祇園祭と室町幕府6代将軍・足利義教

祇園祭と室町幕府6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)

祇園祭は1,100年以上の歴史があり、その歴史の中で天皇・将軍などが見物した記録が残されています。「看聞日記」には室町幕府6代将軍・足利義教が父・足利義満と同じように京極持高の宿所を訪れて桟敷で見物したことが記されています。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑(しんせんえん)に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来(やくしにょらい)の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散(びょうまたいさん)を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から例年6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭と室町幕府6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)】
祇園祭は1,100年以上の歴史があり、その歴史の中で天皇(上皇・法皇)・貴族・将軍・武将などが見物した記録が残されています。伏見宮貞成親王(ふしみのみやさだふさしんのう)が記した「看聞日記(かんもんにっき)」1434年(永享6年)6月7日の条「祇園会結構唐人被見、棧敷一色(義貫)用意云々、公方(足利義教)御棧敷京極(持高)如例、」と記され、室町幕府6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)が父である室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)と同じように京極氏9代当主・京極持高(きょうごくもちたか)の宿所を訪れて桟敷で見物しました。この日に明使節(唐人)も丹後一色氏当主・一色義貫(いっしきよしつら)が用意した桟敷で見物予定だったが、見物しなかったそうです。足利義教は1428年(正長元年) 6月7日に四条京極、同年6月14日に三条富小路に桟敷を設けて祇園祭を見物した記録が残されています。ちなみに1428年(正長元年) 6月7日に所々風流、同年6月14日に山・所々風流・笠などが巡行しました。
室町幕府6代将軍・足利義教はかつて天台座主(てんだいざす)として延暦寺(えんりゃくじ)の長だったが、還俗して将軍に就任すると祇園祭に日吉大社とともに影響力を持っていた延暦寺と対立するようになりました。足利義教は1435年(永享7年)に謀略によって延暦寺の有力僧を誘い出して斬首し、反発した延暦寺の僧が根本中堂に立て籠って非難し、その後根本中堂に火を放って焼身自殺しました。足利義教は焼失した根本中堂の再建を命じ、数年後に完成しました。なお八坂神社は延暦寺の守護神・日吉大社の末社にされ、日吉神社の祭礼・日吉祭(山王祭)が行われない場合、祇園祭も中止させられたり、延期させられたりしました。
「看聞日記(かんもんにっき)」は伏見宮貞成親王が記しました。「看聞日記」は1416年(応永23年)から1448年(文安5年)まで33年間の記録が残されています。伏見宮貞成親王は伏見宮3代で、第102代・後花園天皇の実父にあたり、後花園天皇即位前後の幕政や能・狂言・茶道・いけ花など芸能・風俗、そして自身の身辺などが記されています。「看聞日記」は「満済准后日記(まんさいじゅごうにっき)」とともに室町時代中期を代表的する日記と言われています。

【足利義教 祇園祭】
足利義教は1394年(応永元年)7月11日に室町幕府3代将軍・足利義満と側室・藤原慶子の間に生まれました。室町幕府4代将軍・足利義持の同母弟になります。1403年(応永10年)に青蓮院に入り、青蓮院門跡を継ぐ予定だった兄・尊満が青蓮院を追われ、1408年(応永15年)に青蓮院門跡になり、義円と名乗りました。1411年(応永18年)に正式に受戒して大僧正になり、1419年(応永26年)に153代天台座主になりました。1395年(応永元年)に同母兄で、室町幕府4代将軍・足利義持が1423年(応永30年)に嫡子で、室町幕府5代将軍・足利義量に将軍職を譲ったが、1425年(応永32年)に足利義量が急死し、1428年(応永35年)に足利義持も亡くなりました。足利義教は1429年(永享元年)に石清水八幡宮での籤引きで、室町幕府6代将軍に決定し、「籤引き将軍」と言われました。還俗して義宣と名乗り、1429年(正長2年)に義教と改名しました。当初管領以下の宿老の意向に従って合議制を守っていたが、徐々に将軍専制を志向するようになり、室町幕府の権威復興と将軍親政を目指し、守護大名・廷臣・寺社などを問わずに峻厳な態度で臨みました。独立した権力樹立を目指した第4代鎌倉公方・足利持氏を滅ぼし、一色義貫・土岐持頼を暗殺し、興福寺・比叡山などの僧徒を屈服させました。足利義教は強権から守護大名などの不満・不安を招き、1441年(嘉吉元年)7月12日に守護大名・赤松満祐に謀殺されました。

【祇園祭と室町幕府6代将軍・足利義教(あしかがよしのり) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る