長尾天満宮(アクセス・見どころ・概要・・・)

長尾天満宮

長尾天満宮(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)長尾天満宮の祭神・菅原道真(すがわらみちざね)は右大臣になるが、左大臣・藤原時平の讒言(告げ口)によって太宰府に左遷され、大宰府で亡くなりました。なお菅原道真の死後、悪疫が続き、道真の怨霊の仕業と恐れられました。

【長尾天満宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区醍醐赤間南裏町21
最寄り駅・バス停・・・醍醐寺(徒歩約10分)、醍醐寺前(徒歩約12分)

京阪バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅八条口からは山急醍醐寺行き
*京阪六地蔵駅からは22系統、22A系統
*四条河原町・五条京阪からは86号系統、86B系統
京阪バス・アクセスダイヤ

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は醍醐駅(徒歩約25分)

【長尾天満宮 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【長尾天満宮 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【長尾天満宮 歴史・簡単概要】
長尾天満宮(ながおてんまんぐう)は903年(延喜3年)醍醐寺(だいごじ)開山の理源大師(りげんだいし)・聖宝(しょうぼう)の弟子・観賢(かんげん)が菅原道真の墓を築いたのが起源とも、940年(天慶3年)醍醐天皇の御願により、菅原道真を祀ったのが起源とも言われています。1598年(慶長3年)醍醐寺から知行が許されました。その後1801年(享和元年)に社殿が再建されたが、1805年(文化2年)に焼失し、1821年(文政4年)に再度再建されました。なお醍醐寺は874年(貞観16年)空海の孫弟子である理源大師・聖宝が横尾明神(よこおみょうじん)の示現により、上醍醐山上で醍醐水の霊泉を得て小堂宇を建立し、准胝観音(じゅんていかんのん)・如意輪観音(にょいりんかんのん)安置したのが起源です。

【長尾天満宮 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】

【長尾天満宮 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-571-0074

【長尾天満宮 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【長尾天満宮 おすすめ散策ルート】
長尾天満宮からのおすすめ散策ルートは醍醐寺に向かうルートです。15分ほど散策すれば、世界遺産である醍醐寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお醍醐寺内には三宝院があり、また下醍醐と上醍醐に分かれている為、下醍醐から上醍醐まで散策するのもいいかもしれません。ただ下醍醐から上醍醐までは結構距離があります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. うるし祭
  2. 京都霊山護国神社
  3. 伴緒社祭
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る