カテゴリー:お盆・地蔵盆

  • 千灯供養

    化野念仏寺千灯供養2019/8/23・24

    化野念仏寺千灯供養2019は京都の夏の風物詩です。千灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。千灯供養では先ず地蔵堂前で法要が行われ、その後賽の河原に模した西院の河原(さいのかわら)に祀られている数千体の無縁仏(石塔・石仏)にロウソクを灯して供養します。なお千灯供養は明治時代に始まった行事です。
  • 宵弘法

    大覚寺宵弘法2019/8/20

    大覚寺宵弘法2019は京都の夏の風物詩です。宵弘法は毎年真言宗の開祖である弘法大師・空海のご縁日である21日の前夜である8月20日に行われています。宵弘法では空海の遺徳を偲ぶとともにお盆に帰ってきた先祖の霊(お精霊)を送ります。宵弘法では大沢池の中央に設けられた護摩壇に点火し、嵯峨の送り火が行われます。
  • 広沢池灯籠流し

    広沢池灯籠流し2019/8/16

    広沢池灯籠流し2019は京都の夏の風物詩です。広沢池灯籠流しは毎年五山送り火と同じく、8月16日に行われています。広沢池灯籠流しでは先ず広沢池近くの児神社(ちごじんじゃ)で塔婆施餓鬼供養・御詠歌奉納を行い、その後仏様の5つの智恵を表すと言われている5色(赤・青・緑・黄・白)の灯籠が広沢池に浮かべます。
  • 左大文字

    五山送り火2019/8/16

    五山送り火2019は京都の夏の風物詩です。五山送り火2019は8月16日に行われます。五山送り火ではお盆(盂蘭盆)にあの世(冥府)から帰ってきたお精霊さん(おしょらいさん・死者の霊)をあの世に送り返す為、反時計回りに大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形の順に20:00から5分間隔で点火されます。
  • 矢田寺

    矢田寺送り鐘2019/8/16

    矢田寺送り鐘は京都の夏の風物詩です。送り鐘は毎年8月16日に行われています。送り鐘はお盆に迎え鐘を撞いて、あの世から迷わずに迎えた先祖の霊をお盆の翌日である8月16日にあの世に無事に送り届ける為に撞かれます。なお矢田寺がある東山エリアでは迎え鐘は六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)がよく知られています。
  • 車折神社万灯祭

    車折神社万灯祭2019/8/14~16

    車折神社万灯祭は京都の夏の風物詩です。万灯祭は毎年8月14日から16日に行われています。万灯祭では氏子・参拝者などが奉納した3面からなる紙灯篭(かみどうろう)を点灯し、願い事の成就を祈念します。万灯祭では灯篭を奉納することができます。(要確認)万灯祭では境内に約1千基の紙灯篭が吊るされるそうです。
  • 六波羅蜜寺万灯会

    六波羅蜜寺万灯会2019/8/8~10・16

    六波羅蜜寺万灯会は京都の夏の風物詩です。万灯会は毎年8月8日から10日、万灯点灯法要は毎年8月16日に行われています。万灯会では土器盃に「大」の字に灯芯を入れ、「大」の字の5つの端に点火したものを108つ献灯し、先祖の霊(お精霊)を迎えて、七難即滅・七福即正を祈願します。また送り万灯点灯法要も行われます。
  • 六道参り

    千本釈迦堂六道参り2019/8/8~12・16

    千本釈迦堂六道参り(精霊迎え)は京都の夏の風物詩です。六道参りでは毎年8月8日から12日に精霊を迎え、16日に精霊を送っています。六道参りでは六観音菩薩像の六道信仰により、六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道)迷える先祖や縁者のお精霊を迎えて供養し、仏様の力で罪滅ぼし・招福を祈願します。
  • お精霊迎え・送り

    千本ゑんま堂お精霊迎え・お精霊送り2019/8/7~16

    千本ゑんま堂お精霊迎え・お精霊送りは京都の夏の風物詩です。お精霊迎えは毎年8月7日から15日、お精霊送りは毎年8月16日に行われています。お精霊迎え・お精霊送りは千本ゑんま堂がある場所がかつて京の三大墓地(三大墳墓地・三大葬送地)と言われた蓮台野の入り口にあることなどに由来するとも言われているそうです。
  • 六道まいり

    六道珍皇寺六道まいり2019/8/7~10

    六道珍皇寺六道まいり(精霊迎え・お精霊さん迎え)は京都の夏の風物詩です。六道まいりは毎年8月7日から10日まで行われています。六道まいりでは先祖の霊を報恩供養(ほうおんくよう)する盂蘭盆(うらぼん)前に六道珍皇寺に参詣し、十万億土の冥界にも響き渡ると言われている迎え鐘(梵鐘)を撞き、先祖の霊を迎えます。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る