長谷運動広場(アクセス・マップ・見どころ・・・)

長谷運動広場

長谷運動広場(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。長谷運動広場は延長約146キロの一級河川・由良川(ゆらがわ)左岸(西岸)の河川敷に整備されています。由良川は京都府・滋賀県・福井県の境にある標高約775.9メートルの三国岳(みくにだけ)を源とし、舞鶴市と宮津市の境界で日本海の若狭湾に注いでいます。

【長谷運動広場 アクセス・マップ】
場所・・・京都府南丹市美山町長谷中西通り108番地
最寄り駅・バス停・・・佐本橋(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰線日吉駅から南丹市営バス
路線・時刻表・運賃チェック

【長谷運動広場 拝観時間・時間(要確認)】
8:00~17:00
無休

【長谷運動広場 拝観料金・料金(要確認)】
有料施設あり

スポンサーリンク

【長谷運動広場 歴史・簡単概要】
長谷運動広場(ながたにうんどうひろば)・長谷運動公園は一級河川・由良川(ゆらがわ)左岸(西岸)の河川敷に整備されています。長谷運動広場は1985年(昭和60年)11月に美山町の町制30周年記念事業の一つとして整備され、同年11月10日に公園開きと記念行事・美山町スポーツ推進大会が行われました。ちなみに美山町は1955年(昭和30年)4月1日に知井村(ちいむら)・平屋村(ひらやむら)・宮島村(みやじまむら)・鶴ヶ岡村(つるがおかむら)・大野村(おおのむら)が合併して発足し、2006年(平成18年)1月1日に園部町(そのべちょう)・八木町(やぎちょう)・日吉町(ひよしちょう)と合併して南丹市になって廃止されました。美山町では由良川が町域の中央部を流れ、その川沿いに茅葺き民家約250棟が立ち並んでいました。長谷運動広場は面積約50,000平方メートルの総合グランドで、軟式野球場1面(センター約105メートル・レフトライト約85メートル)・陸上競技場(400メートルトラック)1面・テニスコート4面・ゲートボール場(ナイター設備)2面・多目的広場などがあります。長谷運動広場では自然豊かな環境のもとで、ゆっくりスポーツを楽しめます。長谷運動広場は散歩やマラソンのコースとしても利用され、子供から大人まで幅広い世代で利用されています。
*参考・・・長谷運動広場(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【長谷運動広場 見どころ・文化財】
長谷運動広場の見どころは200本以上のシダレザクラ(枝垂桜)・ソメイヨシノ(染井吉野)です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎え、長谷の里花まつりが行われています。(要確認)

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2022

【長谷運動広場 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0771-75-1773(長谷運動広場管理棟)

【長谷運動広場 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【長谷運動広場 おすすめ散策ルート】
長谷運動広場からのおすすめ散策ルートは北側を流れている由良川沿いを散策することです。10分ほど散策すると由良川沿いに行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお長谷運動広場周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る