八坂神社日吉社・夜泣き石・八坂神社見どころ(修学旅行)

八坂神社日吉社・夜泣き石

●八坂神社日吉社本殿は2020年(令和2年)12月23日に国の重要文化財に指定されました。
●八坂神社日吉社は八坂神社の鬼門(北東)に祀られています。日吉社は平安京の表鬼門に祀られ、方除・厄除のご利益があるとも言われる日吉大社(ひよしたいしゃ)を勧請したとも言われています。ちなみに八坂神社はかつて奈良・興福寺(こうふくじ)に属していたが、平安時代中期頃(10世紀末)に延暦寺に属するようになり、天台宗・延暦寺の護法神とされた日吉大社の影響も受け、日吉大社で山王祭(さんのうさい)が中止された時には祇園祭も連動して中止・延期されたことが多かったとも言われています。日吉社は日吉大社と同じく、大山咋神(おおやまくいのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ・大己貴神(おおなむちのかみ))を祀っています。
大山咋神は日本神話に登場する神です。大山咋神は大年神(おおとしのかみ)と天知迦流美豆比売(あめちかるみずひめ)の子とされています。大山咋神は山の地主神で、農耕神ともされています。大山咋神は日吉大社だけでなく、京都・松尾神社(まつのおたいしゃ)でも祭神として祀られ、音を立てて飛ぶ矢・鳴鏑を持つ神・鳴鏑神(なりかぶらのかみ)とされています。
大物主神は日本神話に登場する神です。大物主神は蛇神・雷神で、農耕神ともされています。大物主神は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)完成」で大己貴神(おおあなむちのかみ)の和魂(にきみたま)、「古事記(こじき)・712年(和銅5年)編纂」で初代・神武天皇(じんむてんのう)の岳父(義父)、第2代・綏靖天皇(すいぜいてんのう)の外祖父とされています。大物主神は奈良県の三輪山(みわやま)に鎮座する神で、大神神社(おおみわじんじゃ)の祭神です。
日吉大社は起源が明確ではありません。日吉大社は紀元前91年(崇神天皇7年)に標高約848.3メートルの比叡山(ひえいざん)山頂から現在の場所に移って創祀されたとも言われています。ちなみに日本最古の歴史書「古事記(こじき)・712年(和銅5年)編纂」には「大山咋神、亦の名を山末之大主神。此の神は近淡海国の日枝の山に坐し」と記されているそうです。その後788年(延暦7年)に天台宗(てんだいしゅう)の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄(さいちょう)が延暦寺(えんりゃくじ)を創建すると天台宗・延暦寺の護法神として崇敬され、794年(延暦13年)に第50代・桓武天皇(かんむてんのう)が平安京に遷都すると平安京の鬼門(北東)に当たることから鬼門除け・災難除けとして崇敬されました。
●夜泣き石(夜啼石)は日吉社前に植えられている木の根元にあります。夜泣き石は夜になるとシクシクとすすり泣くと言われ、八坂神社七不思議に数えられています。なお木は樹勢が衰えたことから切られたそうです。
八坂神社見どころ八坂神社見所ランキング八坂神社七不思議

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る