大谷本廟紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

大谷本廟紅葉見ごろ(例年)・見どころ

大谷本廟紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大谷本廟では境内入口から総門に向かう長い石畳の参道沿いにカエデ・ハゼノキ・イチョウなどが植えられ、紅葉と総門・参道・参道に架けられてめがね橋(円通橋)などの光景が美しいと言われています。東大路通からも眺めることができます。(詳細下記参照)

【大谷本廟 紅葉見ごろ(例年)・2021年の予測】
大谷本廟の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年10月13日現在、ウェザーニュースは西日本では平年並から早いと予測しました。嵐山は11月21日頃です。
京都紅葉見ごろ2021

【大谷本廟紅葉見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市東山区五条橋東6丁目514
最寄り駅・バス停・・・五条坂(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から大谷本廟は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
路線・時刻表・運賃チェック

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【大谷本廟 紅葉見ごろ(例年)・見どころ】
大谷本廟はあまり知られていない紅葉の名所とも言われています。大谷本廟の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ちなみに標高は約68メートルです。
大谷本廟では境内入口から総門に向かう長い石畳の参道沿いにカエデ・ハゼノキ・イチョウなどが植えられ、紅葉と総門・参道・参道に架けられてめがね橋(円通橋)などの光景が美しいと言われています。紅葉は境内前を南北に発している東大路通からも眺めることができます。大谷本廟ではエノキ・ソテツが東山区・区民の誇りの木に選ばれています。
総門は1710年(宝永7年)に親鸞聖人450回忌法要を行う為、同年3月に建立されました。その後1796年(寛政8年)に現在の四脚門に改築されました。総門に掲げられている額「大谷本廟」は1860年(萬延元年)9月に関白で、九条家29代当主・九条尚忠が書いたものです。
めがね橋(円通橋)は1856年(安政3年)に親鸞聖人600回大遠忌を迎えるにあたり、大坂・播磨屋五兵衛の寄進によって蓮池・晧月池(こうげつち)に架けられました。めがね橋長さ約40メートル・幅約6メートルです。晧月池には2,000年前の一粒の種から開花し、古代の蓮とも言われている大賀蓮が植えられ、夏にピンクの華やかな花を咲かせます。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期に庶民の行楽として人気になったと言われています。なお奈良時代末期成立の日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ

【大谷本廟 歴史・簡単概要】
大谷本廟(おおたにほんびょう)・西大谷(にしおおたに)は浄土真宗の開祖・親鸞聖人(しんらんしょうにん)の墓所です。大谷本廟は鎌倉時代の1272年(文永9年)に親鸞聖人の末娘・覚信尼(かくしんに)が東山大谷に親鸞聖人の廟堂として建てた六角の廟堂(大谷廟堂)を起源としています。江戸時代初期の1603年(慶長8年)に徳川将軍家が知恩院(ちおんいん)を再建・拡張した際に親鸞聖人が荼毘に付された鳥辺山(とりべやま)南辺の御荼毘所(おだびしょ)が東山大谷(大谷本願寺・大谷影堂)の代替地として与えられて移りました。
*参考・・・大谷本廟(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ大谷本廟(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【大谷本廟紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
大谷本廟(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2021

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る