霊山観音桜見ごろ(3月下旬~4月中旬頃)桜名所

霊山観音桜見ごろ

霊山観音桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。。霊山観音には彼岸桜桜(ヒガンザクラ)・山桜・紅枝垂(ベニシダレ)・染井吉野などが植えられ、桜と高さ約24メートルの霊山観音・鏡池・願いの玉・大香炉などの光景が美しいと言われています。彼岸桜は比較的早咲き、山桜は比較的遅咲きになります。(詳細下記参照)

【霊山観音桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
霊山観音の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月中旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【霊山観音桜・霊山観音 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区高台寺下河原町526-2
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約17分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約20分)

スポンサーリンク

【霊山観音桜見ごろ時期・見どころ】
霊山観音はあまり知られていない桜の名所です。霊山観音の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月中旬頃です。霊山観音には彼岸桜(ヒガンザクラ)・山桜(ヤマザクラ)・紅枝垂(ベニシダレ)・染井吉野(ソメイヨシノ)などが植えられ、桜と高さ約24メートルの霊山観音・鏡池(かがみいけ)・願いの玉・大香炉などの光景が美しいと言われています。彼岸桜は比較的早咲き、山桜は比較的遅咲きになります。
霊山観音は高さ約24メートル・重さ約500トンで、鉄骨ショットコンクリート打工法で造られています。霊山観音は顔が約6メートル・眉が約1.1メートル・目が約1メートル・鼻が約1.06メートル・口が約0.9メートルになります。
山桜(ヤマザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木です。山桜は日本国内に10種あるサクラ属の基本野生種の中で代表的な桜です。山桜群には大島桜(オオシマザクラ)・大山桜(オオヤマザクラ)・霞桜(カスミザクラ)・薄重大島(ウスガサネオオシマ)・熊野桜(クマノザクラ)などがあります。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【霊山観音 歴史・簡単概要】
霊山観音(りょうぜんかんのん)は1955年(昭和30年)に実業家で、帝産グループ創設者・石川博資(いしかわひろすけ)が第二次世界大戦(太平洋戦争)の戦没者・戦争犠牲者を追悼・慰霊する為に洛東霊山の麓に建立しました。石川博資は1916年(大正5年)に南米に渡り、中国・東南アジアを巡った後、1934年(昭和9年)に帝国産金鉱業を皮切りに帝産グループを創設しました。高さ約24メートル・重さ約500トンの観音坐像の下にある内陣には本尊・十一面観音(じゅういちめんかんのん)が安置されています。また観音坐像の胎内には十二支の守り本尊も安置されています。子(ね)が千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)、丑寅(うしとら)が虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ)、卯(う)が文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、辰巳(たつみ)が普賢菩薩(ふげんぼさつ)、午(うま)が勢至菩薩(せいしぼさつ)、未申(ひつじさる)が大日如来(だいにちにょらい)、酉(とり)が不動明王(ふどうみょうおう)、戌亥(いぬい)が阿弥陀如来(あみだにょらい)になります。なお霊山観音には世界無名戦士の碑もあり、毎日4回の法要が営まれています。
*参考・・・霊山観音(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ霊山観音(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【霊山観音桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
霊山観音(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る