来迎院(アクセス・見どころ・歴史・・・)

来迎院

来迎院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)来迎院は経典などに独特の節をつけ、僧侶によって唱和される天台声明(てんだいしょうみょう)の道場だった。天台声明(魚山声明)は唐・魚山で14年間の仏教修学後、日本に戻った慈覚大師・円仁によって伝えられました。

【来迎院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区大原来迎院町537
最寄り駅・バス停・・・大原(徒歩約15分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から来迎院は17系統(C3乗り場)、18系統(C3乗り場)
*四条河原町・三条京阪からは17系統
*四条烏丸からは17系統
京都バス・アクセスダイヤ

【来迎院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00

【来迎院 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
個人
大人・大学生400円、高校生・中学生・小人300円

団体(30名以上)
大人・大学生360円、高校生・中学生・小人270円

スポンサーリンク


【来迎院 歴史・簡単概要】
来迎院(らいごういん)は平安時代前期の仁寿年間(851年~854年)に第3代天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が天台声明(てんだいしょうみょう)の道場として創建したと言われています。その後衰微し、平安時代後期の1109年(天仁2年)に融通念仏(ゆうずうねんぶつ)の祖である聖応大師(しょうおうだいし)・良忍(りょうにん)が入寺して再興しました。来迎院を本堂とする上院と勝林院(しょうりんいん)を本堂とする下院が成立し、付近一帯が魚山大原寺 (ぎょざんたいげんじ)と総称されるようになり、伝承された声明は天台声明・魚山声明(ぎょざんしょうみょう)と言われました。ちなみに勝林院は1013年(長和2年)に慈覚大師・円仁の9代目弟子で、天台宗の僧・寂源(じゃくげん)が創建したとも言われています。来迎院は鎌倉時代初期に多くの僧侶が集まり、盛時に49院の寺坊があったとも言われています。その後度々焼失したが、その度に再建され、室町時代後期(戦国時代)の天文年間(1532年~1555年)に現在の建物が再建されました。江戸時代に江戸幕府から朱印状(しゅいんじょう)を与えられました。
来迎院は天台宗の寺院です。
*参考・・・来迎院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【来迎院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
来迎院の見どころは重要文化財である三重石塔です。なお来迎院は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
京都紅葉名所・見ごろ2019

国宝・・・伝教大師度縁案並僧綱牒
重要文化財・・・木造薬師如来坐像・木造阿弥陀如来坐像・木造釈迦如来坐像、来迎院如来蔵聖教文書類、三重石塔

【来迎院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-744-2161

【来迎院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【来迎院 おすすめ散策ルート】
来迎院からのおすすめ散策ルートは西側にある浄蓮華院・蓮成院・三千院を経由し、勝林院に向かうルートです。20分ほど散策すれば、大原の自然を感じならが勝林院に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお勝林院周辺には宝泉院・実光院・念仏寺があり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る