龍安寺見どころを全部解説-知れば修学旅行・観光を満喫

龍安寺見どころ

龍安寺見どころを全部解説

龍安寺見どころを全部解説しています。見どころを簡単にポイントをまとめて徹底解説。見どころには石庭(特別名勝・史跡)・庭園(名勝)・方丈(重文)・勅使門(重文)・庫裏・仏殿・蹲踞と「吾唯足知」などがあります。なお龍安寺見どころを全部解説では修学旅行・観光を完全満喫できるように豆知識などを紹介しています。(個別解説下記参照)

【龍安寺見どころのポイント】

龍安寺見どころのポイントは細川家(細川勝元・細川政元)と応仁の乱です。細川勝元は1450年(宝徳2年)に徳大寺公有から山荘を譲り受け、妙心寺第5世・義天玄詔を開山、妙心寺第4世・日峰宗舜を勧請開山として龍安寺を創建しました。その後銀閣寺の前身である東山山荘・東山殿を造営する室町幕府8代将軍・足利義政の後継者争いなどが要因になり、室町時代中期に応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))が勃発します。義政には正室・日野富子との間に男子が生まれていなかったことから弟・義尋(足利義視)を還俗させ、次期将軍になることが決定していたが、その後日野富子が義政の嗣子・足利義尚を生み、足利将軍家で後継者争いが起こります。応仁の乱では細川勝元を総大将する東軍と山名宗全を総大将とする西軍が約11年に渡って戦い、龍安寺も1468年(応仁2年)に焼失しました。1473年(文明5年)に山名宗全・細川勝元が相次いで亡くなり、同年12月に義政が嗣子・義尚に将軍職を譲り、1477年(文明9年)に応仁の乱も終息しました。その後1488年(長享2年)から細川勝元の子・細川政元が龍安寺中興の祖・特芳禅傑とともに再興を開始し、1499年(明応8年)に方丈が建立され、その際に石庭も作庭されたとも言われています。ただ江戸時代後期の1797年(寛政9年)に火災によって方丈などの伽藍の多くを焼失しました。

【龍安寺 歴史・簡単概要】

大雲山・龍安寺(りょうあんじ)は平安時代中期の984年(永観元年)に創建され、四円寺(しえんじ(円教寺・円乗寺・円宗寺))に数えられた第64代・円融天皇(えんゆうてんのう)の御願寺(ごがんじ)・円融寺(えんゆうじ)があった場所です。その後左大臣・藤原実能(ふじわらのさねよし)が山荘を営み、徳大寺(とくだいじ)を建立しました。龍安寺は1450年(宝徳2年)に室町幕府管領(かんれい)・細川勝元(ほそかわかつもと)が権大納言(ごんだいなごん)・徳大寺公有(とくだいじきんあり)から山荘を譲り受け、妙心寺(みょうしんじ)第5世・義天玄詔(ぎてんげんしょう)を開山、玄詔の師である妙心寺第4世・日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)を勧請開山として創建しました。
龍安寺歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【石庭・簡単解説 龍安寺】★★★修学旅行・観光の見どころ

石庭は江戸時代中期に「都林泉名勝図会(みやこりんせんこめいしょずえ)」に紹介されている古くからの観光名所で、最大のハイライト・目玉です。石庭は15個の石と美しい帚目(ほうきめ)の白砂が全体として落ち着いた雰囲気を醸し出しています。15個の石はどこからも全部が同時に見ることができないと言われ、場所を変えて確認するのがおすすめです。石庭では油土塀(あぶらどべい)越しに桜が植えられ、桜・紅葉シーズンには美しいアクセントになり、普段と少し違った情景を眺められます。

  • 概要・・・石庭(特別名勝・史跡)は油土塀に囲まれた縦約10メートル・横約25メートル・面積約75坪の枯山水(かれさんすい)式庭園です。石庭は白砂を敷いて帚目を付け、15個の石が一見無造作に配置されています。15個の石はどこから眺めても必ず1個の石が他の石に隠れるように意図的に配置され、「不完全さ」を表しているとも言われています。15個の石には裏山に多い堆積岩(たいせきがん)の一種であるチャートも使われています。なお龍安寺はかつて石寺(いしでら)とも言われました。
  • 歴史・・・石庭は寺伝によると室町時代後期(戦国時代)の1499年(明応8年)に方丈が建立され、その際に作庭されたとも言われています。また室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))後に作庭されたとも言われています。1951年(昭和26年)に油土塀の屋根が瓦葺(かわらぶき)に葺き替えられたが、1978年(昭和53年)にこけら葺(こけらぶき)に葺き替えられました。
  • 作庭者・・・作庭者は明確ではありません。「小太郎・■二郎」と刻まれた石があり、作庭に関係した人物と言われています。ちなみに作庭者は開山・義天玄承(ぎてんげんしょう)、開基・細川勝元、絵師・相阿弥(そうあみ)、細川勝元の嫡男・細川政元(ほそかわまさもと)、茶人・金森宗和(かなもりそうわ)などの諸説があり、相阿弥説が長く信じられています。石庭では作庭者も謎となっています。
  • 名称・・・石は七石(五石と二石)・五石(三石と二石)・三石の3群に分けられ、「七五三(しちごさん)の庭」とも言われます。また石庭は中国の説話「癸辛雑識(きしんざっしき)・虎の子渡し」から「虎の子渡しの庭」とも言われています。
  • 様式・・・石庭は水平ではなく、東南の隅が低く、雨水などを排水しやすくなっています。油土塀は最大高さ50センチの差があり、目の錯覚(遠近法)によって実際よりも広く見えます。ちなみに油土塀は土に菜種油(なたねあぶら)を混ぜて造られています。石庭では遠近法のトリックが用いられています。

石庭見どころ(概略・特徴・・・)

【庭園・簡単解説 龍安寺】★★修学旅行・観光の見どころ

庭園は江戸時代中期に「都名所図会(みやこめいしょずえ)」に紹介されている古くからの観光名所で、かつては石庭よりもよく知られていました。庭園は見逃さないようにしましょう。

  • 概要・・・庭園(名勝)は裏山の衣笠山(きぬがさやま)・朱山(しゅやま)を借景にし、鏡容池(きょうようち)を中心とした池泉回遊(ちせんかいゆう)式庭園です。鏡容池は境内の南側半分を占め、弁天島(べんてんじま)・伏虎島(ふしとらじま)などがあります。なお鏡容池はオシドリの名所で、龍安寺はかつて鴛鴦寺(おしどりでら)と言われました。
  • 歴史・・・鏡容池はかつて灌漑(かんがい)用の溜池(ためいけ)で、それを池泉に改修したとも言われています。鏡容池は平安時代に名池に数えられ、貴族が龍頭(りょうず)の船を浮かべ、歌舞音曲(かぶおんぎょく)を楽しんでいたと言われています。鏡容池では関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が鏡容池に霊力があるとして礼拝した弁財天(べんざいてん)を弁天島に祀っています。
  • 植物・・・鏡容池周辺には桜が植えられ、桜シーズンに美しい光景が見られます。またキリシマツツジ(霧島躑躅)・ヒラドツツジ(平戸躑躅)・藤・スイレン(睡蓮)・ハス(蓮)・萩なども植えられています。庭園・鏡容池は季節を通して美しく彩られています。

庭園見どころ(概略・特徴・・・)

【方丈・簡単解説 龍安寺】★修学旅行・観光の見どころ

  • 概要・・・方丈(重要文化財)は弥勒菩薩(みろくぼさつ)を安置しています。方丈には南画家・皐月鶴翁(さつきかくおう)が1953年(昭和28年)から5年掛かりで描いた龍と北朝鮮の金剛山(こんごうさん)の襖絵が飾られています。ちなみに方丈にはかつて狩野派(かのうは)の絵師などが描いた襖絵90面があったが、明治維新後の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の際に売却されました。なお方丈は外側付近にシャクナゲ(石楠花)が植えられ、春に色どりを添えます。
  • 歴史・・・方丈は1606年(慶長11年)に織田信長(おだのぶなが)の弟・織田信包(おだのぶかね)が建立した妙心寺の塔頭・西源院(せいげんいん)の方丈を移して再建されました。ちなみに方丈は1499年(明応8年)に建立されたが、1797年(寛政9年)に焼失しました。
  • 様式・・・方丈は入母屋造(いりもやづくり)のこけら葺です。方丈は桁行21.0メートル・梁間18.0メートルです。

方丈見どころ(概略・特徴・・・)

【勅使門・簡単解説 龍安寺】

  • 概要・・・勅使門(重要文化財)は1975年(昭和50年)に英国・エリザベス女王が来日して、龍安寺を訪問した際に使用されました。勅使門は他の門と違って格式が高い門です。勅使門には牡丹唐草(ぼたんからくさ)の欄間(らんま)があります。
  • 歴史・・・勅使門は1797年(寛政9年)に火災で焼失し、1975年(昭和50年)に妙心寺の塔頭・西源院の唐門(からもん)を移して再建されました。
  • 様式・・・勅使門はこけら葺で、前後に唐破風(からはふ)があります。

勅使門見どころ(概略・特徴・・・)

【庫裏・簡単解説 龍安寺】

  • 概要・・・庫裏(くり)は本来台所だが、玄関としても使われています。庫裏は天井まで吹き抜けになっています。なお庫裏には朱印場(御朱印授与所)があり、御朱印「石庭」・御朱印帳「石庭・吾唯足知」などを授与しています。(要確認)
  • 歴史・・・庫裏は1797年(寛政9年)に火災によって焼失したが、焼失直後に再建されました。
  • 様式・・・庫裏は切妻造(きりづまづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。

【山門・簡単解説 龍安寺】

  • 概要・・・山門は竜安寺前の交差点近くで、鏡容池の手前に建立されています。
  • 歴史・・・山門は1755年(宝暦5年)に洪水によって破損し、その後江戸時代中期に再建されました。
  • 様式・・・山門は切妻造(きりづまづくり)です。

【蹲踞・簡単解説 龍安寺】

  • 概要・・・蹲踞(つくばい)は茶室・蔵六庵(ぞろくあん)の露地に置かれています。ちなみに蹲踞のレプリカは方丈裏に置かれています。蹲踞は茶室に入る前に手や口を清める手水鉢(ちょうずばち)です。蹲踞には「吾唯足知(われ ただ たるを しる)」と刻まれています。
  • 歴史・・・蹲踞は江戸時代前期に水戸黄門(みとこうもん)と言われる徳川光圀(とくがわみつくに・水戸光圀(みとみつくに))が歴史書「大日本史」を編纂する際、西源院本「太平記(たいていき)」を借り、お礼として寄進したと言われています。
  • 意味・・・「吾唯足知」は「仏遺教経(ぶつゆいきょうぎょう)」の中の「知足の者は 賎(いや)しと雖(いえど)も富めり 不知足の者は 富めりと雖も賎し」から引用され、「欲望は際限ないから現状を満ち足りたものとする」という禅の格言を表しています。

【仏殿・簡単解説 龍安寺】

  • 概要・・・仏殿は方丈の西側に建立されています。仏殿は天井に墨(すみ)と金泥(きんでい)で描かれた龍があります。仏殿は通常非公開だが、特別公開されることがあります。なお仏殿の奥には本尊・釈迦如来(しゃかにょらい)像を安置する昭堂(しょうどう)があります。
  • 歴史・・・仏殿は1981年(昭和56年)に再建されました。
  • 様式・・・仏殿は入母屋造の銅板葺(どうばんぶき)です。仏殿は桧造り(ひのきづくり)です。仏殿には樹齢1,000年から1,200年の台湾桧(たいわんひのき)が使われています。

【蔵六庵・簡単解説 龍安寺】

  • 概要・・・茶室・蔵六庵は路地に蹲踞「吾唯足知」が置かれています。蔵六庵の名称は頭・尾・2本の手・2本の足、計6つを甲羅(こうら)に隠す亀を表しています。
  • 歴史・・・蔵六庵は1929年(昭和4年)に焼失し、その後再建されたと言われています。ちなみに蔵六庵はは住持(じゅうじ・住職)・桂芳全久(けいほうぜんきゅう)の居室だったが、茶人・千宗旦(せんのそうたん)の門人・僖首座(きしゅそ)が茶室に改めました。なお蔵六庵はかつて西源院にあり、明治時代に移されたそうです。

●上記以外の龍安寺見どころは下記リンクから確認することができます。
龍安寺見どころ(龍安寺垣・侘助椿など)

【龍安寺見どころ解説以外の情報】
龍安寺基本情報

【龍安寺見どころ 備考(参考リンク)】
住所・・・京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
電話番号・・・+81-75-463-2216
拝観時間・・・8:00~17:00(3/1~11/30)・8:30~16:30(12/1~2/末日)・無休
拝観料・・・大人・高校生500円、小・中学生300円
アクセス・・・竜安寺前バス停(徒歩すぐ)、嵐電龍安寺駅(徒歩約7分)
*参考・・・龍安寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る