七谷川和らぎの道桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)・桜名所

七谷川和らぎの道桜見ごろ

七谷川和らぎの道桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。七谷川和らぎの道には約1キロに染井吉野・枝垂桜・里桜など30種・約1,500本の桜の木が植えられ、桜と七谷川との光景が美しいと言われています。七谷川和らぎの道では桜が見ごろを迎える時期にライトアップ・さくらまつりが行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【七谷川和らぎの道桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
七谷川和らぎの道の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【七谷川和らぎの道桜・七谷川和らぎの道 アクセス・地図】
場所・・・京都府亀岡市千歳町千歳
最寄り駅・バス停・・・七谷川(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR亀岡駅から亀岡市ふるさとバス

スポンサーリンク


【七谷川和らぎの道桜見ごろ時期・見どころ】
七谷川和らぎの道は桜の名所です。七谷川和らぎの道の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。七谷川和らぎの道には約1キロに染井吉野(ソメイヨシノ)・枝垂桜(シダレザクラ)・里桜(サトザクラ)など30種・約1,500本の桜の木が植えられ、桜と七谷川との光景が美しいと言われています。ちなみに南側のさくら公園には染井吉野(ソメイヨシノ)など28種・約280本の桜の木が植えられ、七谷川和らぎの道とともに桜の名所になっています。なお七谷川和らぎの道では桜が見ごろを迎える時期にライトアップ・さくらまつりが行われています。(要確認)
和らぎの道は亀岡市の千歳町から河原林町を結ぶ長さ約2.2キロの散策道です。和らぎの道は周辺に出雲大神宮や丹波七福神巡りの寺院などがあることから歩きながら歴史や文化にふれられる道とされています。なお和らぎの道は1994年(平成6年)に亀岡市が整備しました。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。
七谷川和らぎの道桜ライトアップ

【七谷川和らぎの道 歴史・簡単概要】
七谷川和らぎの道(ななたにがわやわらぎのみち)は京都府亀岡市と京都市にまたがる標高約924メートルの愛宕山(あたごやま)を源とし、亀岡市を流れる淀川(よどがわ)水系の七谷川沿いに整備されています。ちなみに愛宕山の愛宕神社は明智光秀が本能寺の変の直前に参詣して愛宕百韻を詠み、亀岡市から愛宕山への登山道は明智越えとも言われています。七谷川和らぎの道は約1キロに染井吉野・枝垂桜・里桜など30種・約1,500本の桜の木が植えられた桜並木・散策道で、丹波地方随一の桜の名所とも言われています。七谷川和らぎの道の南側にはさくら公園があり、面積約1.5ヘクタールの公園内に28種・約280本の桜の木が植えられ、七谷川和らぎの道とともに桜の名所になっています。ちなみに桜は亀岡市の木になっています。七谷川和らぎの道周辺には神応寺(毘沙門天)・養仙寺(布袋尊)・蔵宝寺(大黒天)・金光寺(弁財天)・耕雲寺(恵比寿)・極楽寺(寿老人)・東光寺(福禄寿)を回る丹波七福神巡りが設定されています。丹波七福神巡りは約5キロ・所要時間約2時間で、日本一早くまわれる七福神巡りとも言われているそうです。なお七谷川和らぎの道周辺にはキャンプ・バーベキュー・アスレチックができる七谷川野外活動センターもあります。
*参考・・・七谷川和らぎの道(アクセス・歴史・・・)七谷川和らぎの道(アクセス・歴史・・・)

【七谷川和らぎの道桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
七谷川和らぎの道(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る