龍潭寺紅葉見ごろ・時期

龍潭寺紅葉見ごろ

龍潭寺紅葉見ごろ(ライトアップ・イベント・・・)情報を紹介しています。龍潭寺にはカエデ・モミジなどが分布し、紅葉と京都府指定文化財である庭園・山門・袴腰(はかまごし)付きの鐘楼・放生池(蓮池)・弁財天・経堂などの光景が美しいと言われています。なお龍潭寺は亀岡の隠れた紅葉の名所とも言われています。(詳細下記参照)

【龍潭寺紅葉見ごろ 2019年(要確認)】
龍潭寺紅葉は例年11月中旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年の紅葉見ごろ情報は9月上旬頃から情報発信します。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【龍潭寺紅葉・龍潭寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府亀岡市ひえ田野町太田東谷40
最寄り駅・バス停・・・青葉学園前

バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線・並河駅から京阪京都交通バス

スポンサーリンク


【龍潭寺紅葉見ごろ・見どころ】
龍潭寺は紅葉の名所です。龍潭寺は亀岡の隠れた紅葉の名所とも言われています。紅葉は例年11月中旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。龍潭寺にはカエデ・モミジなどが分布し、紅葉と京都府指定文化財である庭園・山門・袴腰(はかまごし)付きの鐘楼・放生池(蓮池)・弁財天・経堂などの光景が美しいと言われています。
庭園は花崗岩山塊(かこうがんさんかい)である行者山の地山の露岩を巧みに利用し、大岩の搬出技術を活かし、護岩石や池中岩島を定置させています。
経堂は天井に龍図が描かれています。ちなみに禅宗の寺院では法堂などの天井に龍図がよく描かれています。龍は仏の教えを助ける八部衆に数えられて水を司る龍神とも言われ、法の雨(仏法の教え)を降らすとも、火災から護るとも言われています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【龍潭寺 歴史・簡単概要】
龍潭寺(りょうたんじ)は室町時代に京都で応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))が起こった際、妙心寺(みょうしんじ)の六祖とも言われる妙心寺9世・雪江宗深(せっこうそうしん・仏日真照禅師(ぶつにちしんしょうぜんじ))が標高約431メートルの行者山山麓に庵を設け、大梅寺(だいばいじ)として創建したのが起源とも言われています。1489年(長享3年)に焼失し、1492年(明応元年)に雪江宗深の弟子で、妙心寺霊雲派の開祖・特芳禅傑(とくほうぜんけつ)が室町幕府管領・丹波国守護で、細川氏第12代当主・細川政元(ほそかわまさもと)の外護によって再建し、龍潭寺に寺号を改めました。特芳禅傑はいずれも雪江宗深の弟子で、龍泉派の開祖・景川宗隆(けいせんそうりゅう)、東海派の開祖・悟渓宗頓(ごけいそうとん)、聖沢派の開祖・東陽英朝(とうようえいちょう)とともに妙心寺四派の開祖になりました。その後高僧が来住したが、戦国時代に織田信長(おだのぶなが)の家臣・明智光秀(あけちみつひで)による丹波攻めの兵火で焼失しました。ちなみに龍潭寺には室町時代の典籍や絵画などが数多く残されているそうです。その後皇室や徳川氏の帰依によって復興しました。龍潭寺は本尊・聖観音菩薩を安置しています。なお龍潭寺は世界遺産である京都市・龍安寺(りょうあんじ)と南丹市・龍興寺(りょうこうじ)とともに臨済宗妙心寺派の京都三龍寺とも言われています。
龍潭寺は臨済宗妙心寺派の寺院です。
*参考・・・龍潭寺(アクセス・歴史・・・)龍潭寺(アクセス・歴史・・・)

【龍潭寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
龍潭寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る