即成院二十五菩薩お練り供養法会2018/10/21

即成院

二十五菩薩お練り供養法会は京都の秋の風物詩です。二十五菩薩お練り供養法会は毎年10月の第3日曜に行われています。二十五菩薩お練り供養法会では極楽浄土に見立てた本堂と現世に見立てた地蔵堂に特設された高さ約2メートル・長さ約50メートルの橋の上をお稚児さん・二十五菩薩の信者・山伏などが練り歩きます。(詳細下記参照)

【二十五菩薩お練り供養法会2018 日程時間(要確認)】
二十五菩薩お練り供養法会2018は2018年(平成30年)10月21日(日曜日)13:00から行われます。

【二十五菩薩お練り供養法会2018・即成院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区泉涌寺山内町28
最寄り駅・バス停・・・泉涌寺道(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約5分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【二十五菩薩お練り供養法会 歴史・簡単概要】
即成院二十五菩薩お練り供養法会(にじゅうごぼさつおねりくようほうえ)は本尊・阿弥陀如来と二十五菩薩が極楽浄土に導く姿を具現化した行事です。なお浄土宗では人が亡くなると阿弥陀如来が二十五菩薩を伴い、極楽浄土から迎えに来て、極楽浄土に導くと言われているそうです。
二十五菩薩お練り供養法会では先ず本堂で法要が行われます。その後極楽浄土に見立てた本堂と現世に見立てた地蔵堂に特設された高さ約2メートル・長さ約50メートルの橋の上をお稚児さん・信者・山伏などが練り歩きます。先ず本堂から地蔵堂に山伏・お稚児さん練り歩き、すぐさま折り返して地蔵堂から本堂に戻ります。次に25人の信者が煌びやかな金襴の菩薩の装束で練り歩きます。最後に本堂で極楽の舞などが奉納されます。
本尊・阿弥陀如来坐像(重要文化財)は平安時代後期に造仏されました。なお阿弥陀如来坐像は本堂に安置されています。
二十五菩薩像坐像(重要文化財)は11世紀頃に造仏されたとも言われています。また橘俊綱が創建した伏見寺(即成就院)の遺仏とも言われています。なお二十五菩薩は観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)・薬王菩薩(やくおうぼさつ)・大勢至菩薩(だいせいしぼさつ)・薬上菩薩(やくじょうぼさつ)・普賢菩薩(ふげんぼさつ)・陀羅尼菩薩(だらにぼさつ)・法自在王菩薩(ほうじざいおうぼさつ)・白象王菩薩(びゃくぞうおうぼさつ)・虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)・徳蔵菩薩(とくぞうぼさつ)・宝蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)・金蔵菩薩(こんぞうぼさつ)・光明王菩薩(こうみょうおうぼさつ)・山海恵菩薩(さんかいえぼさつ)・金剛蔵菩薩(こんごうぞうぼさつ)・華厳菩薩(けごんぼさつ)・日照王菩薩(にっしょうおうぼさつ)・衆宝王菩薩(しゅうほうおうぼさつ)・月光王菩薩(がっこうおうぼさつ)・三昧菩薩(ざんまいぼさつ)・獅子吼菩薩(ししくぼさつ)・大威徳菩薩(だいいとくぼさつ)・定自在王菩薩(じょうじざいおうぼさつ)・大自在王菩薩(だいじざいおうぼさつ)・無辺身菩薩(むへんしんぼさつ)です。ちなみに獅子吼菩薩はほほ笑みの菩薩とも言われています。

【即成院 歴史・簡単概要】
即成院(そくじょういん)・那須与一さんは起源が明確ではありません。即成院は992年(正暦3年)恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)が伏見に建立した光明院が起源とも、寛治年間に藤原頼通(ふじわらのよりみち)の子・橘俊綱(たちばなのとしつな)が伏見山の山荘に阿弥陀如来・二十五菩薩像を安置し、即成就院・伏見寺と言われたのが起源とも言われています。その後1594年(文禄3年)関白・豊臣秀吉による伏見城の築城に伴って、深草大亀谷に移りました。明治維新後の廃仏毀釈により、一時廃寺になったが、仏像は泉涌寺に引き取られ、1899年(明治32年)塔頭・法安寺と合寺し、1902年(明治35年)には現在の場所に移りました。
即成院は真言宗泉涌寺派総本山・泉涌寺の塔頭です。
*参考・・・即成院即成院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【二十五菩薩お練り供養法会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
即成院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 三十三間堂通し矢

    2019年1月のイベント

    京都市内などで2019年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 八坂神社節分祭
    京都節分祭・豆まき情報を紹介しています。節分祭・豆まきは毎年節分(立春の前日)(節分の日)を中心に行…
  2. 天神市
    天神市(初天神・終い天神)は京都の風物詩です。天神市は北野天満宮の祭神・菅原道真の誕生日が845年(…
  3. 廬山寺追儺式鬼法楽
    廬山寺節分会は京都の初春の風物詩です。節分会は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分会では鬼法…
  4. 吉田神社節分祭
    吉田神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日・後日に行わ…
  5. 八坂神社節分祭
    八坂神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日に行われてい…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る