龍安寺見所ランキング(石庭・方丈・・・)

龍安寺

龍安寺見所

龍安寺見所ランキングを簡単に紹介します。龍安寺見所ランキングは1位が縦約10メートル・横約25メートルの油土塀に囲まれた面積約75坪の石庭(特別名勝・史跡)、2位が石庭前に建立されている方丈(重要文化財)、3位がかつて石庭よりも有名だったとも言われる庭園とエリザベス女王が利用したこともある勅使門です。

【龍安寺見所ランキング 基礎情報】
龍安寺(りょうあんじ)・竜安寺は984年(永観元年)に創建され、四円寺(円教寺・円乗寺・円宗寺)に数えられた第64代・円融天皇の御願寺・円融寺があった場所です。またその後左大臣・藤原実能(ふじわらのさねよし)が山荘を営み、徳大寺を創建した場所です。龍安寺は1450年(宝徳2年)に室町幕府管領・細川勝元(ほそかわかつもと)が権大納言・徳大寺公有(とくだいじきんあり)から山荘を譲り受け、妙心寺5世・義天玄詔(ぎてんげんしょう)を開山、玄詔の師である妙心寺4世・日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)を勧請開山として創建しました。しかし勝元が東軍総大将になった応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、1488年(長享2年)に勝元の子・細川政元(ほそかわまさもと)が中興の祖・特芳禅傑(とくほうぜんけつ)とともに再興し、方丈が再建・石庭が作庭されたと言われています。
龍安寺歴史
*参考・・・龍安寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ龍安寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

スポンサーリンク


【龍安寺見所ランキング 石庭】
石庭(方丈庭園)は特別名勝・史跡で、一番の龍安寺見所です。石庭は縦(南北)約10メートル・横(東西)約25メートルの油土塀(あぶらどべい)に囲まれた面積約75坪の枯山水式庭園です。石庭は白砂を敷いて帚目(ほうきめ)を付け、一見無造作に15個の石が配置されています。石庭は一見無造作に配置されている15個の石がどこから眺めても必ず1個の石が他の石に隠れるように意図的に配置されているとも言われています。また周囲の油土塀が最大高さ50センチの差があり、目の錯覚(遠近法)によって実際の約75坪よりも広く見えるとも、石庭は水平ではなく、東南の隅が低くて雨水などを排水しやすくなっているとも言われています。石庭は石の配置の謎・油土塀の謎などを考えながら眺めると石庭を少しでも深く理解できるかもしれません。ちなみに石庭は作庭の意図に諸説があり、現在定かになっていません。なお石庭は油土塀の裏に枝垂桜(しだれざくら)が植えられ、桜が見ごろを迎える時期(例年3月下旬頃~4月上旬頃)に一味違った石庭を眺めることができます。また石庭は紅葉が見ごろを迎える時期(例年11月下旬頃~12月上旬頃)も美しいと言われています。
(龍安寺見所ランキング 石庭豆知識)
●石庭は寺伝によると室町時代末期(1500年頃)に中興の祖・特芳禅傑(とくほうぜんけつ)などの禅僧によって作庭されたと言われています。また龍安寺が中興された応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))後に作庭されたとも言われています。石庭には「小太郎・■二郎」と刻まれた石があり、作庭に関係した人物とも言われています。
●石は七石(五石と二石)・五石(三石と二石)・三石の3群に分けられ、「七五三の庭」とも言われます。また石庭は中国の説話「癸辛雑識・虎の子渡し」から「虎の子渡しの庭」とも言われています。
石庭・龍安寺見所ランキング

【龍安寺見所ランキング 方丈】
方丈(本堂)は重要文化財で、龍安寺見所です。方丈は石庭(特別名勝・史跡)前に建立されているが、参拝者の多くが石庭に目を奪われ、方丈は石庭ほどじっくり見られていないとも言われています。方丈にはかつて狩野派の絵師などが描いた襖絵90面があったが、明治維新後の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)による困窮によって売却され、方丈には1953年(昭和28年)から5年掛けて南画家・皐月鶴翁(さつきほうげつ・皐月鶴年)が描いた龍図・金剛山図などが飾られ、その襖絵を見ることができます。なお襖絵は2010年(平成22年)に20面の群仙図の内の4面と20面の琴棋書画図の内の2面が龍安寺に戻り、2018年(平成30年)に上間(じょうかん)一の間にあった16面の芭蕉図(狩野派または海北派)の内の9面が龍安寺に戻りました。ちなみに米国のメトロポリタン美術館に襖絵8面、米国のシアトル美術館に襖絵4面が所蔵されています。
(龍安寺見所ランキング 方丈豆知識)
●方丈は江戸時代後期の1797年(寛政9年)に焼失し、江戸時代初期の1606年(慶長11年)に建立された妙心寺(みょうしんじ)の塔頭(たっちゅう)・西源院(せいげんいん)の方丈を移して再建されました。なお西源院は室町幕府管領・細川勝元(ほそかわかつもと)が徳大寺家(だいとくじけ)から寺地を得て、清源庵(せいげんあん)を建て、その後移したのが起源とも言われています。
●方丈は弥勒菩薩を安置しています。

【龍安寺見所ランキング 庭園】
庭園は名勝で、龍安寺見所です。庭園は衣笠山(きぬがさやま)・朱山(しゅやま)を借景にし、境内の南側半分を占め鏡容池(きょうようち)を中心に弁天島(べんてんじま)・伏虎島(ふしとらじま)などがある池泉回遊式庭園です。庭園はかつて石庭よりも有名だったとも言われ、1780年(安永9年)の「都名所図会(みやこめいしょずえ)」にも紹介されました。龍安寺では石庭だけでなく、庭園も楽しむことができます。庭園では春に桜、夏にスイレン、秋にカエデが見ごろを迎え、美しい光景を見ることができます。また弁天島には安土桃山時代に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が鏡容池に霊力があるとして弁財天を祀ったと言われ、その歴史を感じることもできます。
(龍安寺見所ランキング 庭園豆知識)
●鏡容池は平安時代に名池のひとつに数えられ、貴族が舟を浮かべて遊んだそうです。なお鏡容池はオシドリ(鴛鴦)の名所だったそうです。
●弁天島には鳥居も建立されています。

【龍安寺見所ランキング 勅使門】
勅使門は重要文化財で、龍安寺見所です。勅使門は方丈(本堂)・庫裡近くに建立され、1975年(昭和50年)に英国・エリザベス女王が来日して石庭をご覧になった際に使われ、その格式が示されました。ちなみに勅使門は一般的に天皇の勅使が参向した際に出入りに使われます。
(龍安寺見所ランキング 勅使門豆知識)
●勅使門は1797年(寛政9年)の火災によって唐門(勅使門)が焼失し、1975年(昭和50年)に妙心寺(みょうしんじ)の塔頭(たっちゅう)・西源院(せいげんいん)の唐門を移して勅使門にしました。

【龍安寺見所ランキング 備考】
龍安寺基本情報龍安寺見どころ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る