八坂神社大国主社・八坂神社見どころ(修学旅行・観光)

八坂神社大国主社

●八坂神社大国主社本殿は2020年(令和2年)12月23日に国の重要文化財に指定されました。
●八坂神社大国主社は八坂神社の境内末社です。大国主社は八坂神社の祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の六世の孫である大国主命(おおくにぬしのみこと)、大国主命の御神である事代主命(ことしろぬしのみこと)、大国主命とともに国造りに励まれた医薬の神で・少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀っています。ちなみに大国主命は俗に「大黒(だいこく)さん」とも言われる縁結びの神とされています。なお大国主社では鳥居前に因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)をモチーフとした大国主命とウサギの石像が建立されています。また社殿前にはハート形の絵馬も掛けられています。
大国主命(大国主神)は日本最古の歴史書「古事記(こじき)・712年(和銅5年)編纂」や日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)完成」によると皇祖神とされる天照大神(あまてらすおおかみ)の弟・素戔嗚尊(須佐之男命)の六世の孫で、日本国を創った神とされています。大国主命は父が天之冬衣神(あめのふゆきぬのかみ)、母が刺国若比売(さしくにわかひめ)とされ、国津神(くにつかみ)の主宰神とされています。大国主命は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)による国産み・神産みが伊邪那美命の死によって未完のまま放置された為、高天原(たかまがはら)の神である天津神(あまつかみ)の命により、国土を少彦名命(少彦名神)とともに完成させ、天照大神の使者が来ると国土を献上して隠退したとされています。また大国主命は出雲国造(いずものくにのみやつこ)の祖神、出雲大社(いずもたいしゃ)や大神神社(おおみわじんじゃ)などの祭神ともされています。大国主命は因幡の白兎でもよく知られています。大国主命は兄たちとともに因幡国八上郡の女神・八上比売(やかみひめ)に求婚する為に因幡を訪れ、皮を剥がされた兎に出会います。兄たちは海水を浴びて風に当たるようにと告げたことから兎の傷は悪化したました。大国主命は兎の傷を治したことから兎は八上比売が大国主命を選ぶであろうと予言し、二人は結ばれました。なお大国主命は大己貴神(おおなむちのかみ)・八千矛神(やちほこのかみ)・葦原色許男命(あしはらのしこおのみこと)などの別名を持っています。
事代主命(事代主神)は日本最古の歴史書「古事記(こじき)・712年(和銅5年)編纂」によると父・大国主命(大国主神)と母・神屋楯比売命(かむやたてひめのみこと)の間に生まれたとされています。国譲りに際、高天原(たかまがはら)からの使者・建御雷神(たけみかづち)らが父・大国主命に対して国譲りを迫ると父・大国主命に代わって国譲りを誓約しました。事代主命は神のお告げ(託宣)を告げる役割があるとされています。なお事代主命の娘・媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)は初代・神武天皇(じんむてんのう)の皇后になり、第2代・綏靖天皇(すいぜいてんのう)を産んだとされています。なお事代主命は商売繁盛・福の神とされています。
八坂神社見どころ八坂神社七不思議

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る