二条城梅見ごろ2023(2月中旬~3月中旬頃)梅林

二条城梅見ごろ(見頃)

二条城梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介しています。梅の見ごろは例年2月中旬頃から3月中旬頃です。二条城は城内南西部にある梅林や城内に枝垂梅・白梅・紅梅(紅千鳥・紅雀)・桃色梅・紅白の花を咲き分ける源平咲き分け梅など約130本の梅の木が植えられ、梅と梅林や内堀・天守台など城内の光景が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【二条城梅見ごろ(例年)・2023年開花予測】
二条城の梅見ごろは例年2月中旬頃から3月中旬頃です。なお梅の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都梅見ごろ2023

【二条城梅見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
最寄り駅・バス停・・・二条城前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から二条城は9系統(B1乗り場)、50系統(B2乗り場)、101系統(B2乗り場)
*四条河原町からは12系統、15系統
*四条烏丸からは101系統
路線・時刻表・運賃チェック

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は二条城前駅(徒歩すぐ)

スポンサーリンク

【二条城梅見ごろ(例年)・要点簡単解説】
二条城は京都を代表する梅の名所です。二条城の梅見ごろは例年2月中旬頃から3月中旬頃です。
二条城は城内南西部にある約20アールの梅林や城内に枝垂梅・白梅・紅梅(紅千鳥(べにちどり)・紅雀(ベニスズメ))・桃色梅・紅白の花を咲き分ける源平咲き分け梅(げんぺいさきわけうめ)など約130本の梅の木が植えられ、梅と梅林・内堀・天守台など城内の光景が美しいと言われています。ちなみに二条城には桜とともに梅の標準木があり、梅の花が5~6輪開くと梅の開花になります。
●梅の標準木は2022年(令和4年)が3月10日、2021年(令和3年)が2月19日に開花しました。ちなみに平年の開花日は2月22日、最も早い記録が1979年(昭和54年)の1月27日、最も遅い記録が1963年(昭和38年)の3月15日になります。
●梅林は1954年(昭和29年)にかし林を伐採して新たに造営され、その後通路南側が拡張されて補植されました。
●天守台は高さ約21メートル、敷地約445平方メートルです。天守台にあった5層の天守閣は伏見城の天守閣を移したとも言われていたが、1750年(寛延3年)の落雷によって焼失しました。天守閣は第108代・後水尾天皇が昇り、天皇が唯一昇った天守閣と言われました。
●内堀は本丸御殿を囲むように造られています。内堀は幅約25メートルです。堀の水源はかつて南にある神泉苑(しんせんえん)でした。なお外堀の西側・南側が幅約20メートル、東側・北側が幅約10メートルです。
●二条城の歴史(築城から現在)を紹介しています。
二条城歴史
●二条城の見どころ(二の丸御殿・二の丸庭園など)を紹介しています。
二条城見どころ

●京都で人気の梅名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都梅名所・見ごろ

【二条城 歴史・簡単概要】
二条城(にじょうじょう)・元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)は平安時代に禁苑(宮中の庭)だった神泉苑(しんせんえん)の一部で、かつて内裏も造営された場所でした。1601年(慶長6年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城を開始し、1603年(慶長8年)には本丸御殿(二の丸御殿)が完成しました。家康は伏見城での将軍宣下の後に入城し、重臣・公家衆を招いて将軍就任の祝賀の儀を行いました。その後1624年(寛永元年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光が第108代・後水尾天皇の行幸の際に大規模な改修・増築を行い、1626年(寛永3年)には後水尾天皇と中宮・和子(徳川和子・東福門院)が行幸して5日間滞在しました。1750年(寛延3年)の雷火によって五層の天守が焼失し、1788年(天明8年)の天明の大火によって本丸などが焼失しました。なお二条城は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
*参考・・・二条城(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【二条城梅見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
二条城(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る