二条城の見どころ解説-修学旅行・観光の簡単まとめ

二条城唐門・二条城見どころ

二条城の見どころ解説

二条城の見どころを簡単にまとめてポイント解説します。見どころには江戸幕府初代将軍・徳川家康が建てた最大のハイライトである二の丸御殿(国宝)や貴重な二の丸庭園(特別名勝)・美しい唐門(重文)などがあります。なお二条城の見どころ解説では修学旅行・観光を満喫できるように文化財(国宝・重要文化財・名勝・史跡)を中心に解説しています。(個別解説下記参照)

二条城歴史(起源・・・)

【二の丸御殿の徹底解説-二条城】★修学旅行・観光

二条城で絶対に見逃せない、必ず見るべき存在が二の丸御殿です。二の丸御殿は二条城内で最初に造営された御殿で、世界遺産・二条城の最大のハイライト・目玉です。二の丸御殿では江戸時代前期に徳川家康・秀忠・家光、江戸時代末期に家茂・慶喜が入城し、江戸幕府の栄枯盛衰を感じることができます。二の丸御殿はインスタ映えします。

  • 概要・・・二の丸御殿(国宝)は築地塀(つきじべい)に囲まれ、車寄(くるまよせ)・遠侍(とおざむらい)・式台(しきだい)・大広間・蘇鉄(そてつ)の間・黒書院・白書院が斜めに配置され、鴬張りの廊下(うぐいすばりのろうか)などで繋がれています。建物面積は約3,300平方メートル(約1千坪)で、部屋が33あり、畳が約800畳敷です。二の丸御殿には狩野探幽(かのうたんゆう)ら狩野派の絵師が描いた障壁画(しょうへきが)などが飾られていました。
  • 歴史・・・二の丸御殿は1603年(慶長8年)に造営されました。1611年(慶長16年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の子・豊臣秀頼(とよとみひでより)と会見し、豊臣家を滅亡させる決意をしたとも言われています。1867年(慶応3年)には江戸幕府15代将軍・徳川慶喜が大政奉還(たいせいほうかん)の意思を大広間で発表しました。なお大政奉還後に府庁が置かれたり、一時陸軍省になったりしたこともありました。
  • 様式・・・二の丸御殿は武家風書院造(しょいんづくり)です。
  • 車寄・・・車寄は四半敷き(しはんじき)の玄関で、牛車(御所車(ごしょぐるま))で中に入れます。欄間(らんま)に鸞鳥(らんちょう)・松・牡丹(ぼたん)などが彫刻されています。車寄は屋根が入母屋造(いりもやづくり)の檜皮葺(ひわだぶき)です。
  • 遠侍・・・遠侍は二の丸御殿内で最大の床面積を有し、勅使(しょくし)の間などがあります。勅使の間では将軍が天皇の使者である勅使を迎え、勅使が上段、将軍が下段に座りました。遠侍は屋根が入母屋造の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。
  • 式台・・・式台には表の式台の間などがあります。式台では老中が執務を行い、大名と挨拶したり、献上品が取り次がれたりしました。式台は屋根が入母屋造の本瓦葺です。
  • 大広間・・・大広間は最も格式が高く、一の間・二の間などがあります。一の間・二の間では将軍が大名・公卿(くぎょう)衆と対面しました。大広間は屋根が入母屋造の本瓦葺です。
  • 蘇鉄の間・・・蘇鉄の間は前に佐賀藩初代藩主・鍋島勝茂(なべしまかつしげ)が献上した蘇鉄があります。蘇鉄は樹齢150年以上と言われています。蘇鉄の間は入母屋造の本瓦葺です。
  • 黒書院・・・黒書院は小広間で、一の間(桜の間)などがあります。黒書院は将軍と親藩大名(しんぱんだいみょう)・譜代大名(ふだいだいみょう)のみが入ることができ、内輪の謁見(えっけん)が行われました。黒書院は屋根が本瓦葺の入母屋造です。
  • 白書院・・・白書院は御座(ござ)の間で、将軍の居間・寝室です。白書院には一の間などがあります。白書院は将軍とおつきの女性のみが入ることができました。白書院は屋根が入母屋造の本瓦葺です。
  • 鴬張りの廊下・・・鴬張りの廊下は歩くと鴬が鳴くような音が出るように造られています。鴬張りの廊下には床板とそれを支える根太に2個の釘穴がある目かすがい(鎹)と言われる特殊な金具が使われ、床板の上を歩くと目かすがいが上下して釘と擦れ合い、鴬が鳴くような音がします。
スポンサーリンク

【二の丸庭園の徹底解説-二条城】★修学旅行・観光

二条城で見逃せない、見るべき存在が二の丸庭園です。二の丸庭園は四季を通して美しい光景が眺められる二条城のハイライトです。二の丸庭園はインスタ映えします。

  • 概要・・・二の丸庭園(特別名勝)は池泉回遊式庭園です。二の丸庭園には池に蓬莱島・亀島・鶴島があり、亀島・鶴島はどの角度からも鶴と亀に見えるように石組みがされています。また二の丸庭園には大石橋(自然石)・浮き石などもあります。
  • 歴史・・・二の丸庭園は1602年(慶長7年)から1603年(慶長8年)頃に大名・茶人・作庭家で、作事奉行(さくじぶぎょう)・小堀遠州(こぼりえんしゅう)が作庭しました。1624年(寛永元年)から第108代・後水尾天皇の行幸に伴って一部が改修されました。二の丸庭園では増築された行幸御殿(ぎょうこうごてん)上段の間(天皇の座)からを第1正面、二の丸御殿大広間上段の間(将軍の座)からを第2正面、二の丸御殿黒書院上段の間(将軍の座)からを第3正面とする三正面式に改修され、複数の視点があることから八陣の庭(はちじんのにわ)と言われました。行幸後の1627年(寛永4年)から行幸御殿などが移築・撤去が行われました。その後江戸幕府8代将軍・徳川吉宗(とくがわよしむね)の時代に改修され、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜の上洛時に池が枯れて枯山水(かれさんすい)風になり、明治維新後に5回以上改修が行なわれました。
  • 豆知識・・・二の丸庭園はかつて書院造庭園で、神仙蓬莱(しんせんほうらい)の世界を表現していたとも言われています。

【唐門の簡単解説-二条城】★修学旅行・観光

二条城で見逃せない、見るべき存在が唐門です。唐門は美しい彫刻などが施され、極彩色の細工が美しい二条城のハイライトです。唐門はインスタ映えします。

  • 概要・・・唐門(重要文化財)は二の丸御殿の入口にある正門です。唐門は鍮石門(ちゅうせきもん)とも言われています。唐門は冠木(かぶき)・梁(はり)の上に牡丹(ぼたん)に蝶(ちょう)・龍虎(りゅうこ)・亀(かめ)に乗る仙人などの極彩色の彫刻があります。
  • 歴史・・・唐門は1624年(寛永元年)から1626年(寛永3年)に造営されました。唐門では修理の際に天皇家を表す菊の金具下から徳川家の三つ葉葵(みつばあおい)の紋が見つかりました。
  • 様式・・・唐門は四脚門(しきゃくもん)で、前後に軒唐破風(のきからはふ)付きです。唐門は屋根が切妻造(きりづまづくり)の檜皮葺です。

【本丸御殿(旧桂宮邸)の徹底解説-二条城】

  • 概要・・・本丸御殿(重要文化財)には玄関・御常御殿(おつねごてん)・御書院・台所・雁之間(がんのま)があります。御常御殿には中二階があり、三階建に見えます。
  • 歴史・・・本丸御殿は1893年(明治26年)から1894年(明治27年)に京都御所の北側にあった旧桂宮邸を移して再建されました。旧桂宮邸では第120代・仁孝天皇(にんこうてんのう)の皇女・和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)が江戸幕府14代将軍・徳川家茂に降嫁する前に一時住んでいたそうです。また本丸御殿では第123代・大正天皇(たいしょうてんのう)が皇太子(こうたいし)時代に約10回滞在したと言われています。
  • 玄関・・・玄関には車寄・内玄関・取次詰所・玄関の間などがあります。玄関は入母屋造の桟瓦葺、車寄は唐破風造の銅板葺です。
  • 御常御殿・・・御常御殿には御座の間松鶴の間・化粧の間などがあります。二階には御座所・次の間・控の間があります。御常御殿は西面が入母屋造、東面が寄棟造です。
  • 御書院・・・御書院には雲鶴一の間・雲鶴二の間などがあります。御書院は入母屋造の桟瓦葺です。
  • 雁之間・・・雁之間には雁の間・台所があります。雁之間は切妻造の桟瓦葺です。
  • 豆知識・・・かつての本丸御殿は二の丸御殿と同じ規模だったが、1750年(寛延3年)に落雷で天守閣(てんしゅかく)が焼失し、1788年(天明8年)の天明の大火で他の建物も焼失しました。

【東南隅櫓・西南隅櫓の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・東南隅櫓・西南隅櫓(重要文化財)は東南隅櫓が二条城の東南角、西南隅櫓が二条城の西南角に造営されています。ちなみに二条城には東北隅櫓・北西隅櫓も造営されていたが、1788年(天明8年)の天明の大火で焼失しました。
  • 歴史・・・東南隅櫓・西南隅櫓は慶長年間(1596年~1615年)に造営され、寛永年間(1624年~1645年)に改修されました。
  • 様式・・・東南隅櫓・西南隅櫓は二重二階櫓で、多門塀が付属しています。東南隅櫓・西南隅櫓は屋根が入母屋造の本瓦葺です。

【本丸櫓門の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・本丸櫓門(重要文化財)は内堀に掛かる東橋を渡った本丸の入口に造営され、本丸の正門になっています。本丸櫓門は1788(天明8年)の天明の大火で焼失を免れ、本丸内で唯一焼け残った建物です。
  • 歴史・・・本丸櫓門は1626年(寛永3年)に造営されました。
  • 様式・・・本丸櫓門は北側・南側に袖塀(そでべい)が付属しています。本丸櫓門は屋根が入母屋造の本瓦葺です。

【北大手門・東大手門の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・北大手門・東大手門(重要文化財)は北大手門が竹屋町通、東大手門が堀川通に面しています。東大手門は二条城の正門です。
  • 歴史・・・北大手門は慶長年間(1596年~1615年)に造営され、寛永年間(1624年~1645年)に改修されました。東大手門は1626年(寛永3年)に第108代・後水尾天皇が行幸した際に上から見下ろす櫓門から一重門(いちじゅうもん)に変えられ、行幸後に櫓門に戻されました。東大手門は1626年(寛永3年)頃に造営されました。
  • 様式・・・北大手門・東大手門は屋根が入母屋造の本瓦葺です。

【西門(埋門)の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・西門(重要文化財)は非常時に土砂などで埋めて塞ぐことができる埋門(うづみもん)です。西門は外堀に架かっていた橋が取り払われ、現在出入りはできません。
  • 歴史・・・西門は寛永年間(1624年~1645年)に造営されたと言われています。
  • 様式・・・西門は埋門で、屋根が本瓦葺です。

【桃山門・鳴子門の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・桃山門・鳴子門(重要文化財)は桃山門が内堀の南東角、鳴子門が内堀の北東角に位置しています。
  • 歴史・・・桃山門・鳴子門は慶長年間(1596年~1615年)に造営され、寛永年間(1624年~1645年)に改修されました。
  • 様式・・・桃山門は屋根が入母屋造の本瓦葺です。鳴子門は屋根が切妻造の本瓦葺です。

【北中仕切門・南中仕切門の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・北中仕切門・南中仕切門(重要文化財)は北中仕切門が城内の北側、南中仕切門が城内の南側を東西に分けています。
  • 歴史・・・北中仕切門・南中仕切門は寛永年間(1624年~1645年)に造営されました。
  • 様式・・・北中仕切門・南中仕切門は招造庇付きで、屋根が本瓦葺です。

【土蔵の簡単解説-二条城】

  • 概要・・・土蔵(重要文化財)は二の丸御殿の北側、内堀の北西角と南西角の3箇所にあります。土蔵にはかつて幕府直轄領から納められた年貢米(ねんぐまい)を貯蔵していました。なお土蔵は通常非公開です。
  • 歴史・・・土蔵は慶長年間(1596年~1615年)に造営され、寛永年間(1624年~1645年)に改修されました。
  • 様式・・・土蔵は屋根が入母屋造の本瓦葺です。

【本丸庭園の簡単解説-二条城】★修学旅行・観光

二条城で見逃せないのが本丸庭園です。本丸庭園は園路を散策しながら光景を楽しむことができます。

  • 概要・・・本丸庭園は芝庭風築山式(しばにわふうつきやましき)庭園です。本丸庭園は芝生や植樹を中心に東南角に築山(月見台)が築かれ、芝生が敷き詰められ、曲線的に園路が設けられています。
  • 歴史・・・本丸庭園は1788年(天明8年)の天明の大火で空地になり、幕末に江戸幕府15代将軍・徳川慶喜の居室が建てられた際に茶庭(ちゃてい)風に作庭されたと言われています。その後居室が撤去され、本丸庭園は空地に戻りました。1893年(明治26年)からの本丸御殿移築に伴って、枯山水庭園に作庭されました。その後1895年(明治28年)に第122代・明治天皇(めいじてんのう)が改修を命じ、1896年(明治29年)に芝庭風築山式庭園が完成しました。

【清流園の徹底解説-二条城】★修学旅行・観光

二条城で見逃せないのが清流園です。清流園は春に桜が美しいと言われ、お花見を楽しみましょう。

  • 概要・・・清流園(せいりゅうえん)は池泉回遊式山水園と洋風庭園を組み合わせた和洋折衷(わようせっちゅう)庭園です。清流園には旧角倉(すみのくら)屋敷の一部と庭石・庭木などが使われています。また清流園には全国から集めた銘石なども使われています。
  • 歴史・・・清流園にはかつて天守閣の一部などがあり、その後在番衆(ざいばんしゅう)の住居になりました。明治維新後に住居が撤去されて緑地に整備され、1915年(大正4年)に大正天皇即位式饗宴(きょうえん)の儀の会場になり、その後造園家・小川治兵衛(おがわじへえ)が疎林(そりん)式庭園に作庭しました。1950年(昭和25年)に進駐軍のテニスコートに転用されたが、その後「昭和の小堀遠州」と称えられた造園家・中根金作(なかねきんさく)が中心になって設計し、1965年(昭和40年)に清流園が完成しました。清流園の名称は京都市長が名付けました。
  • 行事・・・清流園には枝垂桜などの桜が植えられ、春に茶室・和楽庵(わらくあん)で茶席が設けられます。晴れた日に野点席(のだてせき)も設けられます。また夜間にライトアップが行われることもあります。ちなみに例年5月に市民煎茶の会、例年10月下旬頃から11月上旬頃に市民大茶会も行われています。

【天守台の簡単解説-二条城】★修学旅行・観光

二条城で見逃せないのが天守台です。天守台は高さが20メートル以上あり、美しい眺望を眺めることができます。天守閣にはかつて後水尾天皇が登ったと言われています。

  • 概要・・・天守台は本丸の南西角にあります。天守台は高さ約21メートル、敷地約445平方メートルです。
  • 歴史・・・天守台には伏見城の天守閣を移したと言われる五層(層塔型5重5階)の天守閣が造営されていました。天守閣には第108代・後水尾天皇が登り、天皇が唯一登った天守閣と言われました。その後1750年(寛延3年)に天守閣が落雷で焼失しました。
  • 【収蔵館の見どころ簡単解説-二条城】

    • 概要・・・収蔵館では障壁画などの文化財を収蔵・展示しています。収蔵館では障壁画を二の丸御殿の配置のままで見ることができる仕組みになっています。
    • 歴史・・・収蔵館は2005年(平成17年)に二条城築城400年を記念してオープンしました。

    ●上記以外の見どころは下記リンクから確認することができます。
    二条城見どころ(堀(外堀・内堀)・石垣など)

    【二条城見どころ 備考(参考リンク・・・)】
    *参考・・・ 二条城(見どころ・アクセス・・・)ホームページ

    関連記事

    京都観光おすすめ

    1. 錦市場
    2. 竹林の道
    3. 嵐山
    ページ上部へ戻る