カテゴリー:6月イベント

  • 夏越大祓式

    上賀茂神社夏越大祓式2019/6/30

    上賀茂神社夏越大祓式は京都の夏の風物詩です。夏越大祓式は毎年6月30日に行われています。夏越大祓式では過去半年間の罪・穢れを祓い、今後半年間の無病息災を祈願します。人形流しでは人間の形をした紙に名前などを記入し、体を撫でて息を3回吹き掛けて罪・穢れを移します。なお茅の輪くぐりは参拝者も行うことができます。
  • 護王神社夏越大祓

    護王神社夏越大祓2019/6/30

    護王神社夏越大祓は京都の夏の風物詩です。夏越大祓は毎年6月30日に行われています。夏越大祓式では過去半年間の罪・穢れを祓い、今後半年間の無病息災を祈願します。なお茅の輪(ちのわ)くぐり神事では和歌「みなづきの なごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり」を唱和しながら茅の輪を3回くぐります。
  • 御誕辰祭

    北野天満宮御誕辰祭2019/6/25

    北野天満宮御誕辰祭は京都の夏の風物詩です。御誕辰祭は毎年6月25日に行われています。御誕辰祭は祭神・菅原道真の誕生を祝う神事です。なお御誕辰祭は夏越天神(なごしてんじん)とも言われ、楼門に京都最大とも言われている約5メートルの大茅の輪を設置し、半年間の穢れを祓い、無病息災を祈願する大茅の輪くぐりも行われます。
  • 御誕辰祭・安産祈願祭

    吉祥院天満宮御誕辰祭・安産祈願祭2016/6/25

    吉祥院天満宮御誕辰祭・安産祈願祭は京都の初夏の風物詩です。御誕辰祭・安産祈願祭は毎年6月25日に行われています。御誕辰祭・安産祈願祭は祭神・菅原道真の誕生を祝うとともに安産を祈願する神事です。なお吉祥院天満宮は菅原道真が誕生した場所とも言われ、境内には胞衣塚(えなづか)があります。
  • 竹伐り会式

    鞍馬寺竹伐り会式2019/6/20

    鞍馬寺竹伐り会式2019は京都の初春の風物詩です。竹伐り会式は毎年6月20日に行われています。勝負伐り(竹伐り会式)では僧兵姿の鞍馬法師が近江座(おうみざ)・丹波座(たんばざ)の両座に分かれ、大蛇に見立てた長さ約4メートル・太さ約10センチの青竹を裂帛の気合とともに山刀でに伐り、その早さによって豊凶を占います。
  • 山門懺法会

    妙心寺山門懺法会2019/6/18

    妙心寺山門懺法会は京都の夏の風物詩です。山門懺法会は毎年6月18日に行われています。山門懺法会では日頃知らず知らずの内に犯している自らの過ちを懺悔する仏事です。山門懺法会では妙心寺山内の全僧侶が本尊である観世音菩薩・十六羅漢などが祀られている山門(重要文化財)の楼上に集まって法要を行います。
  • 和泉式部忌法要

    誓願寺和泉式部忌法要2019/6/15

    誓願寺和泉式部忌法要は京都の初夏の風物詩です。和泉式部忌法要は毎年6月の第2日曜日頃に行われています。和泉式部忌法要は誓願寺に一時身を寄せたとも言われている平安時代中期の歌人・和泉式部(いずみしきぶ)を偲ぶ法要です。和泉式部忌法要では和泉式部と時宗の開祖である一遍上人が登場する謡曲・誓願寺が奉納されます。
  • 青葉まつり

    智積院青葉まつり2019/6/15

    智積院青葉まつり2019は京都の夏の風物詩です。青葉まつりは毎年6月15日に行われています。青葉まつり(あおばまつり)は真言宗の開祖である弘法大師・空海と中興の祖である興教大師(こうぎょうだいし)・覚鑁(かくばん)の誕生を祝う仏事です。青葉まつりでは慶祝法要や山伏による柴燈大護摩供法要などが行われます。
  • 弘法大師降誕会

    東寺弘法大師降誕会2019/6/15

    東寺弘法大師降誕会は京都の春の風物詩です。弘法大師降誕会は毎年6月15日に行われています。弘法大師降誕会では大師堂(国宝)に真言宗の開祖である弘法大師・空海の稚子像を祀り、甘茶が献じられます。またおさなごのつどいでは東寺保育園などの子供が挨拶をし、歌を唄い、洛南高校の吹奏楽部が演奏を披露します。(要確認)
  • 田植祭

    伏見稲荷大社田植祭2019/6/10

    伏見稲荷大社田植祭は京都の春の風物詩です。田植祭は毎年6月10日に行われています。田植祭は稲荷大神の神前に供えるご料米の稲苗を神田に植え、五穀豊穣を祈願する神事です。田植祭では神楽女(かぐらめ)が御田舞(おたまい)を舞う中、菅笠(すげがさ)にあかね襷姿(たすきすがた)の早乙女(さおとめ・そうとめ)らが田植を行います。
  • 御田植祭

    上賀茂神社御田植祭2019/6/10

    上賀茂神社御田植祭は京都の初夏の風物詩です。御田植祭は毎年6月10日に行われています。御田植祭は五穀豊穣を祈願する神事です。御田植祭では本殿や稲の神とも言われている御歳神(みとしのかみ)を祀る摂社・山口神社で神事を行い、その後神職がならの小川に架かる神事橋から早苗を後ろ向きにならの小川に投げ入れます。
  • 蛍火の茶会

    下鴨神社蛍火の茶会2018/6/9

    下鴨神社蛍火の茶会は京都の初夏の風物詩です。蛍火の茶会は毎年6月に行われています。蛍火の茶会では蛍数百匹が境内(御手洗川・糺の森)に放たれます。なお蛍火の茶会では橋殿・細殿に裏千家による茶席(招待券必要)が設けられ、琴や十二単の舞が神服殿で奉納されます。また蛍火の茶会では楼門前で糺の森納涼市も行われます。(要確認)

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る