カテゴリー:前祭山鉾

  • 蟷螂山

    蟷螂山

    蟷螂山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。蟷螂山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。蟷螂山は祇園祭の山鉾の中で、唯一蟷螂(カマキリ)の頭・鎌・羽の部分や御所車の車輪がカラクリ仕掛けで動きます。
  • 白楽天山

    白楽天山

    白楽天山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。白楽天山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。白楽天山は祇園祭の鉾を除いた山の中で一番高いとも言われている真松(松の木)を建てて巡行します。
  • 太子山

    太子山

    太子山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。太子山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。太子山は願い事が記された絵馬をのせて巡行し、願い事が成就するように祈念します。なお太子山の真木は松ではなく、杉を立てています。
  • 木賊山

    木賊山

    木賊山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。木賊山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。なお木賊山は木賊山の由来から祇園祭としては珍しい迷子除けのご利益があるとされています。また迷子のお守りも授与されています。
  • 油天神山

    油天神山

    油天神山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。油天神山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。なお油天神山の真松(松の木)には天神さん(菅原道真・すがわらのみちざね)がこよなく愛した紅梅の枝を立て、鈴を付けています。
  • 芦刈山

    芦刈山

    芦刈山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。芦刈山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。なお芦刈山の御神体のかつての衣装・綾地締切蝶牡丹文片身替小袖には1589年(天正17年)の銘があり、山鉾最古の衣装と言われているそうです。
  • 伯牙山

    伯牙山

    伯牙山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。伯牙山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。なお伯牙山は御神体が手に斧を持ち、今にも琴を壊そうとしていることから1871年(明治4年)に改名されるまでは琴破山(ことわりやま)と言われていました。
  • 郭巨山

    郭巨山

    郭巨山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。郭巨山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。なお郭巨山は他の舁山が1963年(昭和38年)から車輪を付け始めたが、最後まで舁山にこだわり、車輪を付けたのは1966年(昭和41年)からだったそうです。
  • 霰天神山

    霰天神山

    霰天神山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。霰天神山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。霰天神山の粽(ちまき)には霰(あられ)とともに降ってきた天神さん(菅原道真)がこよなく愛した梅花(梅の花)が付けられています。
  • 山伏山

    山伏山

    山伏山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。山伏山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。なお山伏山には7月15日に聖護院門跡の山伏が参詣します。また八坂神社の神職による清祓いと六角堂(頂法寺・ちょうほうじ)の僧侶による法印も行われます。
  • 占出山

    占出山

    占出山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。占出山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。占出山ゆかりの神功皇后(じんぐうこうごう)は古くから安産の神とされ、占出山のくじ取り式での順番が早い年にはお産が軽く済むとも言われていたそうです。
  • 孟宗山

    孟宗山

    孟宗山(祇園祭前祭)情報を紹介しています。孟宗山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭前祭(7月17日)で巡行します。孟宗山は雪の中から筍(たけのこ)を掘り当てた古事が由来になっていることから夏場に関わらず、真松(松の木)には雪を模した綿が付けられています。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る