東北院(アクセス・見どころ・歴史・・・)

東北院

東北院(アクセス・見どころ・歴史概要・御朱印・・・)情報を紹介。 (2014年末から未更新の場合あり)東北院の本尊・弁財天は伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄作と言われています。782年(延暦元年)桓武天皇の鎮護国家の守護神についての問いに最澄が大弁財天と答えたことから勅によってを彫られ、禁裏の北東に祀ったと言われています。

【東北院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区吉田神楽岡町
最寄り駅・バス停・・・錦林車庫前(徒歩約8分)、真如堂前(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)、17系統(A2乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統、17系統、32系統、203系統
*四条烏丸からは5系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【東北院 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【東北院 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
不明

スポンサーリンク

【東北院 歴史・簡単概要】
東北院(とうほくいん)は平安時代中期の1030年(長元3年)に太政大臣・藤原道長(ふじわらのみちなが)の娘で、第66代・一条天皇の皇后(中宮)・上東門院(じょうとうもんいん・藤原彰子(ふじわらのしょうし))の発願により、藤原道長が創建した法成寺(ほうじょうじ)内に常行三昧堂(じょうぎょうざんまいどう)を建立したのが起源です。東北院の寺号は法成寺の東北に位置していることと上東門院の母で、藤原道長の正室・源倫子(みなもとのりんし)が建立した常行三昧堂が法成寺の西北に位置し、西北院と言われたことに由来しています。その後上東門院が居住したが、1058年(天喜6年)の火災によって法成寺とともに焼失し、法成寺北側の土地に移って再建されました。しかしその後の火災や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって廃寺同然になったと言われています。1559年(永禄2年)に時宗の僧・弥阿が残された弁才天を本尊として時宗に改めたが、その後も度々焼失し、1692年(元禄5年)の火災後に真如堂( しんにょどう・真正極楽寺(しんしょうごくらくじ))などとともに現在の場所に移りました。
東北院は時宗の寺院です。
*参考・・・東北院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【東北院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
東北院の見どころは本尊・弁財天です。弁財天は伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄作とも言われています。ちなみに境内には弁財天守護の水とされ、悪鬼邪魅の災いを祓うという雲水があります。なお東北院は梅の名所で見どころです。
京都梅名所・見頃

【東北院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・不明

【東北院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【東北院 おすすめ散策ルート】
東北院からのおすすめ散策ルートは東にある哲学の道を北に向かって、銀閣寺(東山慈照寺)に向かうルートです。20分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら世界遺産である銀閣寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお銀閣寺とは逆に哲学の道を南に向かうと永観堂(禅林寺)・南禅寺があり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る