西向寺桜見ごろ2023(3月下旬~4月上旬頃)

西向寺桜見ごろ(見頃)

西向寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。西向寺では山門前の参道脇にソメイヨシノが植えられ、桜と参道・石柱・山門などの光景が美しいと言われています。境内には京の三板碑に数えられる地蔵菩薩板石塔婆(爪彫地蔵)があり、許されるのであればお参りするのもいいかもしれません。(詳細下記参照)

【西向寺桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
西向寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【西向寺桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市北区紫野東蓮台野町107
最寄り駅・バス停・・・仏教大学前(徒歩約1分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*北大路バスターミナルから西向寺は1系統、北1系統、北8系統
*四条河原町からは46系統
*四条烏丸からは46系統
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【西向寺 桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
西向寺はあまり知られていない桜の名所です。西向寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
西向寺では山門前の参道脇にソメイヨシノ(染井吉野)が植えられ、桜と参道・石柱・山門などの光景が美しいと言われています。山門前からが撮影スポットになります。ちなみに境内には南北朝時代の1391年(明徳2年)に造られ、京の三板碑に数えられる地蔵菩薩板石塔婆(爪彫地蔵)があり、許されるのであればお参りするのもいいかもしれません。また境内にはツバキ(椿)なども植えられ、桜と一緒に楽しめる場合もあります。
ソメイヨシノは江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、染井村からソメイヨシノと言われるようになりました。
山門は三門のことです。一般的に三門は一切は空と悟る空門・一切の執着を離れた無相門・一切の願求の念を捨てる無願門の三境地を経て、仏国土に至る門・三解脱門のことです。山門は元々山上に建てられた門のことを言っていたが、現在は平地に建てられた門のことも言います。
参道は神社・寺院に参詣する為に造られた道です。参道には玉砂利が敷かれ、灯籠・常夜灯・鳥居・門などが建立され、周囲に鳥居前町・門前町などが形成されることもあります。神社の鳥居や寺院の山門などの結界内を参道という場合があります。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【西向寺 歴史・簡単概要】
西向寺(さいこうじ)は江戸時代前期の寛永年間(1624年~1644年)に清誉浄顕上人(せいよじょうけんしょうにん)が小草庵・西向庵を結び、教えを広める念仏弘通(ねんぶつぐづう)の道場としたのが起源です。その後江戸時代中期の1752年(宝暦2年)に西向寺6世・俊龍(しゅんりゅう)が現在の伽藍を再建しました。明治維新後の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって廃寺になった上賀茂神社の別所・西念寺(さいねんじ)から阿弥陀如来(あみだにょらい)像・地蔵菩薩(じぞうぼさつ)板石塔婆(爪彫地蔵(つめぼりじぞう))が移されました。1882年(明治15年)に知恩院(ちおいん)から寺号を得て寺号を西向寺に改めました。なお西念寺は僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が創建したと言われています。なお西向寺は本堂に本尊・阿弥陀如来を安置しています。
西向寺は浄土宗知恩院派の寺院です。

【西向寺桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
西向寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る