京都桜名所100選(御室桜(仁和寺)・醍醐寺・嵐山・・・)

嵐山

京都桜名所100選

京都桜名所100選(日本さくら名所100選)を紹介しています。京都には桜の名所とされる寺院・神社などがたくさんあります。その名所の内、日本全国の桜名所をピックアップした「日本さくら名所100選」の中には御室桜(仁和寺)・醍醐寺・嵐山・笠置山自然公園(相楽郡笠置町)の4箇所が選ばれています。

【京都桜名所100選 桜開花・満開予想】
●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。(順次情報更新中)

【京都桜名所100選 マップ・地図】

【京都桜名所100選 基礎知識】
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開(桜の見ごろ)になるとも言われています。また桜は地域によって若干差があるが、開花してから5日から1週間ほどで満開(桜の見ごろ)になるとも言われています。なお京都市内では桜の標準木が二条城内にあり、桜が5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。ちなみに京都では桜は例年3月27日頃に開花し、4月7日頃に満開(桜の見ごろ)になります。(2010年までの過去30年平均)

スポンサーリンク


【京都桜名所100選 御室桜(仁和寺)】
仁和寺は平安時代から桜の名所で、957年(天徳元年)には仁和寺桜会が行われました。また江戸時代には儒学者・貝原益軒が京城勝覧の中で、御室桜は「洛中洛外にて第一とす」と絶賛しています。御室桜(おむろざくら)は宇多天皇が落髪して仁和寺に入寺して寺内に僧房・御室(御座所)を設けて住み、御室御所とも言われるようになったことに由来しています。
桜の見頃・・・4月中旬頃(遅咲き)
桜の本数・・・御室有明など約500本
仁和寺・京都桜名所100選

【京都桜名所100選 醍醐寺】
醍醐寺は平安時代から桜の名所で、平安時代末期に下醍醐・清滝社で清滝権現を祀る法要(清滝会)が桜の花見の起源とも言われています。また1598年(慶長3年)3月15日関白・豊臣秀吉が醍醐の花見を催し、普段女人禁制の山に北政所・淀殿、そして豊臣秀頼・諸大名など約1,300人が参加したとも言われています。ちなみに醍醐寺では醍醐の花見に因んで、例年豊太閤花見行列が行われています。
桜の見頃・・・4月上旬頃
桜の本数・・・枝垂桜・山桜・染井吉野など約1,000本
醍醐寺・京都桜名所100選
豊太閤花見行列・醍醐寺

【京都桜名所100選 嵐山】
嵐山は鎌倉時代に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇)・亀山上皇(第90代・亀山天皇)が桜の名所で、「日本さくら名所100選」に選ばれている奈良・吉野山から山桜を移植したと言われています。ちなみに吉野山の下千本には嵐山と言われる山があり、その周辺の桜は嵐山の桜と言われ、京都・嵐山も下千本の嵐山に因んで名付けられてと言われているそうです。
桜の見頃・・・3月下旬頃~4月上旬頃
桜の本数・・・染井吉野・山桜・八重桜・枝垂桜など約1500本
嵐山・京都桜名所100選

【京都桜名所100選 笠置山自然公園】
笠置山自然公園は桜の名所で、標高289メートルの笠置山の麓を流れる木津川河川敷沿いに染井吉野・山桜が咲きます。なお笠置山は古くからの修験道の道場とされ、弥勒大磨崖仏などの史跡が点在しています。笠置山自然公園は1932年(昭和7年)に史跡・名勝に指定され、1964年(昭和39年)に府立自然公園になりました。
桜の見頃・・・3月下旬頃~4月上旬頃
桜の本数・・・染井吉野・山桜など約3000本
笠置山自然公園・京都桜名所100選
木津川畔の桜・京都桜名所100選

【京都桜名所100選 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都桜見ごろ2020
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る