七谷川和らぎの道桜ライトアップ2017/3/25~4/8(日程・時間・・・)

七谷川和らぎの道桜ライトアップ

七谷川和らぎの道桜ライトアップ(日程・時間・・・)を紹介しています。桜ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。七谷川和らぎの道には約1キロに染井吉野・枝垂桜・里桜など30種・約1,500本の桜の木が植えられ、それらがライトアップされます。なお桜ライトアップ期間中にはさくらまつりも行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【七谷川和らぎの道桜ライトアップ2017 日程時間(要確認)】
七谷川和らぎの道桜ライトアップ2017は2017年3月25日(土曜日)~4月8日(日曜日)19:00~22:00まで行われます。
京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ2020京都桜名所

【七谷川和らぎの道桜ライトアップ アクセス・地図】
場所・・・京都府亀岡市千歳町千歳
最寄り駅・バス停・・・七谷川(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR亀岡駅から亀岡市ふるさとバス

スポンサーリンク


【七谷川和らぎの道桜ライトアップ 歴史・簡単概要】
七谷川和らぎの道桜ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。ちなみに七谷川和らぎの道の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
七谷川和らぎの道には約1キロに染井吉野・枝垂桜・里桜など30種・約1,500本の桜の木が植えられ、それらがライトアップされます。なお桜ライトアップ期間中にはさくらまつりも行われ、地元食材を使った露店などのイベントが行われます。(要確認)
染井吉野は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
枝垂桜は江戸彼岸桜など枝が柔らかい枝垂性品種です。江戸彼岸桜の名称は彼岸の頃に花を咲かせることに由来しています。なお枝垂桜は京都府の府花に指定されています。
里桜は平安時代に大島桜を基に品種改良されたとも言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。なお京都市内には二条城内に標準木があり、5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。ちなみに京都では例年3月27日頃に開花し、4月7日頃に満開になります。(2010年までの30年平均)

【七谷川和らぎの道 歴史・簡単概要】
七谷川和らぎの道(ななたにがわやわらぎのみち)は亀岡市と京都市にまたがる標高約924メートルの愛宕山(あたごやま)を源とし、亀岡市を流れる七谷川沿いに整備されています。七谷川和らぎの道は約1キロに30品種・約1,500本の桜の木が植えられた桜並木・散策道で、丹波地方随一の桜の名所とも言われています。ちなみに七谷川和らぎの道の南側にはさくら公園があり、公園内には28種・約280本の桜の木が植えられ、七谷川和らぎの道とともに桜の名所になっています。なお七谷川和らぎの道周辺には神応寺・養仙寺・蔵宝寺・金光寺・耕雲寺・極楽寺・東光寺を回る丹波七福神巡りが設定されています。丹波七福神巡りは約5キロ・所要時間約2時間で、日本一早くまわれる七福神巡りとも言われているそうです。また七谷川和らぎの道周辺にはキャンプやアスレチックができる七谷川野外活動センターもあります。
*参考・・・七谷川和らぎの道(アクセス・歴史・・・)七谷川和らぎの道(アクセス・歴史・・・)

【七谷川和らぎの道桜ライトアップ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
七谷川和らぎの道(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る