梛神社例祭2018/5/20(日程・時間・・・)

梛神社

梛神社例祭

梛神社例祭(日程・時間・・・)を紹介しています。例祭は毎年5月の第3日曜日に行われています。例祭では子供神輿・鼓笛隊(元祇園少年勤王隊)・猿田彦・八乙女・剣鉾・花傘・鳳輦(ほうれん)・獅子舞・迦陵頻伽(かりょうびんが)などが氏子地区を巡行します。ちなみに例祭では四条通に屋台露店も立ち並びます。(要確認)(詳細下記参照)

【梛神社例祭2018 日程時間(要確認)】
梛神社例祭2018は2018年5月20日(日曜日)13:00から行われます。なお9:00から神事が行われます。(現在確認中・要注意)

【梛神社例祭 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町18-2
最寄り駅・バス停・・・壬生寺道(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から梛神社は26系統(D3乗り場)、28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは3系統、11系統、203系統
*河原町丸太町からは3系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は大宮駅(徒歩約5分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は四条大宮駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【梛神社例祭 歴史・簡単概要】
梛神社例祭(れいさい)・氏神祭(うじがみさい)・神幸祭(しんこさい)では子供神輿・鼓笛隊(元祇園少年勤王隊)・猿田彦・八乙女・剣鉾(日月鉾・橘鉾・龍鉾・朱雀鉾・鳳凰鉾・虎鉾・菊鉾)・花傘・鳳輦(ほうれん)・獅子舞・迦陵頻伽(かりょうびんが)などが氏子地区を巡行します。氏子地区は北が三条通、南が松原通、東が壬生通、西が土居の内通に囲まれたエリアです。ちなみに例祭では四条通に屋台露店も立ち並びます。(要確認)なお例祭では午前中に鳳輦と子供神輿に神霊を移す神事が行われます。
花傘は八坂神社(祇園社)が創建された際、牛頭天王(素戔嗚尊)の神霊をのせた神輿を花飾りの風流傘(ふりゅうがさ)を立て、楽を奏しながら送ったことに由来するとも言われています。なお風流傘は祇園祭の傘鉾の起源と言われ、現在祇園祭の前祭で綾傘鉾(あやがさほこ)・四条傘鉾(しじょうかさほこ)が巡行しています。
例祭は神社が毎年行う祭礼の内、最も重要な祭礼とされています。例祭は1年に1回行われることが多いが、神社によっては春・秋など1年に2回行われこともあります。なお例祭は例大祭(れいたいさい)とも言われるが、例大祭は俗称で、正式には大祭式例祭(たいさいしきれいさい)と言うそうです。

【梛神社 歴史・簡単概要】
梛神社(なぎじんじゃ)・元祇園社は社伝によると876年(貞観11年)に京都で疫病が流行し、広峰神社(播磨広峰)から牛頭天王(ごずてんのう)=素戔嗚尊(すさのおのみこと)を勧請して鎮疫祭を行った際、牛頭天王の神霊をのせた神輿を梛の林に安置して祀ったのが起源と言われています。その後牛頭天王の神霊をのせた神輿は八坂神社(祇園社)に送られたことから元祇園社と言われるようになりました。1874年(明治7年)と1929年(昭和4年)に現在の社殿などが整備されました。なお梛神社は主祭神に素戔嗚尊、配神に宇賀御魂命・伊弉冉命・誉田別尊を祀っています。
*参考・・・梛神社梛神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【梛神社例祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
梛神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る