京都八幡木津自転車道(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

京都八幡木津自転車道

京都八幡木津自転車道(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。京都八幡木津自転車道線はいずれも淀川水系の桂川・木津川沿いに整備されています。桂川は京都市と南丹市の境に位置する標高約735メートルの佐々里峠を源とし、木津川は三重県伊賀市から津市に広がる青山高原を源とし、桂川・木津川は宇治川と合流して淀川になります。

【京都八幡木津自転車道 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京田辺市
最寄り駅・バス停・・・近鉄新田辺駅(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*近鉄京都線
路線・時刻表・運賃チェック

【京都八幡木津自転車道 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【京都八幡木津自転車道 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【京都八幡木津自転車道 歴史・簡単概要】
京都八幡木津自転車道線(きょうとやわたきづじてんしゃどうせん)・京都府道801号京都八幡木津自転車道線・木津川サイクリングロードは京都府京田辺市などにあります。京都八幡木津自転車道線は京都府京都市西京区嵐山上河原町から京都府木津川市木津に至る全線約45キロの一般府道自転車道(自転車・歩行者専用道路)です。京都八幡木津自転車道線は京都府・奈良県・和歌山県が連携し、嵐山から和歌山県の和歌山港に至る総延長約180キロの広域サイクルルート・京奈和自転車道の一部になっています。京都八幡木津自転車道線は京都市内の桂川(かつらがわ)沿いでは桂川サイクリングロード、京都府内の木津川(きづがわ)沿いでは木津川サイクリングロードとも言われています。京都八幡木津自転車道線では1983年(昭和58年)に嵐山から京都市と八幡市の境までの約18キロが整備され、1987年(昭和62年)に京都市と八幡市の境から木津川市木津までの約27キロが整備されました。京都八幡木津自転車道線はいずれも淀川(よどがわ)水系の桂川・木津川沿いに整備され、京都市(右京区・南区・伏見区)・八幡市・京田辺市・精華町を通り、沿線沿いには吉祥院運動公園・鳥羽水環境保全センター・淀城跡公園・かわきた自然運動公園・背割堤・さくらであい館・流れ橋(上津屋橋)・田辺木津川つつみ緑地などがあります。
*参考・・・京都八幡木津自転車道(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【京都八幡木津自転車道 見どころ・文化財】
京都八幡木津自転車道の見どころは桜です。京都八幡木津自転車道沿いにソメイヨシノ(染井吉野)などが植えられています。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023

【京都八幡木津自転車道 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0774-68-2810(京田辺市観光協会)

【京都八幡木津自転車道 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【京都八幡木津自転車道 おすすめ散策ルート】
京都八幡木津自転車道からのおすすめ散策ルートは京都八幡木津自転車道を散策することです。自転車を持っている方は散策の代わりにサイクリングを楽しむのもいいかもしれません。なお京都府京田辺市草内周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る