西翁院

西翁院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)西翁院の茶室・淀看席(よどみのせき・澱看席)は茶室南面の窓から淀川が見えたことに由来しています。ただかつては本坊・金戒光明寺の山号に因んで紫雲庵(しうんあん)とも、反古庵(ほろぐあん・ほうぐあん)とも言われていたそうです。

【西翁院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区黒谷町33
最寄り駅・バス停・・・岡崎神社前(徒歩約8分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から西翁院は100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは32系統、203系統
*四条烏丸からは32系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【西翁院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【西翁院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【西翁院 歴史・簡単概要】
西翁院(さいおういん)・よどみの寺は安土・桃山時代に茶人・藤村庸軒(ふじむらようけん)の祖父・藤村源兵衛が明蓮社光誉清玄上人を開山として、創建した言われています。西翁院の名称は源兵衛の法名「西翁院宗徳居士」に由来しています。なお金戒光明寺は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が初めて置いた草庵が起源です。
西翁院は浄土宗大本山・金戒光明寺の塔頭です。

【西翁院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
西翁院の見どころは重要文化財である茶室・淀看席(澱看席)です。ちなみに点前座と客座は道安囲(どうあんがこい)または宗貞囲(そうていかこい)と言われる壁で仕切られています。ちなみに道安囲は千利休の長男・道安、宗貞囲は茶人・笹屋宗貞に由来するそうです。

重要文化財・・・茶室

【西翁院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-771-3134

【西翁院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【西翁院 おすすめ散策ルート】
西翁院からのおすすめ散策ルートは金戒光明寺を経由し、東にある哲学の道を北に行き、銀閣寺(東山慈照寺)に向かうルートです。30分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら世界遺産である銀閣寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルートの周辺には若王子神社・霊鑑寺・安楽寺・浄土寺・法然院もあり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る