雲龍院紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)・紅葉名所

雲龍院紅葉

雲龍院紅葉見ごろ(紅葉見頃)

雲龍院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。雲龍院は庭園などにモミジが植えられ、禅における悟りの境地を表した丸い悟りの窓がある書院・悟之間からの眺めが素晴らしいと言われています。紅葉は五色の紅葉とも言われているそうです。なお雲龍院では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップを行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【雲龍院紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
雲龍院の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【雲龍院紅葉・雲龍院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区泉涌寺山内町36
最寄り駅・バス停・・・泉涌寺道(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から雲龍院は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【雲龍院紅葉見ごろ時期・見どころ】
雲龍院は紅葉の名所です。雲龍院の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。雲龍院は庭園などにモミジが植えられ、禅における悟りの境地を表した丸い悟りの窓がある書院・悟之間からの眺めが素晴らしいと言われています。紅葉は赤・オレンジなどのグラデーションになっていることから五色の紅葉とも言われているそうです。ちなみに蓮華の間の色紙の窓とも言われる障子窓を覗くと左から椿・灯籠・紅葉・松が見えるようになっています。報道ステーション・お天気 コーナーで、女子アナ・青山愛さんが紹介したそうです。なお雲龍院では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップを行っています。(要確認)
庭園には関白・豊臣秀吉が方広寺(東山大仏)を建立した際に使われたとも言われる2つ礎石が庭石に使われています。ちなみに方広寺は1595年(文禄4年)に完成したが、翌1596年(文禄5年)の慶長伏見地震によって大仏は倒壊しました。
書院には悟之間・蓮華の間・大輪の間・月窓の間・清浄の間などがあります。ちなみに雲龍院は四角い迷いの窓もあります。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。
雲龍院紅葉ライトアップ

【雲龍院 歴史・簡単概要】
雲龍院(うんりゅういん)は1372年(応安5年)に北朝第4代・後光厳天皇の勅願により、竹巌聖皐律師(ちくがんしょうこうりっし)を開山として創建されました。1389年(康応元年)に北朝第5代・後円融天皇が龍華殿を建立し、如法写経を行いました。その後火災や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失したが、1501年(文亀元年)に第104代・後柏原天皇から第103代・後土御門天皇の御殿を賜り、本堂が再建されました。その後江戸時代初期に如周宗師(じょしゅうそうし)が後円融天皇にゆかりがあり、隣接していた龍華院(龍華殿)を合寺しました。なお雲龍院は迷年成人の日に行われている泉涌寺七福神巡りでは5番・大黒天になります。
雲龍院は真言宗泉涌寺派総本山・泉涌寺の別格本山です。
*参考・・・雲龍院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ雲龍院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【雲龍院紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
雲龍院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る