天道神社例大祭2018/11/3

天道神社例大祭

例大祭は京都の秋の風物詩です。例大祭は毎年11月3日に行われています。例大祭は1年の内で、最も重要な神事です。例大祭では神事終了後に剣鉾・神輿・こども神輿・獅子舞などが氏子地区を巡行します。四条大宮交差点のロータリーでは神輿の差し上げ3回まわしが行われます。なお前日の11月2日には夕方から宵宮祭も行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【例大祭2018 日程時間(要確認)】
例大祭2018は2018年(平成30年)11月3日(土曜日)12:30から行われます。13:30からは神輿が巡行します。なお11月2日に宵宮祭も行われます。(現在確認中・要注意)

【例大祭・天道神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区仏光寺通猪熊西北角615
最寄り駅・バス停・・・四条大宮(徒歩約5分)、四条堀川(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から天道神社は26系統(D3乗り場)、28系統(D3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは46系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは11系統、32系統、91系統
*河原町丸太町からは3系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【例大祭 歴史・簡単概要】
天道神社例大祭(れいたいさい)は1年の内で、最も重要な神事です。なお例大祭では前日の夜には宵宮祭も行われます。(要確認)
例大祭では先ず神事が行われます。その後剣鉾(けんぼこ)・神輿・こども神輿・獅子舞などが氏子地区を巡行します。四条大宮交差点の南東にあるロータリーでは神輿の差し上げ3回まわしが行われたりします。
例大祭は俗称で、正式には大祭式例祭(たいさいしきれいさい)と言います。例祭は神社が毎年行う祭礼の内、最も重要な祭礼とされています。例祭は1年に1回行われることが多いが、神社によっては春・秋など1年に2回行われこともあります。

【天道神社 歴史・簡単概要】
天道神社(てんどうじんじゃ)は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、長岡京から三条坊院東洞院に勧請したのが起源です。天道神社は当初一町四方に及ぶ境内を有していたが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火や火災などにより、度々焼失しました。1574年(天正2年)織田信長が現在の場所に移したが、1788年(天明8年)の天明の大火でも焼失し、その後再建されました。なお天道神社は伊勢神宮の天照大神(あまてらすおおかみ)・正八幡大神(せいはちまんおおかみ)・春日大明神(かすがおおかみ)を祀り、境内には天道天満宮・約束稲荷神社・祇園八坂神社・弁財天厳島神社や明治天皇の皇后・昭憲皇太后の御胞衣塚があります。
*参考・・・天道神社

【例大祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
天道神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…
  2. 祇園白川ライトアップ
    祇園白川桜ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。桜ライトアップは3月下旬頃から4月上…
  3. 清水寺
    清水寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。清水寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎え…
  4. 岡崎疏水桜ライトアップ
    岡崎疏水ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。岡崎疏水ライトアップは毎年桜が見ごろを…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る