清水寺馬駐・清水寺見どころ

清水寺馬駐

●清水寺馬駐は1952年(昭和27年)3月29日に国の重要文化財に指定されました。
●清水寺馬駐は室町時代の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火で焼失し、室町時代後期(1467年~1572年)に再建されたと言われています。2010年(平成22年)に全面的に解体修復工事が行われました。清水寺ではかつて貴族・武士は馬で参詣し、馬駐に馬を繋ぎ、徒歩で諸堂を参詣しました。清水寺馬駐には同時に五頭の馬を繋ぐことができます。
清水寺馬駐は室町時代の猿楽師・能作者である金春禅竹(こんぱるぜんちく)作とも言われる能「熊野(ゆや)」にも登場し、室町時代以前からあったとも言われています。能「熊野」では馬駐で牛車を降り、花見の宴会が始まります。
●清水寺馬駐は2つの金具だけが他の金具と違って、下向きに取り付けられ、清水寺七不思議に数えられています。2つの金具は間違って取り付けたとも、遊び心とも言われています。
清水寺七不思議には三重塔の鬼瓦・仁王門の腰貫(こしぬき)・6本脚の鐘楼・扉がない轟門(とどろきもん)・川も池もない轟橋(とどろきばし)・阿阿の狛犬・岸駒(がんく)の燈籠・馬駐の金具・梟(ふくろう)の手水鉢(ちょうずばち)・弁慶の指跡・弁慶の鉄の下駄と錫杖(しゃくじょう)・平景清(たいらのかげきよ)の足形石・平景清爪彫りの観音・清水の舞台・鏡天井の円龍などがあります。
●清水寺馬駐は桁行五間(正面約10.5メートル)・梁間二間(側面約5メートル)・高さ約5.2メートルで、切妻造(きりづまづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。
切妻造は屋根の最頂部の棟(むね)から両側に葺き下ろし、その両端を棟と直角に切った屋根の形式です。切妻造は本を開いて伏せたような形で、平行な面を平(ひら)、棟と直角な面を妻(つま)と言います。切妻造は古くは真屋(まや)とも言われ、伊勢神宮(いせじんぐう)・出雲大社(いづもたいしゃ)などの社殿に採用されています。ちなみに四方向に傾斜する屋根面を持つ寄棟造(よせむねづくり)よりも格式が上とも言われています。なお切妻造は世界各地で見られる屋根の形式です。
本瓦葺は陶器製で、断面が湾曲した矩形の平瓦と断面が半円状の丸瓦とを交互に組み合わせて屋根を葺く方法です。瓦葺は飛鳥時代に中国・朝鮮半島から寺院建築の技術とともに伝来しました。瓦葺は檜皮葺(ひわだぶき)・茅葺(かやぶき)・板葺(いたぶき)などに比べ耐水性・耐火性に優れ、台風の多い日本に適していました。なお本瓦葺は本葺き(ほんぶき)とも言われています。
清水寺見どころ

ページ上部へ戻る