下鴨神社西本殿・下鴨神社見どころ

下鴨神社西本殿

●下鴨神社西本殿は1901年(明治34年)8月2日に国の重要文化財、1953年(昭和28年)3月31日に国宝に指定されました。
●下鴨神社西本殿は江戸時代末期の1863年(文久3年)の式年造営(21年に1度)で建て替えられました。西本殿は三間社流造の檜皮葺です。
下鴨神社では紀元前90年(崇神天皇7年)に周囲に設けた瑞垣(みずがき)の修造の記録があり、それ以前から社殿が造営されていたとも言われています。社殿は奈良時代(710年~794年)以前に何度も造替された記録があり、飛鳥時代の677年(白鳳6年)に山背国司に命じられて造営が行われ、板葺(いたぶき)・茅葺(かやぶき)から檜皮葺(ひわだぶき)・瓦葺(かわらぶき)に変えられました。平安時代中期頃、史書「百錬抄(ひゃくれんしょう)・鎌倉時代後期の13世紀末頃成立」に「鴨社正遷宮也、当社廿年一度・・・定例也」と記され、1036年(長元9年)を第1回として21年一度の式年遷宮(式年造営)の制度が確立しました。しかし戦乱・飢饉・災害などにより、30年、50年に及ぶこともありました。かつての式年遷宮では造替が行われていたが、現在は修復のみが行われています。
流造は神社建築の一形式です。流造は正面入口にあたる屋根の一方(前流れ)が長く延びた形式です。流造は伊勢神宮(いせじんぐう)に代表される神明造(しんめいづくり)から発展し、奈良時代末期から平安時代に成立し、全国に広がりました。流造では上賀茂神社(かみがもじんじゃ)・下鴨神社(しもがもじんじゃ)がよく知られています。流造では正面(桁行)の柱間が1間(柱2本)の場合には一間社流造、3間(柱4本)の場合には三間社流造、5間(柱6本)の場合には五間社流造になります。
檜皮葺は屋根葺手法の一形式です。檜皮葺では檜(ひのき)の樹皮を用いて屋根を葺きます。檜皮葺は日本以外では見られない日本古来の手法です。檜皮葺は飛鳥時代の668年(天智天皇7年)に滋賀県大津市の廃寺・崇福寺(すうふくじ)の諸堂が檜皮で葺かれた記録が最古の記録です。
●下鴨神社西本殿は賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を祀っています。賀茂建角身命は西本殿に祀られている玉依姫命(たまよりひめのみこと)の父になります。賀茂建角身命は古代に京都を拓いた神とされ、山城国一宮・賀茂社として京都の守護神として祀られました。平安京が造営され際に成功の祈願が行われ、その後国民の平安を祈願する神社と定められました。賀茂建角身命は農耕を広め、民生の安定に務めたことから世界平和・五穀豊穣・殖産興業・身体病難解除の神とされました。また日本最古の歴史書「古事記」・日本最古の正史「日本書紀」には初代・神武天皇による日本建国を導いた金鵄八咫烏(きんしやたからす)と記され、導きの神・勝利の神・方除け厄除けなどの神ともされています。
賀茂建角身命は「山城国風土記(やましろこくふうどき)」によると宮崎・日向(ひむか)の曽の峯(そのみね)に天降(あまくだ)り、初代・神武天皇を先導して大和(やまと)の葛城山(かつらぎさん)に宿り、その後京都・山城の岡田の賀茂から川沿いに賀茂川(鴨川)に至り、上流を遠望して大宮森(上賀茂神社西方)に鎮座したとも言われています。
下鴨神社見どころ

ページ上部へ戻る