楞厳寺ハス見ごろ2021(7月中旬~8月上旬頃)

楞厳寺ハス見ごろ(例年)・見どころ

楞厳寺ハス見ごろ(時期・イベント・・・)を紹介しています。楞厳寺ではかつての蓮池の隣の水田に大賀ハス・ミセススローカムなど20数種・1千株のハスが植えられ、ピンクや白色などの花を咲かせます。なお楞厳寺は関西花の寺二十五ヵ所の第2番札所に選ばれています。(詳細下記参照)

【楞厳寺 ハス見ごろ(例年)】
楞厳寺のハス見ごろは例年7月中旬頃から8月上旬頃です。なおハスの見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都ハス名所・見ごろ

【楞厳寺ハス見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府綾部市舘町楞巌寺6
最寄り駅・バス停・・・舘(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR綾部駅からあやバス・志賀南北線

スポンサーリンク

【楞厳寺 ハス見ごろ(例年)・簡単解説】
楞厳寺はハス(蓮)の名所です。楞厳寺のハス見ごろは例年7月中旬頃から8月上旬頃です。なお楞厳寺では約100年余り前に檀家が数株のハスを蓮池に植え、その後ハス寺として長年親しまれてきたが、2009年(平成21年)頃に突然1本のハスも蓮池から葉を出さなくなりました。2012年(平成24年)に檀家が蓮池の隣の水田に新たに1千株のハスを植えると翌2013年(平成25年)から花を咲かせるようになりました。
楞厳寺ではかつての蓮池の隣の水田に大賀ハス・ミセススローカムなど20数種・1千株のハスが植えられ、ピンクや白色などの花を咲かせます。ハスの花は早朝に咲き、昼頃には閉じます。なお放生池には睡蓮(スイレン)も咲いています。なお楞厳寺は関西花の寺二十五ヵ所の第2番札所に選ばれ、ハスだけでなく、ミツバツツジ(例年4月中旬~4月下旬頃)・ヒトツバコタゴ(例年5月上旬~5月中旬頃)・咲き分け椿(例年3月中旬~3月下旬頃)も植えられています。
大賀ハスは1951年(昭和26年)に千葉県千葉市検見川にある東京大学検見川厚生農場内の落合遺跡で発掘され、発見者の植物学者・大賀一郎が発芽・開花させました。大賀ハスは約2千年前のものと鑑定された古代ハスです。
ハス(蓮)はインド原産のハス科の多年性水生植物です。ハスは古くに中国から渡来し、食用のレンコン(蓮根)や観賞用のハナハス(花ハス)として、日本各地の池・沼・水田などで栽培されるようになりました。ハスは花托(かたく)の形状が蜂の巣に似ていることから古くは「はちす」と言われていました。ハスの花は蓮華(れんげ)と言われ、その名称は仏教とともに中国から伝来したとも言われています。如来像の台座には蓮華をかたどった蓮華座になっています。ハスは泥水の中から清浄な美しい花を咲かせることから仏の知恵や慈悲の象徴とされています。またハスは泥より出でて、泥に染まらずと称され、清らかさや聖性の象徴ともされています。ちなみに極楽浄土の池には「阿弥陀経(あみだきょう)」によると青・黄・赤・白色の車輪のような大きなハスの花が咲いていると言われているそうです。ハスは夏に水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・ピンク色・白色などの花を咲かせます。ハスの花は径10~25センチ、花弁が20数枚で、芳香があります。なおハスの花は早朝に咲き、昼頃には閉じます。

【楞厳寺 歴史・簡単概要】
楞厳寺(りょうごんじ)・丹波のカラス寺は起源が明確ではありません。楞厳寺は寺伝によると奈良時代中期頃の天平年間(729年~748年)に林聖上人が創建したとも言われています。楞厳寺は当初吉祥院(きちじょういん・きっしょういん)とも称していました。ちなみに楞厳寺の寺号はサンスクリットの「シューランガマ」の音訳「首楞厳(しゅりょうごん)」に由来しています。その後時代の変遷と度々兵火に見舞われ、伽藍の大部分が焼失し、古文書などの多くが散逸しました。歴代住職の記録も失われました。南北朝時代の1349年(正平4年・貞和5年)の敷地紛失状によると1337年(延元2年・建武4年)の兵火で広大な寺領が奪われました。室町幕府初代将軍・足利尊氏(あしかがたかうじ)の執事で、丹波の守護となる北朝方・仁木頼章(にっきよりあき)の軍勢が南朝方の軍勢と戦って楞厳寺が焼失したとも言われています。江戸時代中期の1703年(元禄16年)から1708年(宝永5年)に中興開山・盛長法印が現在の本堂を再建し、50年後の1758年(宝暦8年)に現在の庫裡が建立されました。2002年(平成14年)春に本堂の改築が始まり、2003年(平成15年)秋に完成しました。本堂の格天井には円山應挙直系8代目の日本画家・円山慶祥(まるやまけいしょう)とその弟子・真祥(しんしょう)による花の絵が96面描かれています。なお楞厳寺は本尊として薬師瑠璃光如来を安置しています。
楞厳寺は高野山真言宗の寺院です。
*参考・・・楞厳寺(アクセス・歴史・・・)楞厳寺(アクセス・歴史・・・)

【楞厳寺ハス見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
楞厳寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る