嵐山(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉桜名所

嵐山

嵐山

嵐山(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ちなみにJR嵯峨野線はJR山陰本線の内、京都駅から園部駅までの区間に付けられた愛称です。ただ嵯峨嵐山駅は嵐山・渡月橋までは10分ほど歩く必要があります。(嵐山アクセス下記参照)

【嵐山 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区

【嵐山 アクセス(市バス)】
最寄り駅・バス停・・・嵐山(徒歩すぐ)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【嵐山 アクセス(電車)】
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩すぐ)
*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約5分)

【嵐山 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【嵐山 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【嵐山 歴史・簡単概要】
嵐山(あらしやま)は淀川水系の一級河川・桂川に掛かる渡月橋(とげつきょう)の西、京都府京都市西京区にある標高約382メートルの山です。嵐山は国の史跡・国の名勝に指定されています。また「日本さくら名所100選」・「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた桜の名所・紅葉の名所です。ちなみに桜は鎌倉時代に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇)・亀山上皇(第90代・亀山天皇)が「日本さくら名所100選」に選ばれている奈良吉野山から山桜を移植したと言われています。吉野山の下千本には嵐山と言われる山があり、京都嵐山の名称は奈良嵐山に因んで名付けられてとも言われています。嵐山は平安時代に貴族の別荘地で、古くから歌枕として多くの和歌などに詠まれる景勝地でした。嵐山周辺には江戸時代前期に松尾芭蕉が「花の山 二丁上れば 大悲閣」と詠んだ大悲閣千光寺(だいひかくせんこうじ)・世界遺産である天龍寺などの多くの寺院・神社が創建されています。なお現在一般的に嵐山と言う場合、山自体ではなく、桂川の右岸・嵐山(西京区)と桂川の左岸・嵯峨野(右京区)を含めたエリア(嵐山・嵯峨野地域)を指し、京都を代表する観光地になっています。
*参考・・・嵐山(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【嵐山 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
嵐山の見どころは「日本さくら名所100選」に選ばれた桜と「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた紅葉です。ちなみに京都では「日本さくら名所100選」の中には御室桜(仁和寺)・醍醐寺・嵐山・笠置山自然公園(相楽郡笠置町)の4箇所、「日本の紅葉の名所100選」の中に嵐山・大原・保津峡(亀岡市)の3箇所が京都府の中から選ばれました。なお嵐山には染井吉野・山桜・八重桜・枝垂桜など約1500本の桜の木があるそうです。
嵐山見どころ嵐山桜見ごろ嵐山紅葉見ごろ
京都桜名所京都桜名所100選京都紅葉名所・見ごろ紅葉名所100選

【嵐山 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
嵐山の鵜飼嵐山灯篭流し嵐山もみじ祭嵐山花灯路2019
*京都バスの場合、京都駅からは72系統(C6乗り場)、最寄りのバス停は嵐山(徒歩約3分)
京都バス・アクセスダイヤ

【嵐山 おすすめ散策ルート】
嵐山からのおすすめ散策ルートは法輪寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、嵐山の自然を感じながら法輪寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお世界遺産である天龍寺・竹林の道(竹林の小径)・野宮神社を経由し、常寂光寺・祇王寺方面に向かうのもおすすめです。特に嵐山(嵯峨)周辺の寺社は紅葉の名所が多い為、秋に散策するのがいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る