積善院(アクセス・見どころ・歴史・・・)

積善院

積善院

積善院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)積善院の五大力尊法要では秘仏・五大力菩薩が一日だけ開帳されます。なお五大力とは三宝(仏・法・僧)と国土を守護する五人の菩薩・金剛吼(こんごうく)・竜王吼(りゅうおうく)・無畏十力吼(むいじゅうりきく)・雷電吼(らいで んく)・無量力吼(むりょうりきく)を言います。

【積善院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区聖護院中町14
最寄り駅・バス停・・・熊野神社前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは31系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは31系統、201系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約8分)

【積善院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30
年中無休

【積善院 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【積善院 歴史・簡単概要】
積善院(せきぜんいん)・五大力さん(ごだいりきさん)は鎌倉時代の1200年(正治2年)頃に熊野神社(くまのじんじゃ)の北西に創建されたと言われています。積善院は聖護院(しょうごいん)が行う山伏の統括事務を代行する院家(いんげ)で、稱ノ坊(なぎのぼう)と称したと言われています。その後1868年(明治元年)に準提堂(じゅんていどう)と合寺し、1899年(明治32年)に祟徳田から崇徳院地蔵(すとくいんじぞう)と言われる人喰い地蔵が移され、1914年(大正3年)に準提堂の建物が移され、積善院凖提堂とも言われるようになりました。積善院は本尊・不動明王を安置しています。なお聖護院は1090年(寛治4年)に白河上皇(第72代・白河天皇)が熊野三山を参詣する熊野御幸の際、先達を務めた増誉大僧正が寺院を賜り、聖体護持の二字から聖護院としたのが起源と言われています。
積善院は聖護院の塔頭です。
*参考・・・積善院

【積善院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
積善院の見どころは地蔵堂に安置されている地蔵尊「人喰い地蔵」です。1156年(保元元年)の保元の乱(ほうげんのらん)で讃岐に流され、非業の死を遂げた第75代・崇徳天皇の霊を鎮める為に庶民が安置したと言われています。

【積善院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-761-0541

【積善院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【積善院 おすすめ散策ルート】
積善院からのおすすめ散策ルートは南にある平安神宮に向かうルートです。10分ほど散策すれば、平安神宮に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお平安神宮周辺には国立近代美術館・市立美術館・市立動物園・岡崎疏水があり、それらを散策するのもいいかもしれません。特に岡崎疏水は桜の名所の為、桜が咲く季節はおすすめです。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る