下鴨神社橋殿・下鴨神社見どころ(修学旅行)

下鴨神社橋殿

●下鴨神社橋殿は1901年(明治34年)8月2日に国の重要文化財に指定されました。
●下鴨神社橋殿は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。その後式年造営(21年に1度)ごとに解体・修理が行われました。下鴨神社橋殿は古くは御戸代会神事(みとしろえしんじ)・奏楽(そうがく)・里神楽(さとかぐら)・倭舞(やまとまい)が行われていました。また天皇の行幸(ぎょうこう)や上皇・法皇・女院の御幸(ごこう)の際に公卿(くぎょう)・殿上人(てんじょうびと)の控え所と定められていました。現在、御蔭祭(みかげまつり)の際に御神宝が奉安されたり、名月管絃祭(めいげつかんげんさい)などの際に神事芸能が奉納されたりしています。
一般的に橋殿は川・谷・池などの上に橋のように架け渡して造営された社殿です。
御戸代会神事は神領地・御戸代田(みとしろだ)で稲の植え付けが終わった際に行われた神事です。
奏楽は音楽を演奏することです。
里神楽は神社など民間で行われる神楽です。ちなみに宮中で行われる神楽は御神楽(みかぐら)です。神楽は神社の祭礼などの神事の際、神に奉納する歌舞です。神楽は天照大神(あまてらすおおかみ)が天の岩戸に隠れた際、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が舞ったのが起源とも言われています。
倭舞(大和舞)は雅楽の一種で、即位の大礼などで用いられます。倭舞は拝礼を舞踊化し、大和歌に合わせて舞います。雅楽は日本古来の音楽・舞に中国など大陸から伝わった音楽・舞が融合し、10世紀頃に完成したと言われています。雅楽は神楽(かぐら)・久米舞(くめまい)など日本固有の国風の歌舞(くにぶりのうたまい)・中国系の唐楽・朝鮮系の高麗楽などに分類されます。
●下鴨神社橋殿は桁行四間・梁間三間で、入母屋造の檜皮葺です。
入母屋造は切妻造と寄棟造を組み合わせた屋根の形式です。寄棟造の屋根の上に切妻造の屋根を載せた形で、切妻造の四方に庇(ひさし)がついています。京都御所の紫宸殿(ししんでん)のように切妻と寄棟の角度が一続きでないものは錣屋根(しころやね)とも言われています。日本では古くから切妻造は寄棟造よりも格式が上とも言われ、それらの組み合わせた入母屋造は最も格式が高いとも言われています。入母屋造は法隆寺(ほうりゅうじ)の金堂・唐招提寺(とうしょうだいじ)の講堂に採用されています。
檜皮葺は屋根葺手法の一形式です。檜皮葺では檜(ひのき)の樹皮を用いて屋根を葺きます。檜皮葺は日本以外では見られない日本古来の手法です。檜皮葺は飛鳥時代の668年(天智天皇7年)に滋賀県大津市の廃寺・崇福寺(すうふくじ)の諸堂が檜皮で葺かれた記録が最古の記録です。
下鴨神社見どころ

ページ上部へ戻る