清凉寺嵯峨大念仏狂言2020/4/5・11・12(日程・時間・・・)

嵯峨大念仏狂言

清凉寺嵯峨大念仏狂言

清凉寺嵯峨大念仏狂言(日程・時間・・・)を紹介しています。嵯峨大念仏狂言は毎年4月の第1日曜日・第2土曜日・第2日曜日に行われています。嵯峨大念仏狂言の春季公演では1日目の最初の演目は花盗人(はなぬすっと)、3日目の最後の演目は餓鬼角力(がきすもう)が演じられるのが定番になっています。(要確認)京都三大念仏狂言に数えられています。(詳細下記参照)

【清凉寺嵯峨大念仏狂言2020 日程時間(要確認)】
清凉寺嵯峨大念仏狂言2020は2020年(令和2年)4月5日(日曜日)・11日(土曜日)・12日(日曜日)13:30・14:30・15:30から行われます。(現在確認中・要注意)

【清凉寺嵯峨大念仏狂言 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
最寄り駅・バス停・・・嵯峨釈迦堂前(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から清凉寺は28系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは91系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約15分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【清凉寺嵯峨大念仏狂言2019 演目(要確認)】
4月7日・・・花盗人・釈迦如来・舟弁慶
4月13日・・・愛宕詣・大黒狩・羅生門
4月14日・・・とろろ・橋弁慶・餓鬼角力

【清凉寺嵯峨大念仏狂言 歴史・簡単概要】
清凉寺嵯峨大念仏狂言(さがだいねんぶつきょうげん)は平安時代後期に良忍上人(りょうにんしょうにん)が始めた融通念仏と融通念仏を集団で唱えた大念仏会(だいねんぶつえ)に由来しています。嵯峨大念仏狂言は鎌倉時代の1279年(弘安2年)に円覚上人(えんがくしょうにん)が遊戯即念仏を広める為に始めたと言われています。嵯峨大念仏狂言は後継者養成の問題の為、1964年(昭和39年)から一時中断したが、1975年(昭和50年)に復活しました。現在嵯峨大念仏狂言は嵯峨大念仏狂言保存会が演じています。なお嵯峨大念仏狂言は国の重要無形民俗文化財です。嵯峨大念仏狂言はゑんま堂大念仏狂言(千本ゑんま堂大念仏狂言)・壬生大念仏狂言(壬生狂言)と合わせて、京都三大念仏狂言に数えられています。
嵯峨大念仏狂言の春季公演では1日目の最初の演目は花盗人(はなぬすっと)、 3日目の最後の演目は餓鬼角力(がきすもう)が演じられるのが定番になっているそうです。(要確認)
花盗人は旦那と供の二人が花を眺め、花を切って持ち帰ろうとするが、花を泥棒に盗られます。そこで旦那は供に縄を作らせ、泥棒を縄で捕まえようとするが、供が旦那を誤って捕まえ、泥棒を逃がします。旦那は怒り、横槌を振り上げ、供を追い掛けます。
餓鬼角力は閻魔大王と鬼三匹(赤鬼・黄鬼・黒鬼)が地蔵と餓鬼三匹と角力(すもう)を取り、最後に閻魔大王と地蔵が角力を取って地蔵が勝ち、「明年じゃ 豊年じゃ」と大声で唱えながら踊ります。
嵯峨大念仏狂言は壬生大念仏狂言と同じ、演者が面を着ける仮面劇で、台詞がない無言劇(仏教パントマイム)です。嵯峨大念仏狂言の演目は能風のカタモンと狂言風のヤワラカモンがあります。カタモンには土蜘蛛・羅生門・大江山・熊坂・橋弁慶・舟弁慶・大仏供養・道成寺・紅葉狩・夜討曾我・百萬など12演目、ヤワラカモンには花盗人・愛宕詣・釈迦如来・とろろ・縛り坊主・大黒狩・大原女・蟹殿・餓鬼角力など12演目あり、全体では合計24演目あります。
清凉寺見どころ

【清凉寺・嵯峨釈迦堂 歴史・簡単概要】
清凉寺(せいりょうじ)・嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)は第52代・嵯峨天皇の皇子で、光源氏のモデルとも言われている左大臣・源融(みなもとのとおる)の山荘・棲霞観(せいかかん)があった場所です。清凉寺は源融の一周忌である896年(寛平8年)に子息が弥陀三尊像を造仏して阿弥陀堂に安置し、棲霞寺(せいかじ)と号したのが起源とも、945年(天慶8年)に重明親王妃(しげあきらしんのうひ)が新堂を建立し、等身大の釈迦像を安置したのが起源とも言われています。その後987年(永延元年)に奝然上人(ちょうねんしょうにん)が愛宕山を中国の五台山に模し、「三国伝来の釈迦像」を安置する大清凉寺を建立しようとしたが、途中で亡くなり、弟子・盛算(じょうさん)が遺志を受け継ぎ、棲霞寺内に釈迦堂を建立しました。1279年(弘安2年)に円覚(十万)上人の大念仏(融通念仏)が伝わったとも言われています。その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失したが、1481年(文明13年)に再興され、1602年(慶長7年)には関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼の寄進によって釈迦堂(本堂)が再建されました。しかしその後も嵯峨の大火や大地震に見舞われ、1701年(元禄14年)に江戸幕府5代将軍・徳川綱吉や生母・桂昌院(けいしょういん)らの発願によって本堂が再建されました。
清凉寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・清凉寺・嵯峨釈迦堂(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ清凉寺・嵯峨釈迦堂(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【清凉寺嵯峨大念仏狂言 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
清凉寺・嵯峨釈迦堂(アクセス・見どころ・・・)情報
京都4月のイベント・行事

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る