過去の記事一覧

  • 平等院桜見ごろ

    平等院桜ライトアップ2019/4/5~8

    平等院ライトアップ(桜・春)は京都の春の風物詩です。平等院ライトアップでは阿字池(あじいけ)周辺に植えられている桜や阿字池の中島に建立された鳳凰堂(国宝)がライトアップされ、庭園(名勝)・ミュージアム鳳翔館(ほうしょうかん)・茶房藤花を拝観することができます。ただ鳳凰堂内部は拝観することはできません。
  • 宮川町京おどり

    宮川町京おどり2015/4/4~

    京おどりは京都の春の風物詩です。京おどりは京都の五花街のひとつである宮川町(宮川町歌舞会)が毎年4月初旬から下旬まで宮川町歌舞練場で行っています。なお京おどりは旧字体の「をどり」ではなく、新字体の「おどり」が使われています。
  • 京都御所一般公開

    京都御所宮廷文化の紹介(春)2018/4/4~8

    京都御所宮廷文化の紹介(春)は京都の春の風物詩です。宮廷文化の紹介は春と秋に行われています。所宮廷文化の紹介では西側にあり、かつて貴族が使用した格式高い宜秋門から入門し、諸大夫の間・回廊・紫宸殿・清涼殿・大臣宿所・小御所・御学問所・御常御殿・御三間・管理事務棟が公開されます。期間中に雅楽・蹴鞠が行われます。(要確認)
  • 護王神社護王大祭

    護王神社護王大祭2019/4/4

    護王神社護王大祭は京都の春の風物詩です。護王大祭は毎年4月4日に行われています。護王大祭では祭神・和気清麻呂(わけのきよまろ)が第48代・称徳天皇に真の神託を奏上する場面を再現した宇佐神託奏上ノ儀(うさしんたくじょうそうのぎ)が行われます。なお護王大祭では2年に1度、直前の日曜日に神幸祭が行われす。(要確認)
  • 八条ケ池・八条が池

    八条ケ池桜ライトアップ2019/3/29~4/7

    八条ケ池桜ライトアップは京都の春の風物詩です。桜ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。八条ケ池は周囲約1キロの東堤に染井吉野約100本が植えられ、東堤北側の約30本の桜がライトアップされます。桜は八条ケ池の水面に幻想的に映し出されます。なお八条ケ池は江戸時代に造られた灌漑用の溜め池です。
  • 智積院桜

    智積院万灯会2018/4/3

    智積院万灯会は京都の春の風物詩です。万灯会は智山青年連合会が発足60周年記念事業の一環として行います。万灯会では静寂で凛とした境内を美しく彩られた万の灯明で照らし、様々な災害によって犠牲者になった方々の供養と国土安穏、被災地復興を祈願します。柴燈護摩火渡り・大師堂声明法要・明王殿護摩祈祷・万灯会光明三昧法要が行われます。
  • 上賀茂神社

    上賀茂神社土解祭2019/4/3

    上賀茂神社土解祭は京都の春の風物詩です。土解祭は毎年4月3日に行われています。土解祭では春の日差しにより、土地が作付けに適してくる土解の時期に土の災いを祓い、豊穣を祈願する祭礼です。なお土解祭では特殊な卜占(ぼくせん)により、蒔く稲種を決め、お祓いをします。ちなみに稲種は早稲・中稲・晩稲の中から決められます。
  • 青龍会

    清水寺青龍会観音加持2019/4/3

    清水寺青龍会観音加持は京都の春の風物詩です。青龍会観音加持は毎年4月3日に行われています。青龍会観音加持では転法衆・会奉行・夜叉神・四天王・十六善神の神々・龍衆が奥の院・地主神社・音羽の滝・経堂・三重塔・西門・石段下・門前町・仁王門・轟門・本堂の順にお練を行い、人々の安寧を祈願します。青龍は全長約18メートルです。
  • 若王子神社

    若王子神社桜花祭2017/4/2

    桜花祭は京都の春の風物詩です。桜花祭は毎年4月の第1日曜日に行われます。桜花祭では大正琴・詩吟が奉納されます。なお若王子神社の境内裏山には桜花苑があり、陽光桜など約100本の桜があります。
  • 松尾大社例祭

    松尾大社例祭2019/4/2

    松尾大社例祭は京都の春の風物詩です。例祭は毎年4月2日に行われています。例祭は1年の中で最も重要な神事とされています。例祭では先ず本殿で祝詞奏上などの神事が行われ、金剛流社中による謡曲・松の尾や茂山社中による狂言・福の神が奉納されます。なお本殿での神事終了後、参集殿で謡曲や狂言が改めて披露されます。(要確認)
  • 祇園甲部都をどり

    祇園甲部都をどり2015/4/1~

    都をどりは京都の春の風物詩です。都をどりは京都の五花街のひとつである祇園甲部(祇園甲部歌舞会)が毎年4月1日から4月30日まで祇園甲部歌舞練場で行っています。なお都をどりは鴨川をどりと共に五花街の中で最も歴史があります。
  • 祇園甲部都をどり

    祇園甲部都をどり2019/4/1~27

    祇園甲部都をどり2019(都おどり2019)は京都の春の風物詩です。都をどりは京都の五花街のひとつである祇園甲部(祇園甲部歌舞会)が毎年4月1日から4月30日まで祇園甲部歌舞練場で行っています。なお都をどりは1872年(明治5年)京都で初めて開催された博覧会の余興として、鴨川をどりとともに上演されたのが始まりです。

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る