安井金比羅宮桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

安井金比羅宮桜見ごろ(例年)・見どころ

安井金比羅宮桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。安井金比羅宮ではソメイヨシノ・シダレザクラが植えられ、桜と縁切り縁結び碑・拝殿・鳥居・灯籠・絵馬・参道などの光景が美しいと言われています。黄色いヤマブキ・紫色のハナズオウなども植えられ、桜と一緒に見られる時期があります。(詳細下記参照)

【安井金比羅宮 桜見ごろ(例年)・2022年の開花満開予測】
安井金比羅宮の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2022年の桜の開花・満開・見ごろ情報は2022年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2022

【安井金比羅宮桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約1分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
路線・時刻表・運賃チェック

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【安井金比羅宮 桜見ごろ(例年)・見どころ】
安井金比羅宮はあまり知られていない桜の名所です。安井金比羅宮の桜見ごろは例年4月上旬頃です。
安井金比羅宮では境内各所にソメイヨシノ(染井吉野)・シダレザクラ(枝垂桜)が植えられ、桜と縁切り縁結び碑・拝殿・鳥居(石造りの鳥居・朱塗りの鳥居)・灯籠(石灯籠・朱塗りの灯籠)・絵馬・参道などの光景が美しいと言われています。また境内には黄色いヤマブキ(山吹)・紫色のハナズオウ(花蘇芳)なども植えられ、桜と一緒に見られる時期があります。特にヤマブキとのコラボが美しい。安井金比羅宮では夕暮れから境内の朱塗りの灯籠や拝殿の提灯に明かりが灯され、昼間と異なる幻想的な光景が見られます。なお安井金比羅宮近くには桜の名所とされる高台寺・円山公園があり、はしごするのもおすすめです。
縁切り縁結び碑は高さ約1.5メートル・幅約3メートルの絵馬の形をした巨石です。中央に約50センチの穴が開けられています。また亀裂もあり、神力が亀裂を伝って穴に注がれると言われています。縁切り縁結び碑は願いが書かれた形代が貼られ、穴以外はほとんど見えません。縁切り縁結び碑は祭神・崇徳天皇の断ち物の祈願と男女の縁を妨げる全ての悪縁断ちの祈願に由来しています。
拝殿は神社で祭祀・拝礼を行なう為の社殿です。拝殿は本殿前に建立されるが、拝殿がない神社や拝殿が2つある神社などがあります。拝殿には鈴(鈴の緒)や鰐口が設置される場合もあります。
鳥居は神社などの神域と人間が住む俗界を区画する結界で、神域への入口を示しています。鳥居は2本の柱・笠木・島木・貫などで構成され、明神鳥居・神明鳥居・両部鳥居などの形式があります。
灯籠は神社で神前の御灯や献灯などに用いられます。また社頭の装飾などにも用いられることもあります。灯籠は宝珠・笠・火袋・中台・竿・基礎などから構成され、火袋に灯火が灯されます。
絵馬は社寺に祈願または報謝の為に奉納する絵入りの額や板絵です。絵馬は古来、神に生き馬を献じる風習が起源とも言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【安井金比羅宮 歴史・簡単概要】
安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は藤原氏の始祖・藤原鎌足(ふじわらのかまたり)が藤原氏の繁栄を祈願する一堂を創建し、藤を植えた藤寺(ふじでら)が起源と言われています。第75代・崇徳天皇(すとくてんのう)は藤を愛でる為に度々行幸しました。その後平安時代後期の1177年(治承元年)に大円法師(だいえんほうし)が藤寺・観音堂を参拝した際に第75代・崇徳天皇の霊が現れた為、鎌倉時代後期の建治年間(1275年~1278年)に後白河法皇(第77代・後白河天皇(ごしらかわてんのう))の詔によって光明院観勝寺(こうみょういんかんしょうじ)が建立されました。しかし室町時代中期の応仁の乱(おうにんのらん)の兵火で荒廃し、江戸時代中期の1695年(元禄8年)に太秦安井(うずまさやすい)の蓮華光院(れんげこういん)跡に移され、鎮守として第75代・崇徳天皇に加えて、讃岐(さむき)・金刀比羅宮(ことひらぐう)から勧請した大物主神(おおものぬし)と源頼政(みなもとのよりまさ)を祀りました。明治維新後の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって光明院観勝寺は廃寺になり、安井神社と名称を改め、戦後に更に安井金比羅宮に改めました。
*参考・・・京都・安井金比羅宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【安井金比羅宮桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
安井金比羅宮(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2022

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る