正法寺桜見ごろ(4月上旬~中旬頃)・桜名所

正法寺桜見ごろ

正法寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。正法寺は朱塗りの極楽橋から本堂に続く参道や宝生殿の前庭・宝生苑などに樹齢約80年の枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と宝生苑・遍照塔・芝桜などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに正法寺は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。(詳細下記参照)

【正法寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
正法寺の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【正法寺桜・正法寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区大原野南春日町1102
最寄り駅・バス停・・・南春日町(徒歩約10分)

阪急バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*阪急電鉄京都本線・東向日駅からは南春日町行き
*JR・向日町駅からは南春日町行き
阪急バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【正法寺桜見ごろ時期・見どころ】
正法寺は桜の名所です。正法寺の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。正法寺は社家川に架かる朱塗りの極楽橋から本堂に続く参道や宝生殿(ほうしょうでん)の前庭・宝生苑(ほうしょうえん)などに樹齢約80年の枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と宝生苑・遍照塔(へんじょうとう)・芝桜などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに正法寺は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。
宝生殿の前庭・宝生苑は宝生殿の畳に座って眺めると庭石がカエル・モグラ・オウム・ウサギ・ふくカエル・カメ・イヌ・獅子・子獅子・フクロウ・ヘビ・リス・ゾウ・ヒツジ・ペンギン・浜千鳥の15種類の動物に見えることから鳥獣の石庭とも言われています。なお宝生苑は面積約1万7,000平方メートルで、東山連峰を借景にし、池・観音滝などもあります。
遍照塔は1908年(明治44年)に高台寺(こうだいじ)に建立され、2007年(平成19年)に移されました。なお遍照塔は六角二重塔のチタン葺きです。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【正法寺 歴史・簡単概要】
正法寺(しょうぼうじ)・石の寺は754年(天平勝宝6年)に唐(中国)から日本に渡来した律宗の開祖である奈良・唐招提寺(とうしょうだいじ)の鑑真和上(かんじんわじょう)の高弟・智威大徳(ちいだいとく)が隠世(かくりよ)し、春日禅房と称したのが起源と言われています。その後延暦年間(782年~806年)に天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が寺院を建立して大原寺と称し、弘仁年間(810年~824年)には真言宗の宗祖である弘法大師・空海が入寺し、厄除けの為に自ら本尊・三面千手観世音菩薩立像を刻んだとも言われています。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、1615年(元和元年)に恵雲律師・徴円律師によって再興されました。元禄年間(1688年~1704年)に江戸幕府5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院(けいしょういん)の帰依を受けて、徳川家の祈願所になりました。なお正法寺は古くから西山のお大師さまとして信仰されています。
正法寺は真言宗東寺派の寺院です。
*参考・・・正法寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ正法寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【正法寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
正法寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る