧殿の解説】

★概要:玄関は東福門院の旧殿を前身としています。玄関は修学旅行や観光で見る価値があるスポットです。玄関には唐破風(からはふ)屋根の式台(しきだい)が設けられています。玄関には狩野派によって描かれた障壁画があります。
★歴史:玄関は1619年(元和5年)に第108代・後水尾天皇の中宮・東福門院(徳川和子)の旧殿を賜り、妙法院に移築して建立されました。
★様式:玄関は屋根が入母屋造のこけら葺です。

【本堂(普賢堂)・普賢菩薩の解説】

★概要:本堂は境内の東南にあります。本堂は6本の牙を持つ象に乗った本尊・普賢菩薩(ふげんぞうぼさつ)騎象像(重要文化財)を安置し、普賢堂(ふげんどう)と言われています。本堂は本尊の背後に日本画家・石踊達哉(いしおどりたつや)が描いた蓮があります。
★歴史:本堂は1799年(寛政11年)に建立されました。
★様式:本堂は二層(二階建て)の建物です。本堂は屋根が宝形造(ほうぎょうづくり)の本瓦葺です。本堂は間口約7.1メートル・奥行き約8.9メートルです。

【厳かな歴代天皇等の位牌を祀る宸殿・阿弥陀如来の解説】

★概要:宸殿は阿弥陀如来(あみだにょらい)像を安置しています。宸殿は歴代天皇・皇后・中宮の位牌も祀っています。位牌は般舟三昧院(はんじゅざんまいいん)から移されたと言われています。
★歴史:宸殿は1898年(明治31年)に建立されました。
★様式:宸殿は屋根が入母屋造の檜皮葺です。

【護摩堂・護摩壇の解説】

★概要:護摩堂には中央に護摩壇(ごまだん)が設置されています。
★歴史:護摩堂は比叡山(ひえいざん)西塔・常住金剛院が起源と言われています。護摩堂は17世紀(江戸時代前期から中期)に移築されたとも、関白・豊臣秀吉が建立し、不動明王(ふどうみょうおう)を安置したとも言われています。
★様式:護摩堂は屋根が宝形造の瓦葺です。

【白書院・付書院の解説】

★概要:白書院は境内の奥にあり、門主の私的な空間として使われています。白書院には一の間・二の間などがあります。白書院には机である付書院(つけしょいん)と物を収納する棚があります。白書院には絵師・松村呉春が描いた襖絵などがあります。

【東大路通に面した唐門の解説】

★概要:唐門は東大路通(ひがしおおじどおり)に面して建立されています。なお唐門は新日吉神宮(いまひえじんぐう)の祭礼の際、神幸拝所が置かれました。
★歴史:唐門は1730年(享保15年)以前に建立されたと言われています。
★様式:唐門は四脚門(しきゃくもん)です。唐門は屋根が切妻造(きりづまづくり)のこけら葺です。

【龍華蔵(宝物館)の解説】

★概要:龍華蔵は宝物館で、所有する文化財を収蔵・展示しています。龍華蔵ではポルトガル王印度副王信書(国宝)のレプリカを見ることができます。なお本物は京都国立博物館に寄託されています。

【人気の五月会(一般公開)の解説】

★概要:五月会(さつきえ)は例年5月14日に行われています。五月会は6本の牙を持つ象に乗った本尊・普賢菩薩(ふげんぼさつ)の縁日として行われます。妙法院は通常非公開だが、五月会で一般公開され、法要・法華三昧が行われたり、文化財が公開されたりします。

【有名な三十三間堂(国宝)・境外仏堂の解説】

★概要:三十三間堂は妙法院から少し距離があるが、妙法院の境外仏堂で、妙法院が所有・管理しています。
★歴史:三十三間堂は1165年(長寛2年)に後白河上皇(第77代・後白河天皇(ごしらかわてんのう))が平清盛(たいらのきよもり)に資材協力を命じ、離宮・法住寺殿(ほうじゅうじどの)の一画に創建したのが起源です。
★仏像:三十三間堂(国宝)は内陣中央に本尊・千手観音(せんじゅかんのん)坐像(国宝)を安置し、その左右10段の階段に1段に50体ずつ、合計1,000体の千手観音立像(国宝)を安置しています。また本尊・千手観音坐像の背後には1,001体目となる千手観音立像(国宝)も安置しています。
三十三間堂見どころ

【新日吉神宮・鎮守社の解説】

★概要:新日吉神宮(いまひえじんぐう)はかつて妙法院が兼帯していました。
★歴史:新日吉神宮は1160年(永暦元年)に後白河上皇(第77代・後白河天皇)が離宮・法住寺殿を造営した際、延暦寺(えんりゃくじ)の守護神・日吉大社(ひよしたいしゃ)を法住寺殿の鎮守社として勧請したのが起源と言われています。

【妙法院 備考(参考リンク・・・)】
*参考・・・妙法院(見どころ・アクセス・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る