岡田鴨神社桜見ごろ2023(3月下旬~4月上旬頃)

岡田鴨神社桜見ごろ(見頃)

岡田鴨神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。岡田鴨神社では参道にソメイヨシノの桜並木が続き、本殿横に桜の大木が植えられ、桜と参道・本殿などの光景が美しいと言われています。なお東側に位置する恭仁大橋周辺にも桜が分布し、一緒にお花見するのがおすすめです。(詳細下記参照)

【岡田鴨神社桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
岡田鴨神社の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【岡田鴨神社桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府木津川市加茂町北鴨村44
最寄り駅・バス停・・・JR加茂駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR奈良線
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【岡田鴨神社桜見ごろ(例年)・要点簡単解説】
岡田鴨神社はあまり知られていない桜の名所です。岡田鴨神社の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
岡田鴨神社では参道にソメイヨシノ(染井吉野)の桜並木が続き、本殿(京都府指定文化財)横に桜の大木が植えられ、桜と参道・本殿などの光景が美しいと言われています。本殿と同じように摂社・天満宮の本殿と末社・金刀比羅神社の本殿も京都府指定文化財に登録され、お花見とともに文化財も眺めるのがおすすめです。なお東側に位置する恭仁大橋周辺にも桜が分布し、一緒にお花見するのがおすすめです。
ソメイヨシノは江戸時代末期に染井村(東京都豊島区巣鴨付近)の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは古くから奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後帝室博物館員が染井村からソメイヨシノと命名しました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形で頂部に切れ込みがあります。メイヨシノはほぼ全てがクローンで、気象庁がサクラの開花・満開を判断する標本木として利用されています。ソメイヨシノの開花日の等期日線は桜前線と言われ、南から北に向かって進行します。
本殿は江戸時代に奈良・春日大社から春日造の本殿が移されて建立されたと言われています。春日造は切妻造の妻入で、正面に庇である階隠を設け、屋根上(棟)に置き千木・鰹木が付けられています。春日造は仏教建築の影響を受け、奈良時代中期に現れたとも言われています。春日造は奈良市の円成寺の春日堂(国宝)・白山堂(国宝)が最古の例になります。春日堂・白山堂は1228年(安貞2年)に春日大社の本殿を移築したものと言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【岡田鴨神社 歴史・簡単概要】
岡田鴨神社(おかだかもじんじゃ)は第10代・崇神天皇(すじんてんのう)の時代(紀元前97年~紀元前前30年)に賀茂氏(かもし)が祭神・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)にゆかりのある岡田賀茂の地に下鴨神社(しもがもじんじゃ)から勧請して創建されたとも言われています。「山城国風土記(やましろこくふうどき)」逸文によると賀茂建角身命は大和国葛城から山城国岡田賀茂を経て、京都洛北の下鴨神社に祀られたと言われています。平安時代前期の「日本三代実録(にほんさんだいじつろく)」の859年(貞観元年)正月27日条によると神階・従五位上(じゅごいじょう)が授けられたと記され、それ以前から祀られていたとも言われています。平安時代中期の「延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)・927年(延長5年)編纂」に「岡田鴨神社 大 月次新嘗」と記され、式内大社(しきなたいいしゃ)に列せられました。江戸時代に奈良・春日大社(かすがたいしゃ)から春日造(かすがづくり)の本殿(府指定有形文化財)が移され、春日移しと言われています。
*参考・・・岡田鴨神社(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【岡田鴨神社桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
岡田鴨神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る