田中神社

田中神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)田中神社には伝承が残されています。田中神社は天正年間に洪水によって流され、鴨川と桂川の合流点近くの現在の場所に流れ着いたが、社殿は無傷だったことからその奇蹟を喜んだ村人が境内を整備し、盛大な祭祀を行ったというものです。

【田中神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区横大路天王後51
最寄り駅・バス停・・・横大路(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*中書島からは22系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【田中神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【田中神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【田中神社 歴史・簡単概要】
田中神社(たなかじんじゃ)は治暦年間に八坂神社(祇園感神院)から神霊を勧請して鳥羽里田中に祀り、牛頭天王田中神社と言われました。その後天正年間に洪水によって現在の場所に移されました。1816年(文化13年)に現在の本殿が建てられ、1872年(明治5年)に北向虫八幡宮が移され、1996年(平成8年)に拝殿が再建されました。なお八坂神社(やさかじんじゃ)は656年(斉明天皇2年)高麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎して創建したのが起源とも、876年(貞観18年)南都の僧・円如が建立して堂に薬師千手等の像を奉安したのが起源とも言われています。

【田中神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】

【田中神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-611-5613

【田中神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【田中神社 おすすめ散策ルート】
田中神社からのおすすめ散策ルートは北にある城南宮に向かうルートです。30分ほど散策すれば、城南宮に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお田中神社は市街地から少し離れ、周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る