蟷螂山(ちまき販売・・・)学問成就・招福除災

蟷螂山

蟷螂山(読み方:とうろうやま)

蟷螂山(ちまき販売・ご利益・マップ)を紹介しています。蟷螂山ちまき販売は例年7月13日から16日です。(要確認)13日(13:00~16:00)・14~16日(10:00~21:00)ただ売り切れあり。なお蟷螂山ちまきのご利益は学問成就・招福除災です。

【祇園祭ちまき販売(前祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(前祭)は例年7月14日~16日です。一部の山鉾町では7月13日から始まります。
祇園祭ちまき販売(前祭)2023
●祇園祭の主要行事の日程を確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【蟷螂山 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区西洞院通四条上る蟷螂町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)by グーグルマップ

【蟷螂山 ちまきなどの授与品】
蟷螂付きちまき(粽)・手拭・扇子・Tシャツ・コースターなど

【蟷螂山 搭乗(要確認)】

【蟷螂山 ご利益】
学問成就・招福除災

スポンサーリンク

【蟷螂山 歴史・簡単概要】
蟷螂山(読み方:とうろうやま)は南北朝時代の1376年(天授2年・永和2年)に渡来人で、ういろうを作った外郎家の祖先・陳大年(ちんたいねん・陳外郎大年宗奇(ちんういろうたいねんそうき))が同じ蟷螂町に住んでいた公卿(くぎょう)・四條隆資(しじょうたかすけ)の室町幕府2代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)軍への戦いぶりを「蟷螂の斧(とうろうのおの)」の故事にたとえて、四条家の御所車に蟷螂を乗せて巡行したのが起源とも言われています。四条隆資は南北朝時代に近衛経忠(このえつねただ)・洞院実世(とういんさねよ)とともに南朝側で活躍したが、1352年(正平7年・観応3年)に第97代・後村上天皇(ごむらかみてんのう)を守る為に室町幕府第2代将軍・足利義詮軍と戦って戦死しました。その戦いは力のない者が強い者に立ち向かう「蟷螂の斧」のようであったとも言われています。「蟷螂の斧」は車に惹かれそうなカマキリが鎌を振り上げて立ち向う「蟷螂の斧を以て隆車の隧(わだち)を禦(ふせ)がんと欲す」という中国の故事に由来し、「蟷螂が斧を以て隆車に向かう」・「蟷螂車轍に当たる」とも言われています。蟷螂山は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))前の山鉾と地名を記した「祗園社記(ぎおんしゃき)」第15(八坂神社記録)には「かまきり山(四条西洞院と錦小路間)」と記されています。また蟷螂山は洛中洛外図屏風(らくちゅうらくがずびょうぶ)など祇園祭を描いた絵画にも描かれています。その後幕末(江戸時代末期)の1864年(元治元年)の元治の大火(禁門の変)によって大部分が焼失し、1981年(昭和56年)に117年振りに再興されました。
*参考・・・蟷螂山(祇園祭山鉾前祭)
●祇園祭山鉾は平安時代中期の999年(長保元年)が起源とも言われています。
祇園祭山鉾とは疫神を鎮める依り代

【蟷螂山 特徴・懸装品】
●蟷螂山は祇園祭の山鉾の中で、唯一カマキリの頭・鎌・羽の部分や御所車の車輪がカラクリ仕掛けで動きます。
●御所車や装飾布帛(ふはく)類の刺繍(ししゅう)は金糸の平戸と言われています。
●前懸の瑞祥鶴浴図(ずいしょうかくよくず)・右胴懸の瑞苑浮遊之図(ずいえんふゆうのず)・左胴懸の瑞光孔雀之図(ずいこうくじゃくのず)・見送の瑞苑飛翔図(ずいえんひしょうず)は友禅作家・羽田登喜男(はたときお)作の友禅染(ゆうぜんぞめ)です。

【蟷螂山 行事(要確認)】
●蟷螂山舁き初めでは7月17日の山鉾巡行(前祭)に先立って、組み立てられたばかりの蟷螂山を本番さながらに動かします。
祇園祭蟷螂山舁き初め
●宵山(7月14日~7月16日)では夕方から駒形提灯を灯します。
祇園祭宵山(前祭)
●山鉾巡行(7月17日)では四条烏丸から四条通・河原町通・御池通の順に巡行します。
祇園祭山鉾巡行(前祭)

【蟷螂山 備考(要確認)】
●日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)
●祇園祭の山鉾(前祭23基・後祭11基・休山1基)の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る